ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

あなどれない。


野菜嫌いな一歌がホウレン草を食べていたので、過剰にほめたら
「いやぁ、それほどでも~」と言った。


オモチャの携帯を持って、架空の人物と話してると思えば

「手足口病が流行っているから、気をつけてね~」だった(笑)

子どもは何を聞いているかわからない。下手なことは言えないな。
スポンサーサイト

何もない日常を豊かにしてくれる言葉たち


いつも常温のお茶を飲んでる一歌に、冷たいお茶を出したら

「お茶が冷たくて、心が冷たくなるよ~。心が重たくなっちゃったよ~」と心臓おさえています(笑)

いぶきは海に行く日を楽しみにシュノーケリングの練習の日々。

いつかまた子ども達とイルカが見たいな。

楽しい夏祭り


昨日はじいちゃん、ばあちゃんに子ども達を預けてティウロンの準備。

いとこも一緒にみんなでお祭りに行ってきたそう。

一歌は本当に楽しかったようで、興奮して大きなかき氷を食べたことや、虹色のわたあめを食べたことを話してくれました。

「帰るときは、いっちゃん楽しくて、悲しくて涙がぼろんってこぼれたよ」と言ってました。

楽しかったことも、悲しかったこともよ~く伝わったよ??

日本からのお土産


ティウロンの幼稚園に買った飛び出す絵本。

シンデレラの飛び出す絵本以上にオズの魔法つかいの飛び出す絵本には感動!

気球がぐるぐる回るし、開いた瞬間に花が咲いたり、竜巻がぐるぐるまわったり、、

思わず、「うわぁ~!」って声が出ました。


うちの子どももそれを見た後に、何やら作りはじめました。

そうそう、

こんなことが出来るんだ!やってみよう!って気持ち。

それが届く絵本。


ティウロンの子ども達にもきっと届く。

絵本だけじゃなく、小さな「やってみたい」って、きっかけが。


私たちが訪問して交流することで、村の小さな子ども達がいつか外国へ行ってみたいと思うかもしれない。

日本とは違って、外国は遠く、裕福な人達しかいけない場所かもしれないけど。


小さなきっかけにはなるだろう。


日本と海外のかけはしになる人ってすごい人がなるもんだと思っていたけど、

誰にでもきっかけは与えられる。


これから出逢う子ども達の心の片隅に、小さな小さな希望として残るような、そんな時間を参加者さん達と過ごしてこよう。

肯定感を育ててくれる先生の存在


今日はいぶきの懇談会。毎日先生に怒られると聞いていたので、母も叱られる覚悟で学校に行きました。

でも先生はちゃんといぶきの良い所も見てくれていました。

「今日は配るプリントがいっぱいで、もたついていたら、いぶきちゃんが手伝いましょうかと声をかけてくれました。困っている友達がいれば声をかけて、助けようとします。」と先生が話してくれました。

先日の一歌の鼻ビーズ事故。いぶきの行動を話したら

「泣けちゃう!」と言って涙を浮かべてました。。

成績や授業中の態度だけでなく、ちゃんと人間性を見てくれているんだと感謝しました。

いつも怒られると言ってたいぶきに、
「先生はちゃんといぶのいい所も見てくれてるよ」と伝えました。

私も小学生の頃、勉強は出来ませんでしたが、
担任の先生が私をみんなの前に立たせて

「クラスで一番ありがとうが言える子です。みんなで拍手しましょう」と言って、拍手をもらいました。

劣等生でも、自分の存在価値を認められたような嬉しい気持ちは忘れません。

そこをほめてくれたお蔭で、感謝する気持ちを大切に出来るようになりました。

いぶきの優しさをほめてくれた先生。

優しさを大切に育ってくれたらいいなぁ。

FC2Ad