FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

チャレンジに終わりはない

昨日は、ティウロンの活動を支援してくれている70歳過ぎの都築さんとランチ。

いくつになっても挑戦を続けるその都築さんには、毎日何件とアンチのメールが届くんだとか。

挑戦することに批判はつきものだけど、いくつになってもアンチのいる都築さんがカッコいいと思った。

批判も毎日あると慣れるようだ。

70歳過ぎた時に、都築さんのようにチャレンジし続けていたい。

今週末は20代の時に参加したミャンマー植林1ヶ月ツアーの参加者との何年かぶりの再会。

最年長の私は、子どもを産んでから戻らない体重と、増えてきた白髪と毎日向き合っている、、。

幻滅されるかもしれないなと、ジムに行くが今さら変わらない。

ただ、あの時にはなかったものをそれぞれに持ってくるんだろうなと思うとそれが楽しみ。

当時私は26歳だったけど、19、20歳でミャンマーに植林にくる若者に衝撃だった。

19歳だろうが、70歳だろうが、人の心に衝撃を与えてくれるような人は誰かのために行動する人だ。

環境は、その時その時で違うけど、動くことをやめなければ、歳を重ねていくのも楽しみだな。

70歳の時にはどんな景色が見えるんだろう。きっと自分次第。

楽しんで生きたい。
スポンサーサイト



新たな挑戦


今、マレーシアのこの村に水供給がしたいと話を進めています。

この村にある井戸は2つ。1つは汚くて使えないようで、もう1つの井戸にパイプを繋いでみんなで使っているようです。

今作りたいと考えているのは、雨水を貯める貯水タンクです。いくつか作りたいと思います。

村人200人ぐらいが水を汲みに来ると言っていました。
新しくタンクを設置したら、きっと違う村人もバイクで水を汲みに来るとのこと。

ティウロンも初めて行った時は、溜め池でお風呂も洗濯も食器洗いもしていました。

不衛生な環境は病気になってしまうと、雨水を貯める貯水タンクを設置しました。

水は命に関わる大切なもの。

ペットボトルキャップやハガキの換金代をこちらのタンクとパイプ費用にしようと思っています。

予算は20万円ぐらい。

こちらは募金と換金代で資金はあるのですが、私が現地に通う資金がない。
またお話会して交通費を作っていこうと思いますので、お話会を企画してくださる方がいらっしゃいましたらお願いします。

日本にいるとよく聞く言葉は、自分がまず満たされることが大事。それが溢れて人に与えられるようになるからと。

私は逆もあると思っています。

人に与えた優しさがかえってきて、自分を満たしてくれる。

水を汲みに来る200人の人の喜びになれば、一人満たされるより、200倍の幸せ。

さぁ、やるぞ。

岡崎ライブ

久々に夫のライブについて?行きました。

何度も打ち合わせを重ね、サポートしてくださったスタッフの皆さま、ありがとうございました🙇

お時間を作って見に来てくださった皆さま、ありがとうございました✨

子ども達は舞台横から覗いていましたが、優しいスタッフの皆さんと遊ぶ方が楽しかったようです。

父ちゃんがどんな仕事をしているかより、どれだけの人に支えられて仕事をしているかが子ども達にもわかった1日。

仕事は一人では出来ないという学びをもらいました。

たくさん遊んでくださり、ありがとうございました✨

いぶきはメッセンジャーのTシャツを学校に来て行くと言っていました。

「命はやわじゃない」のメッセージを背負って学校に通ってくれるのか、

Tシャツをみんなに買ってもらえるようにと、いぶきはモデル気分で写真を撮りました。

子どもでも、Sサイズならこんな感じで着られます(笑)

Tシャツ2500円です(笑)

「命はやわじゃない」 Tシャツが小学校で流行ればいいなぁ。

森を作ろう


今日はペットボトルキャップを集めてくれてる小学校へ。

娘と同じぐらいの子ども達が待っていてくれました。

ペットボトルキャップを換金して苗木が買えること。

10年も経てば立派な木になること。

その木に支えられる人達がいることを話しました。

そして、一人で出来ないこともたくさんの人と手を繋ぐと大きなことだって出来るから、たくさんの人と手を繋いで色々取り組みたいねと話しました。

小学校で集めてくれたキャップは200キロありました。

ちばる食堂でも先日たくさんのキャップをもらいました。

送料の方が高いのに、ティウロンに使って欲しいからと送ってくれる方もいます。

たくさんの人に支えられていることが嬉しいです。

ペットボトルキャップを、たくさん積んだ車で帰っていくおばさんの話も、子ども達の誰か一人に届いていたらいいなぁ。

次はまた違う地域に雨水のタンクを設置したいと考えています。

写真は山からパイプを繋いで水が出た写真。

日本みたいに蛇口から水がでることが当たり前じゃない。

さぁ、資金集め頑張ろう~☺️

私達は家族になった

インドネシアの研修生にさよならの挨拶をしに、今日もオイスカへ。

「あなたに出逢えて良かった」

このたった一言が、私にはとっても大きい。

その人の人生に自分が関われたと思うと涙がこみ上げるほど、嬉しくなる。

インドネシアに去年旅したとき出逢ったインドネシアのオイスカ研修生でした。

「ぼくは、学校に通っている時両親を亡くしました。あさひさんに会った時、ぼくのお母さんみたいだった」と。

数回の出逢いでも、誰かのお母さんになれる。

私は完璧から程遠い人間なので、たくさんの人に迷惑もかけているだろうけど、

「あなたに出逢えて良かった」と言ってくれる人がいれば、この人生もまんざらじゃないと思う。

私の夢は、世界中の誰かのお母さんになりたい。

今私には、幸せでありますようにと願えるたくさんの人がいるし、また遠い国のどこかに、私達の幸せを願ってくれているたくさんの人がいる。

それが支えに、自信になって、毎日を過ごすことが出来る。

誰かの幸せを願える人生を、豊かな人生だと思っている。