FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

夢中になれること


いぶきはランドセルを放り投げ友達と遊びに行き、帰ってきたかと思えば家の前の公園で一人、砂鉄を取るのに夢中。

面白いなぁ

毎日とことん遊びの中で学んでいる。

宿題を廃止された工藤勇一先生の講演会では、知らないことを知ることが学びだと言われていました。

知ってる勉強を何度もさせるのは時間がもったいないと宿題がない。



今日もいぶきは、縄跳びで二重跳びを何度もチャレンジして、毎日自己新記録を更新中。

今日夢中になれることが一つあれば、明日は今日より前に進んでる。

一週間後には砂鉄もいっぱいになってるだろう(笑)


スポンサーサイト

力を抜いて


ティウロンでの去年の夏、突然行くことになった知らない方のお葬式。

みんな普段着で庭では子ども達が走っているのを見て、、

あまりに死が日常的で、人って生まれて死ぬんだな~と恐怖感とは違う感情でその場にいました。

いつか死ぬなら、どれだけ成長できるかより、どれだけ楽しめるかを大切にしたいなと思いました。

子ども達が嫌なことに時間を費やすなら、好きなことに時間を費やしたらいい。

嫌なことを我慢して身につける辛抱強さより、夢中になるなかでうまくいかないともがいて、やりたいことに必死になる中で根気強さを学んだらいい。

大事なことを身につけさせたいと親は一生懸命になるけれど、大事なことを子ども達は知ってるし、すでに持っていると信じたら、もうそのままで充分だって思う。

ティウロンでのお葬式は力を抜いて生きようと、(もう結構抜いてるけど)思う出来事でした。

鎖を繋ぐ

先日カラオケ大会の主催をされた議員さんに、うどんをご馳走になりました。カラオケ大会のたくさんの写真とお土産まで。

ティウロンの活動をずっとサポートして下さっている方です。

70歳以上のその方は
「大事なのは鎖を繋ぐことだよ。人と鎖が繋がっていると、何も怖いものがない」と言われていました。

「明るい気持ちで感謝して過ごしていると、思い描いた人生になるんだ」とも。

「きっと君もそうじゃない?思い描いた通りになるでしょ」と言われて

人に支えてもらって、出来ているのかな、、とこたえると、

「支えたくなるんだよ」と言ってくれました。

支えたくなるような、力になりたいと思われるような生き方をすることが大事だなと、その方を見ていて思いました。

今日もお土産をみんなに渡して、明るく声をかけて感謝を忘れない。

うどん屋さんに、今日はお代はいらないからと言われていました。

私にしてくれるように、色々な人に色々なサポートをしてるんだろうな。

で、力になりたい。恩を返したいと思う。

その方の鎖の繋げ方を見せてもらえた有難い1日でした。

学芸会

幼稚園最後の学芸会。

子ども達の成長には勿論感動しましたが、その劇を見守っている園長先生の眼差しに感動しました。

『歌いたくなって歌うのが歌。楽しい友達と先生がいて、楽しいことがいっぱいあって、はじめて子ども達は楽しく歌うでしょう。

「この歌を歌いなさい」と注意されながら歌っている子ども達に何が育つでしょう』

園長先生は、やらされる中でなく、やりたいと自発的に動くことに成長があると言われます。

年少組は、劇の最中にお母さんを見つけて舞台上から「お母さ~ん」と叫ぶ子もいます。

それも微笑んで園長先生は見守っています。

上手に出来ることを求めず、自ら育っていく一人ひとりの子ども達の個性を受け入れ、優しくずっと見守ってくれます。

幼稚園に行きたくなかった年少の頃の一歌を受け入れてくれた先生方がいたから、一歌は幼稚園が安心出来る場所になりました。

今は卒園のさみしさよりも、小学校に入れる楽しみの方が大きいと言っています。

心の根っこを育ててもらえた幼稚園に感謝です。

カラオケ大会

今年やりたいことの1つを、先日叶えた子ども達。

今は縄跳びに夢中。二重跳びに交差跳び、どんどん跳べるようになりました。

先日いぶきに「諦めないのがお母さんだよね~!」と言われました。

要は出来ないことが多いお母さんなんだけど、諦めないお母さんとして見てくれてるんだな。

子どもには、親の出来る姿より、いぶきの縄跳びみたいに挑戦する姿を見せて行きたいなぁ~

FC2Ad