ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

自由の責任


明日いぶきは、久々のフリースクール(サドベリースクール)。

自由な学校。

その日何をするかは自分で決めます。

自由に責任がつきものであることはここで学びました。

お菓子を持って行きたいと、いぶきと一歌は、近所へ二人で買い物に行きました。

先日おばあちゃんがくれたお小遣い500円を一人ずつ渡して、何をどれだけ買ってくるかは自分達に任せて。


小学校では、なんでも指示があります。

やることに迷うこともないけど、責任感がない。

先生が言ったから、お母さんが言ったから、、と誰かのせいに出来るけど、自分で決めたことは自分の責任。

明日をどうやって過ごそうかと持ち物を準備してるいぶき。

人から譲ってもらった問題集をたくさん詰め込んでいました。

一度も家で問題集してるところなんて見たことないけど(笑)

明日は何してくるんだろう。

毎回いぶきの発見、報告が楽しくて、親の私もワクワクします。







スポンサーサイト

春はさよならがいっぱい


昨日はアメリカ人の友人のさよならパーティー。

家族でパーティーに行くと、外人さんがいっぱい。

言葉がもっと話せたら、、。と思ってたけど、

話せないことより、話さないことが問題だな。

外人さんのいる場にもっと遊びに行って、もっと話しかけよう。



アメリカに遊びに行く時は、友人が驚くぐらいになっていたい。



今しか出来ないこと


雑誌に、小さな子どもを育てるお母さん達が、子どもが大きくなったときの子離れ後を心配し、今自分に夢中になれるものを探してると書いてありました。

子離れ後にどう過ごすかも大切だけど、子どもがそばにいる時間をどう過ごすかの方が今は大切に感じます。

五年後、いぶきは12歳になってる。

旅に一緒に行くとは限らないし、お母さん一人で行ってきてと言われるかもしれない。

これから先、いくらでも一人の自由な時間はあるけど、

家族みんなそばで過ごせる時間は今。



ブライダルの仕事をしていたころは、時期によって仕事がたくさんあったり、なかったり。

その時は、仕事が忙しいときは、時間がないじゃなく『お金がある』と思って、仕事がない時期は『時間がある』と思って過ごしました。

ないものにフォーカスして過ごしたら、失うばかり。

今『ある』ものにフォーカスして、今あるものを見失わないように過ごしたい。

どうなるかわからない未来を心配して時間を費やすより、確実にある今この時間を大事にしたい。

子ども達は駆け足で成長して行く。

今しか出来ないことをします。



子どもの可能性


子どもに必要だと親が思い込み無理やり教えることは、子どもにとってプレッシャーにしかならない気がして、

大人も見ていてイライラするし、本人がやりたくなるまでほったらかしにしてきました。

周りは逆上がりも自転車乗りも出来てあたり前。

本人が乗りたがらないなら乗りたくなるまで待てばいいやと、年中時に買った自転車は乗らないままに錆びだらけになりました?

先日、突然自転車を乗りたくなったいぶきは何も教えなくてもすごい集中力で簡単に乗れました。

プールも泳ぎたいと思った時にひたすら一人で泳ぎ続けて泳いでいるし、

やりたいって想いに勝るものはないな。

勉強もしたくなればすればいい。


自分でやりたいと思って、集中して出来たことはやらされて出来ることより『自信』が違うと思います。

子ども達の『出来る』ことじゃなく、『自信』や『集中力』を積み重ねていきたい。

今は編み物に夢中になっています。

何だっていい。

今は夢中になる練習。

ライフプラン


ライフプランなるものを書いています。

やりたいことが見つかると、まずいつやるか時期を決めて逆算して今出来ることを考えています。

ハワイでロミロミを学んでいる最中、次はバリでマッサージを学びたい!と思い、ハワイの滞在先からパソコンで検索し、翌年の夏に行くことを決めました。

一年後に必要な額を決め、1ヶ月にいくらの貯金が必要かを計算し、日割りで1日いくらまで使えるかを計算しました。

やりたいことを先延ばしにしたくないと、五年先まで書いてみました。


数年先の自分、家族の年齢を五年先まで書き出していると、もうすぐ、二年生のいぶきが小学校卒業の思春期にかかってるんだと気付きました。

夢を叶えるワクワクよりも、この一緒に過ごせる幼児期はもうわずかだという寂しさの方が大きくなりました。。

この五年、とことん子ども達との時間を楽しみます。

時間は有限。

今しか作れない思い出を作っていきます。

FC2Ad