ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

旅日記 Ⅰ

旦那が明日テレビに出ます~。見てやって下さい☆私も恥ずかしながら、またチラリと映るかもしれません。。


『①8月30日(日)、日本テレビ「24時間テレビ」 午前8時24分頃より1時間の間の約40分間。東海三県のみ。

②8月30日(日)、テレビ朝日 草なぎ剛主演映画「バラッド」特別番組「泣ける話、ここにあります」。午後4時30分より、どこかで5、6分。全国ネット(地方によって放送時間が違ったり、放送されない場合があります)。愛知は残念ながら見れません』


さてさて旅から帰ってきました。
小豆島までの旅はとっても楽しかったです~♪
姫路一泊→小豆島二泊→大阪一泊と旅をして、大阪からは一人で帰ってきました。(旦那はライブのツアー中です。)

小豆島では、二日間海に入りました~。この時期はクラゲがいて、身体が刺されて痒くて仕方ないです。それでもまだまだ泳ぎ足りません。。
九月にまた海にいこう。

小豆島では、メイクザヘブンの事務所にお邪魔させてもらいました。
一軒家にいくつもテーブルとパソコンが並んで、目の前には海が広がっていて、事務所という感じではなかったです。

スタッフの皆さんも温かくて、大家族の家に遊びに行ったような感じでした。
会社の環境も、大切に思います。

こんな自然の中で、仕事が出来れば精神的にもゆとりが出来そうですね。

旅の間はたくさんの方にお世話になりました。
やっぱり『旅=出会い』ですね。そして、『出会い=成長』に繋がっているように感じます。
刺激を受ける、情を受ける、そんな旅が大好きです。


竹炭職人のキムさんりえちゃんのお宅も、目の前が海。あまりに素敵な環境に引越したくなるぐらい。


二人のお宅には、一泊させてもらいました。
手作りのお野菜に、玄米。美味しいご馳走の中には、炭が少し入れてありました。

お風呂は薪で炊いてあり、その中にも炭が浮いていました。

身体は芯からポカポカ。
風邪気味な二人が、私達夫婦に最高なおもてなしをしてくれました。
人をおもてなすということを教わった気がします。


私たちには、夫婦それぞれの夢があって、それを語れる時間はとても楽しかったです。
彼らには、たくさんの里子がカンボジアにいます。

こんな二人に愛されてる子どもたちは幸せだろうな。

国は違えど、日本以外の誰かを愛する気持ち、それは同じ。

私はたまたまティウロンで、キムりえちゃんはカンボジアだった。

みんながたくさんの国に足を運んで、家族が出来ればいいな。

りえちゃんは、九月から講演会のツアーに周ります。

ゼヒ皆さんに聞いてもらいたいです。素敵なお産と、旅のお話しです。↓

旅の続きはまた書きま~す♪


□■□■□■□■□■
すんばらしいド変態の里恵のツアーの紹介!
~木村里恵のいのち輝くツアー日程~
体と心の声に従って夫婦二人で自宅で出産。命を生み出すことは、自分が宇宙になることだった。
□■□■□■□■
インド自転車横断の旅に出かけた時に見たものは、全てのものに守られて存在する自分の命でした。

自分の体の中に新しい命がいるのだと知ってから、その命の誕生に向けて、夫と共に大切な毎日を過ごしました。

そうして迎えた出産でネネが見せてくれたものは、ただ、ここにいるだけで、光輝いている命そのものの輝きでした。

今、ここにある命の全てが、この一秒、一秒、まさにこの瞬間、最高に輝いているということを伝えたい。

★9/3(木) 岐阜県関市/With 森絵美子(NGO元カンボジア駐在員)
★9/5(土) 滋賀県大津市/With 森絵美子
★9/10(木) 神戸市/With岡野眞規代(自然分娩吉村医院元婦長)
★9/11(金)大阪市・南方/With岡野眞規代
★9/15(火)香川県小豆島with橋本ちあき(マクロビオティック
歴マクロビオティック実践歴30数年)
★9/18(金)横浜・馬車道/With AKIRA(世界を旅するアーティスト)・LOVE(路上詩人)
★9/21(月) 岐阜県下呂市
★9/23(水休日) 名古屋市・中区/With AKIRA・NORI(ピアニスト)
★9/26(日) 新潟市/With 竹炭職人キム

詳しいゲスト情報&イベント情報はこちらをご覧ください。
http://takesumitakarabako.blog99.fc2.com/blog-entry-288.html

お問い合わせはこちらまで
kimrienene@yahoo.co.jp

□■□■□■□■


スポンサーサイト

旅♪旅♪旅♪

今年はなかなか旅も海にも行けませんでしたが、やっと私の中で夏がやってきました♪

今は姫路。旦那と二人で車とフェリーに乗って小豆島まで向かっています。

メイクザヘブンのNGO代表てんつくマンと、夫婦二人だけで自宅出産をしたキムりえちゃん夫婦に会いにいきます。

キムさんりえちゃんは自給自足で暮らしています。どんな家で暮らしているのか楽しみです。


海でも泳ぎたいので、マイシュノーケルセットを持って、お腹の赤ちゃんと一緒にシュノーケルをしてきます。

妊婦用の水着がないので、男性用のボクサーパンツに水中メガネで…滑稽でしょ?!(笑)

妊婦生活を楽しむ。今ある環境を楽しむ。

これはとても幸せですね。

体調は日によってまちまちで、ダルい日や頭の痛い日もあります。

そんなときは、身体と対話するのが上手になりました。

温めて欲しいのか、休んで欲しいのか、身体と向き合い声を聞いて、自分に優しくなる。

自分に甘くするのと、自分を大切に優しくするのは違うんだな。

忙しいと向き合うこともなかなか出来ませんが、苦しくなる前に声が聞けるといいですね。

最近は、自然なお産場所『吉村医院』を選んだことで、『自然』に詳しい方たちに出会います。
お産だけでなく、食事や医療。

そうした情報が出会いの数だけあって面白いです。

インターネットを開けば、情報はたくさんありますが、「人の声」が何より腑に落ちます。

目の前にいる画面はなかなか信頼するという気持ちになりませんが、自分で出会っていく人には信頼関係が出来ていくから。


自分の声にも、人の声にもアンテナをはって、いろんなことを見て聞いていきたいな。

旅も人との出会い。

楽しんで来まぁ~す!

ポンツク大会

今日は愛知県の幸田町で『ポンツク大会』というイベントに参加しました。

幸田町の川をボランティアできれいにされている方々の主催。
川にうなぎやニジマスなどを放流し、子どもたちが手で掴み取ります。
子どもたちにきれいな川の大切さを、経験と笑顔を通じて伝えられるのは素晴らしいなぁと思いました。

今回はそのイベントを主催された都築仏壇店の都築さんに招待頂き、お邪魔しました。

イベント前に30分、地域の方々と川の付近の掃除ボランティアをしました。


たくさんの子どもたちが掃除にも参加していたことに感動です。

都築さんは、川がきれいになることを信じて、このボランティアをずっと続けています。ボランティア精神が強く、とてもパワフルなおじさまなんです☆

私の活動にも協力してくださり、今回はこのイベントでもたくさんのペットボトルキャップを集めてくれていました。

イベントでも私を紹介して下さり、皆さんの前でお話しさせて頂きました。

都築さんの熱意が地域の方々を動かし、人脈ある毎日、人生を過ごされているのだと感じました。
その人脈のお陰で、私のもとにたくさんのキャップが届けられます。

『熱意で人を動かす』
まさにそんな人。

圧力、お金、権力、何よりずっと強い力。

三河弁で語り、豪快に笑う姿はカッコいいです!

そして都築さんの息子さんも素晴らしくカッコいいんです。

今日もテレビに出てみえましたが、 仏壇を伝統文化として見直してもらうためにアートとし、世界中で仏壇アートを展示しています。


キラキラ輝く親のもとには、キラキラ輝く子どもが育つのかな。

素敵な人に協力していただけて、私もとっても幸せです。


未来もみえず、目の前の出来ることからやりはじめたこの活動が、今の私の誇りと言えるようになりました。

皆さんありがとう。


本気で生きる人

お盆は旦那と花火大会に出掛けました。

大きなお腹ですが、浴衣を自分で着て夏気分を味わいました。

妊婦さんというより、お相撲さんのような姿になってしまいましたが、これもまた良し。

旦那の実家と在所でのお盆参りもしました。

昨年は結婚前で、旦那の命を繋いでくれたご先祖様に感謝と、これから宜しくお願いしますと挨拶をし、あっという間に一年がすぎました。

今年は命が宿ったことを報告し、また繋がっていく命に感謝しました。


そして今日は旦那と一緒に吉村医院の両親学級に参加しました。

二時~六時までと長い時間でしたが、日本全国から吉村先生のもとでお産をしたいと集まった妊婦さんや、吉村医院のお産を見たくて集まった助産師さんたち。

先生はフラフラになりながらも、命を振り絞るようにお産の大切さを伝えてくれました。

80歳間際のおじいさんで、これ程情熱のある人を見たことはありません。

どこまでも本気で生き抜く姿は、侍のようです。


夜は旦那のテレビ取材がありました。

旦那には旦那の役割があって、伝えていくことがあるのだと思います。

先生には先生の伝えるべきことがあって、今も生きて伝えている。


私には私の役割があるなら、どんな些細なことでも先生のような本気さを持って、挑んでいくってことかな。

その時に魂のこもった話が出来るんだろうか。

私にはまだまだ人に伝える経験が足りない。


生命の誕生の大切さだけでなく、本気で生きる大切さを学んだ両親学級でした。



純粋な言葉

昨日は姪っ子にこんな手紙をもらいました。
『あっし(あさひ)いつまでもすきだよ。いつまでもだよ。』

子どもの言葉はストレートで、胸のど真ん中にガツンと届きます。

余分な言葉がなくていい。

大人になっても、そんな直球で相手を喜ばせる言葉が話せたらいいのに。

そして今日は、養護施設・花の木苑さんに中京テレビさんとお邪魔しました。

午前中、キャップの仕分けのお手伝いをさせてもらいました。

また前回と同じように、施設の皆さんとおしゃべりしながら作業しました。

以前も一緒に作業をした人達だったので、顔を覚えていてくれました。

隣りで作業する女の子は、彼女にとって怖いことをいろいろ話してくれました。

地震や、苦手な食べ物だったり…いろんなことを。

そしてその後に彼女は「怖がることはやめたの。怖がるということは、前に進めないってことだから」と言いました。


また、胸のど真ん中を突かれました。

不安を抱えていては前には進めないですからね。

純粋なまっさらな言葉たちに、学びながら、私は余分なものをはぎとってるような、そんな気がします。



ヨーガ体験

旦那とヨーガに行ってきました。

私は今回で三回目でしたが、旦那と一緒に参加するのは初めて。

先生は若く可愛い方で、インドまで行き免許を取得されたそうです。

亜細亜好きな人には、どこか共通する部分を感じます。

ヨーガの最中は、精神を集中させて身体がリラックスするのを感じるのですが、昨日は隣りで変な動きをする旦那がおかしくて、おかしくて…。

笑いのツボにはまってしまい、集中している皆の邪魔になるから笑わないように我慢しようとすればする程おかしくて、夫婦二人で噴出して笑っていました。
本当にごめんなさい。。

でも、楽しかった~♪

旦那は「今度はいつ一緒にいく?」と言ってますが、当分は笑いのツボから抜け出せそうにないから、一人で行こうっと。。

ヨーガはストレッチだけでなく、自分の身体と精神と向き合えて、翌日身体が楽になっているのを感じます。


薬を飲めない今は、自分の身体のコントロールがとても大切です。

身体の声に耳を傾けると、気持ちよく生きられますね。


無理はせず、仕事もティウロンの活動も私生活も、身体が喜ぶ選択をしていきたいです。




贅沢な一日

昨日は午前中に吉村医院の古屋に行ったのですが、カンヌの映画監督?で有名な かわせなおみ監督が取材にみえていました。

金スマにも出られていた有名な監督さんが、世界に向けてドキュメンタリー映画を作られています。

春に吉村医院で撮影された出産シーン(作成中の作品)妊婦さん達で拝見しましたが、みんな号泣。

吉村医院に通っている妊婦さんたちが、日に日に強く優しく母親になっていく様子。

そして幸せなお産シーンを見ることが出来ました。

監督はとても気さくな方で、みんなに自分のお産の話などもしてくれます。

自ら背負って、カメラをまわされています。

いつも通っている風景が、監督の映像を通して見ると、なんとも芸術的できれいでした。

仕上がりが楽しみです☆

もしかしたら、私もスッピンのガニ股スクワット姿が映ってるかも!?


何にしろ、女性からの視点で撮られてる映像は面白かったです。

贅沢な一日でした☆


旦那はお腹を空かせて待っていましたが、旦那の昼食作りは二の次です。
たまにはちゃんと主婦もしなくちゃ…。




FC2Ad