ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

デコちゃん☆

私事ですが、ティウロンの活動がご縁を運んでくれて、結婚することになりました。

相手はメッセンジャーの杉浦貴之さん。

昨日はその杉浦さんのことで、デコちゃんというニックネームの男の子(男の人)から電話がありました。

いつも全力で人をサポートし、誰かの力になることを自分の喜びに感じられる人です。


デコちゃんは、あるテレビ番組から依頼を受けてるそうです。

デコちゃんはとても素敵な人だから。

そのデコちゃんに言われました。

『僕は有名にならなくてもいいんだ。そのテレビ番組に僕のことじゃなくて、杉浦さんのことを紹介してもいいかな。。』

目の前にあるチャンスを、簡単に人へ譲ってしまうデコちゃん。

誰かのために何かをするって、こういうことなのかな。

あっさりと目の前にやってきたチャンスを譲ってしまう。

なかなか出来ない。。

デコちゃんは言いました。
『杉浦さんをみんなに知ってもらうことが、僕の夢だから』

夢を自分の為でなく、人のために見られたとき、人はあんなにも輝けるのかな。


与える喜びを知っている人。

ティウロンの人々と重なりました。

私はティウロンの人に出会って、たくさんの愛情をもらい 優しくなりたいと思いました。

デコちゃんもきっとそんな人。


たくさんの人に優しさを届けているんだなぁ。

スポンサーサイト

ありがとう地球

今日はミネハハさんのコンサートに行ってきました。
温かくて優しくて、涙溢れる歌声でした。

最後の曲は、てんつくマンとのコラボ。

てんつくマンやミネハハさんの話を聞いてて思いました。

素敵だなぁ~って思う人達はみんな、よく似たメッセージを伝えています。

先日の乙武さんと同じように、完璧でなくていい。
凹んでる部分があってもいい。
そんな自分や、誰かを責める必要はない。

補い合えばいい、助け合えばいいっていうメッセージ。

今は誰か一人が英雄になるのではなく、皆で支え合うことが大切。


ミネハハさんは『ありがとう地球』という歌をうたわれました。


一日に一つ、他の命のために何かしよう。って言われました。

地球に感謝しながら、人間だけの都合でなくて、自分だけの都合でもなく、自分以外の存在に思いやりを持てたら 地球も喜んでくれるかな。

一枚の絵となって

今日は私の母校、安城学園高等学校に、「五体不満足」の著者・乙武さんの講演会を聴きに行きました。

乙武さんは現在、小学校の教員をされています。
小学校での教育のお話や、乙武さん自身のお話を聞かせてもらいました。
勇気をもらえる講演会でした。


最後に質問タイムがありました。

乙武さんに、『大切にしている言葉はありますか』との質問。

乙武さんは『ユニーク』とこたえられました。

ユニークは、日本語に訳すと『唯一』という意味だそうです。

誰も代わりはいない、ただ一つの存在。


『パズルのピースのように、凹凸があっていい。
完璧な人間なんていない。
それを互いが支えあい、補い合えば美しい一枚の絵になる』と言われました。

互いに支え合う社会が当たり前になれば、完璧を目指して苦しくならないで、みんな楽になるのかな。


弱い部分を人に見せることは、カッコいいことじゃないかもしれないけれど、 私は弱い自分のお陰で、手を差し出してくれる仲間に出会えた。

こんなに素晴らしい仲間に出会えたのなら、凹んだ部分の自分も、全て含めて大好きになれる。

講演会後、生徒会の学生達に会いました。

ティウロンの街頭募金をしてくれたそうです。
外に立って声を出すこはとても勇気のいることですが、何回も安城駅の前で募金活動をしてくれたそうです。

一万円以上の募金を集めてくれました。

ペットボトルのキャップも集めてくれているそうです。

ティウロンの活動に、たくさんのピースが集まって、今美しい絵になっているような、そんな気持ちになれました。

安城学園高等学校の先生方、学生の皆さん、ありがとうございました!!

あさひ

ビデオ完成♪

キャップ回収の発起人・うえちゃんが、八月のティウロンツアーで撮影してきた映像を編集してくれました。
五時間の映像を、覚えてしまうぐらいに何度も見て、8分間に編集してくれたそうです。
見るだけでも大変なのに・・・

昨日は、ティウロンの参加者と編集してくれたビデオを見たのですが、本当に感動!!
現地の温かさ、優しさが伝わるビデオになっていました。
それを作ってくれたうえちゃんの想いに、感動してまたまた涙です。

私の場合、前進する度に増えているのは、自分の経験というより、協力者とその想いです。
一人では出来ないことが、本当にたくさんの方の熱意と協力があって出来ていること、改めて感じました。
うえちゃんありがとう!!是非一度、皆さんにも見て頂きたいです☆*:・°★:*:・°

そして昨日はキャップの仕分けを何万個としました。
スリランカ、カンボジア、フィリピン、インドネシアのお友達とオイスカで仕分け作業です。
それぞれの国の問題はあるけれど、みんな笑顔でそこにいます。
オイスカには、いつもたくさんの国の、様々な宗教の人達が共に生活しています。
そこには、いつも小さな世界があります。

昨日は、みんな知らないティウロンのために、みんなが協力してくれました。
どこの国の人もみんな優しい。
世界中みんなが笑える日を、絶対あきらめないでいよう。

お久し振りです

久々のブログでごめんなさい。

ティウロンの旅を終えてから、たくさんの場所で告知やスピーチをさせて頂きました。
昨日はなんとお偉い議院さん方の前での発表☆


毎回心臓がバクバクいっていますが、こうして話すことで 動いて下さる仲間にも出会えます。

旅を終えても 繋がりは増えています。
ありがとうございます。

先月は母校でプレゼンをさせて頂きました。
卒業以来、13年振りに母校へ行きました。

校長先生は二学期の始業式、全校生徒を前に、こんなことを言って下さいました。

あまりに嬉しかったので、こちらで紹介させてもらいます。
ちょっぴり長いですが、是非ゼヒ読んで下さい

☆☆☆☆☆☆

先日、ある先生から卒業生の活躍が伝えられました。河合亜紗比さんと言います。河合さんは卒業して13年、ブライダル関係の美容師さんです。七年前に市の広報でマレーシアへの植林活動ボランティア募集の記事を見ます。何かやってみたい、と思っていた時期だったのでさっそく河合さんは応募しました。植樹にいったのはマレーシアのティウロン村という場所でした。


~~中略~~


チラシを見た人から協力したいという人がでてきます。オイスカという団体は組織をあげて協力してくれることになります。
ある人はチラシを見ただけで10万円を使って下さいと送ってきたそうです。河合さんは驚いてその人に質問します。『チラシだけで送る人はいない、私を怪しいと思いませんでしたか?』その人はその質問にこう答えたそうです。『疑ったらきりがない。信用するしかない。信用したから送りました』
河合さんは今、この運動を通じて多くの人と知り合い、多くの人と一緒に活動を進めています。資金を集める為に書き損じはがき、ペットボトルのフタの回収運動も進めています。この話を聞いた何人かの先生はすでに彼女の運動に協力し始めています。先日、彼女はラジオ番組に出演し、運動への協力を呼び掛けていました。その最後に彼女はこんな話をしました。『今この状況は信じられない。何かやってみたいと思って始めた運動でしたが、動き出したら奇跡の連続でした。動いたことで多くの人に出会い、多くのことを勉強し、何よりもやるべきことがはっきりしてきました。』
二学期は学園祭があり、三年生の皆さんにとっては進学、就職にとって仕上げの学期です。全校をあげて三年生を応援し、全校をあげて生徒会執行部を応援し、三年生の進路目標達成そして学園祭を成功させましょう。二学期、部活動の活躍にも期待します。
二学期『動き出す』が願いです。河合亜紗比さんが動いたように動くことで周囲は変わってきます。『動き出さなければ何も始まらない』学園にとって、皆さん一人一人にとって充実した学期でかることを祈念して二学期初めの式辞とします。

☆☆☆☆☆


校長先生も、元担任の先生もたくさんの支援をしてくださいました。

そして今は学生達が力となってくれています。

動いて変わったことは、数えきれません。


これからの未来も楽しみです。

次回は11/9の四日市で杉浦貴之さんのトークライブで告知をさせて頂きます。

ペットボトルキャップの収集発起人の上山さんが、現在ティウロン村のビデオまで作ってくれています。

その会場で見て頂く予定でいますので、 時間がある方は是非いらして下さい♪
あさひ

☆詳細☆
杉浦貴之トーク&ライブ IN 四日市   ピアノ:前田ゆかり
 
 ☆ 日時:2008年11月 9日(日)
 
 ☆ 13:30 開場    14:00 トーク&ライブ スタート
 ☆ 休憩 サイン会 (1ドリンクを飲んでいただいたら退出可能)
 16:30 希望者のみ座談会
 18:00 閉場
 19:00~21:00 懇親会(先着30名様) (別途2,500円必要)
 ☆ 会場:CLUB ZIPANG
 〒510-0086  四日市市諏訪栄町5-16
 電話&FAX 059-356-0700  http://www.zipang2007.com

チケット前売り:2,000円  当日:2,500円 (1ドリンク ケーキ・おつまみ付)

●主催 チームメッセンジャー四日市
●お問い合わせ 平山 090-1418-0700  info@kamisakura.com


FC2Ad