ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

チャリティーイベント

先日のブログで紹介させてもらったフルート奏者のakiさんとシンセサイザーの矢吹紫帆さんが、ティウロン活動のチャリティーイベントをしてくれました。

そこでの様子をakiさんがブログで紹介してくれました。http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=at0428&articleId=10564686319&frm_src=a
rticle_articleList


私の想いを、演奏に合わせて朗読してもらえるなんて感激です☆

そんな発想は私にはなかったし、素晴らしい音色にティウロンの情景をのせてもらえて光栄です。

聴いてる皆さんも楽しみながら、ティウロンのみんなが喜んでくれるなんて!


そこでは、商品券‥1000円×4、500円×1

図書券‥500円×4

テレフォンカード3枚

ペットボトルのキャップ‥210こ

現金‥参加費より‥250円×23名分=5750円、ママさんから5000円

1円‥1300枚
5円‥160枚

の募金が集まったそうです。他にも募金箱があるとのこと。驚きです!!

音楽を通じて募金を集めてくれたり、ヨガの先生がヨガを通じて集めてくれたり、書道家の方が作品代を寄付してくれたりと、いろいろな方法で集めてくれるので楽しいし、嬉しいです。

ボランティアがこうでなきゃいけない!ってことはないんだなぁと、いろんな貢献の仕方があるんだなぁと教えてもらいました。

自分が楽しみながら募金活動を続けていけたら、みんなが嬉しいですよね。
楽しむ気持ちを大切にしていきます。

ありがとうございました☆
スポンサーサイト

幸せになるために


太陽のエネルギーが一年の中で一番強いという夏至の日、私は産まれた。

今日で33歳の誕生日。いくつになっても、おめでとうと言われれば嬉しい。

おめでとうとたくさんの人に祝福され産まれて、たくさんの人に出会い、おめでとうと言われて歳を重ねる。


母親になって初めて迎える誕生日は、今まで見えなかった産まれた日の両親の顔が、ハッキリ浮かんだ。

母親はRHマイナスの血液型。当時は命がけ。高い注射をうち、私を産んだ。

当時六万の給料で、三万円の注射。何度も愛知から大阪の病院まで通って。。

高いお金をかけたわりに、出来の悪い子が産まれたね!と私は言った。

笑いながらうなずく両親。

ただ、私は高いお金をかけて産まれたけれど、人生が最高に幸せだと言えるから、お金をかけて産んで良かったね!?(笑)

旦那は、私が欲しがっていたCDをプレゼントしてくれました。

ラブレターをそえて。


嬉しかったのはラブレターの方。

最近は、母になり、妻になり…女でいることを忘れていたかも。

たくさん泣いて笑って怒ってふざけて。。

私たちは家族になった。
いることが当たり前で、父親として求めることも増えた。

産まれた時から絆のある家族と同じように、馴れ合い…過ぎた。


旦那のラブレターで思い出した。

私たちは、他人だったこと。

幸せになるために家族になった。

文句を言いあい、喧嘩するためでもなく、私たちはこれから先も愛を誓った夫婦だった。。

子育ての毎日。

もちろん幸せ。溢れるほど幸せ。


ただ、思い出させてくれた。

女性であること。
旦那のラブレターに、私は母親の幸せだけでなく、女性としての幸せをもらった。

二人で幸せになることを誓い、支え合いその延長に家族があった。

家族があって、それぞれの幸せがあるんじゃなくて。。

私たちは他人だったからこそ、はじめから家族の絆はない。

築いていくんだった。
二人がいて、いぶきが産まれて、増えていく家族の幸せを、私たちが築いていくんだ。


求め合うんじゃなくて、家族になってもお互い与え合いながら、感謝しあって。



ホノルルに向けて早朝練習~



今日は朝の六時に家を出て、ホノルルマラソンに向けてみんなで川沿いを走りました。

みんなおそろいのTシャツを着て、岡崎城まで走り、隣の龍城神社で参拝。

私もいぶきを抱っこして走りました~。

抱っこして走るのって、けっこうな体力消耗。。

でも、トレーニングすれば10kmなら走れそう。

産後の身体は、いまだに貧血気味ですが、やっぱりみんなと走ると楽しい♪

いろいろな方が集まりました。目の不自由な11歳のWちゃん。

旦那にくっついて、旦那を引っ張るように走ってくれました。

誘導するはずが、旦那は誘導されながら走っていました。

今日の距離もいぶきと二人きりなら走れなかっただろうな~

みんなと走ると走れる。みんなと一緒なら頑張れる。

ホノルルもきっと楽しいだろうな~


今から現地の皆さんの声援が聞こえてきます。

「FIGHT!!」

ホノルルマラソン参加者募集

今日は暑い暑い一日。旦那がNHKさんの取材で、南公園へ。ランニング姿やインタビューを撮られてました。

旦那は癌になったとき、ホノルルを走る夢を抱き練習を重ねてホノルルに参加しました。

夢を描き走ったことで元気になっていきました。

病を抱えてる皆さんにも、同じように夢を抱き元気になって欲しい思いから、今年はホノルルマラソンツアーを作ることになりました。

そして今日、70歳の方から参加表明があったそうです。75歳の方も迷われているそうで…

迷う時点で、出来る可能性があるということですから、素晴らしい☆

お年寄りと言っては失礼かもしれませんが、ご年配と言われる年代での参加表明は希望をくれました。

まだまだ若い私が、怠けてちゃいかんなぁ~と背中を押されます。

私もいぶきを抱っこして頑張ろう。
10kmコースなら抱っこも可能なようです。

ママにも出来るってことを、私が背負って走れたら☆

病の方もたくさん走ります。

それぞれの立場で、皆さんが可能性を見せてくれます。

出来ないかもしれない…という不安に負けず、出来るかもしれないという可能性を信じて参加されることが素晴らしい☆

結果はまだわかりません。

でも、今の自分を信じて挑戦する。そのやる気に、感動します。


たくさんのドラマが待っていそうです。

動くことが、感動のドラマの始まりですね。

また生で見て感じられる。

人の限界の可能性を見せられたときは、魂が震えます。

うまく表現出来ないけど… こういう感動を味わうために産まれたんだ~って感じ?

ランニングハイがあるように、生きてて苦しくても頑張って進むことで気持ち良くなっちゃうような…そんな感じが味わえます。

感動の多い人生って、やっぱり幸せだと思う。



☆*:・°★:*:・°☆*:・°★:*:・°

命はやわじゃない!」がんサバイバーホノルルマラソンツアー

がんサバイバー(患者さん、経験者)、ご家族、サポーターでチームを作り、心を一つにして2010年12月に ハワイで開催されるホノルルマラソンに参加します。

「走るほどに元気になったのではなく、走ったから元気になった。命はやわじゃない!」

を体感し、みんなで元気になって、みんなが命のメッセンジャーになろうというプロジェクトです。

まず、チーム「メッセンジャー」に入っていただきます。チームには、がんサバイバー、ご家族、サポーター に入ってもらいます。ホノルルマラソンツアーの参加希望者だけでなく、まだまだ参加を迷っている方、 参加はできないけど日本から応援したい方にも入ってもらいたいです。

つまり、このツアーを応援していただける方なら、どなたでも参加可能です。なお、会費などはありません。

チームではメーリングリストを作り、メンバーで思いや情報を共有し、大会前からみんなでアドバイスし合える 関係を作り、12月の本番まで心を一つにしていきます。練習状況や国内レースの参加などの状況も共有していきたいです。

また、定期的にイベントを開催し、その中で、医療関係者やマラソンコーチの講演会をしたり、 相談窓口を設置したり、交流会なども行っていきます。

名古屋「DORAEMON」で行われた、第1回ホノルルマラソンミーティングは大いに盛り上がりました。第2回ミーティングの会場は、大嶋啓介氏の厚意により、渋谷の「居酒屋てっぺん」を予定しています!

チームにエントリーしたその瞬間、ドラマは始まります。 杉浦貴之

チーム「メッセンジャー」への参加はこちらから!

http://www.resumai.com/team-messenger.htm

独り言


いぶきが産まれてから、生きることに責任を感じ、死ぬことが怖くなりました。

自分一人の命でないことも、自分の命が如何に大切かもいぶきを通じて感じました。

家族にとって変わりはいません。


どんなに雑な私にも、いぶきは私を必要とし探します。

子どもに「かわいいね~」「大好きだよ」と愛情を伝えると、子どもは自分を必要とされていると知り自信を持って育っていけるそうです。

でも、それ以前に私たちは子どもから教えられています。

親の必要性。

どんな私でも、いぶきに必要。だからこそ、私も旦那も「生きていなくちゃ」とますます強く思うようになりました。


こんなふうに愛情を持って育ててくれた親は、私を自由にしてくれた。それが今の自分に出来るかどうか。

親は子をどれだけ大切でも、所有してはいけない。子どもは所有物ではない。

肉体を過保護に守るのでなく、魂を磨くために子どもの人生を大切にしてあげる…というと宗教みたいかな。

過保護になる親の気持ちが今はよくわかります。

自分が一人で海外に行くのに、心配はなかったけど、いぶきが途上国を一人旅するなんて言ったら…心配かもなぁ。

自分が歩む以上に見守る側は忍耐が必要ですね。痛みも受ける側よりも、見ているほうが辛いだろうから。

旦那の両親が、旦那の余命宣告を受けたとき、どれだけの想いで見守っていたかと思うと…やっぱり私に耐えられるかどうか。

それでも息子の人生を生かし、過保護にするのでなく自由にされたことは、大きな愛だと感じます。

私達夫婦も親にしてもらった分の信頼を、いぶきにしてあげることが今の課題かな。


生きててほしいと願いながら、生きていなくちゃと毎日感じる。

ボソボソと感じた独り言でした。


チャリティーライブ

旦那が以前岡崎で共演したakiさんから、連絡がありました。チャリティーでライブをし、募金活動に協力してくれるとのこと。
フルートの音色はとてもきれいでした。近々ライブもあるようなので、ゼヒお出かけ下さい♪

出演者の皆さん、会場の方に、お客さん全てに感謝です。

いろいろな方が、それぞれの分野とアイディアで協力してくれることが嬉しいです。ありがとうございます☆

ティウロンのみんなは、フルートなんて見たこともないだろうなぁ。

以前、ツアー参加者でクラリネットを持参した人がいましたが、みんなすごく喜んでました。

音で奏でるものは、その人の優しさや想いが伝わりやすいのかなぁ。

赤ちゃんも声をメロディーのように聴いてるそう。

楽器はふけないけど、優しい声を奏でたいですね。

日本の方が音楽で癒されて、環境が癒されるなんて最高です♪
ありがとうございます!!

◆◇◆◇◆◇◆◇
いつもありがとうございます。
フルートのakiです。


今回は、いつものライブと、やってみたいと思っていた(^-^)チャリティも初企画してみました。(チャリティの目的や内容につきましては最後に記載します)

◆◇◆◇◆◇◆◇

6月29日(火)
♪天女座with aki Enjoy Live♪

11:30:ランチ(軽食)
12:30:ライブ
14:00:終演
14:15:懇親会  参加自由 (実費)

《出演》
☆矢吹紫帆(シンセサイザー)
〈お客様からお題をいただき即興演奏〉

☆矢中鷹光(ボーカル)〈特徴的な美声でのパフォーマンス〉

☆aki(フルート)
〈至って普通ですが(笑)癒しのオリジナル曲が好評〉


《参加費》
\3,000(ランチ、ドリンク付き)


《会場》
MAP CAFE DUBAI
岐阜市市橋2-7-7
TEL:0582718641


《ご予約・お問い合わせ》
08036302038(山田典世)またはaki(GROW_UP-aki.fl@c.vodafone.ne.jp)まで。

◆◇◆◇◆◇◆◇

6月15日(火)
♪チャリティトークライブ♪

13:30~14:30
お話:矢吹紫帆
「波乱万丈☆かっ飛び人生」(シンセサイザーの即興演奏有り)

友情出演:aki(フルート)

《参加費》
1000円(シフォンケーキとコーヒーor紅茶付)

《会場》
手作りシフォンケーキのお店・庵(あん)
岐阜市切通4-13-9
TEL:0582478477

ご予約・お問い合わせ:庵またはaki(09085419229、GROW_UP-aki.fl@c.vodafone.ne.jp)

トークライブ終了後
15:00~
☆紫帆りんの♪かっ飛び授業~~(^-^)
高校で音楽講師をする紫帆さんは、好きな歌を紙粘土で表現する。という、変わった授業をしています。右脳開発、イメージ力アップに!
その授業を再現!!
材料費:500円(紙粘土と箱代・材料の準備のため予約は11日まで)


☆開運アドバイザー山田典世によるワンコイン鑑定:一人10分500円(この中からも一部寄付されます)


今回、みなさまからいただく参加費の中からケーキセット代を除いた残り全額をマレーシアのティウロン村へ寄付させていただきます。【命のメッセンジャー、杉浦貴之さん(癌で余命半年という宣告から10年経った今も元気に感動の歌とトークで命の大切さを伝えています)を支える奥さん、亜紗比さんの活動の応援です】

庵のママさんに想いをお伝えしたところ、お店の定休日を開けていただき、なんと!コーヒー、紅茶のおかわりのサービスまでご協力いただけることになりました(^-^)v感謝です!!


当日は、募金箱もご用意しますので、ご賛同いただける方は、お気持ちを入れていただけましたら嬉しく思います。(任意です)

他、ご家庭にありましたら、未使用のテレフォンカード、図書カード、切手、商品券、ビール券、書き損じハガキ、ペットボトルのフタも集めています。

ご協力よろしくお願いいたします。

当日お越しになれない方も寄付はお店(庵)と、akiの方でもお預かりさせていただきます。



この他、aki出演のライブは6/20、21、26もありますので詳細はホームページをご覧下さいませ
http://www.web-growup.com(akiフルート→検索)

アメーバブログには各出演の詳細を書いていきます。

では、どこかでお会いできることを楽しみにしています。
みなさまのご協力により、活動を続けられることに感謝いたします。
いつもありがとうございます。


aki

iPhoneから送信

もあはぴ

「もあはぴ」のうえちゃんhttp://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=morehappyclubから講演の依頼がありました。前回は、つわりのピーク中で…急遽キャンセル。皆さんに迷惑をおかけし、申し訳なかったです。

そして、今回また声を掛けてくれました。


あの時の子も産まれ、次回は家族でティウロンを訪ねた後に講演予定です。(詳細はまた後日連絡します。)

去年の私よりも、ネタが増えました(笑)

ティウロンの子ども達の話、ティウロンでの結婚式の話、出産の話に、家族でティウロンを旅した話。

いぶきを抱きながら、お話させてもらいます。

旦那も子守りで付いてきてもらうので、この光景も貴重かも(笑)

みんなが家族で旅行するように、特別なことはしていません。旅行会社からは案内されない、特別な場所ではあると思います。

観光地ではない場所には、珍しい建物や買い物する場はないかもしれないけど、その場所を愛し、のどかに暮らす温かい人がいる。

観光のために造られた街でなく、生活のために造られた場所は、そこからもそこに住む人達の性格がにじみ出ます。

人は歳もとるし、変わっていくものだし、永遠に続くものでないから、人に会いに行ける時間が尊く感じます。


ティウロンは私が最初に訪ねた時から、随分と変わってきました。約10年が経つわけですから、当然なのかなぁ。

まだまだ不自由な点もたくさんありますが、水に関しては雨水の貯水タンクも井戸も設置出来たので、今までのような支援はいらないのかもしれません。

それでも、ご縁は大切に繋げていきたいです。

何度か旅を重ね、また同じように水に困っている場所を支援し、活動を続けていきたいです。


私が講演をさせてもらえるということは、今までお世話になった場所に恩を返す使命があるということです。

自分を見せようとすれば見失います。ストレートに、想いを届けたい、形にしたい人がいると 講演も出来る気がします。

恩をもらった人の話をすることで、その人達に返していけるなんて最高です。

初めて人前で告知をし、『頑張ってね』と募金箱にお金を入れてもらえた時は涙が出ました。

それを現地に届けられた時、更に涙は溢れ、それを見た村人達も涙を流してくれました。

想いも行動も繋がっていきます。

変わっていくものの中でも変わらないもの。

それが人の繋がりであって欲しいと願います。

ブレない価値観

先日、いぶきのパスポートを取りにいき、その後旅行会社へ。

先月に問合せた激安価格のチケットが売り切れてた~(ToT)

10月だからと油断し過ぎました…。

それでもキャンセル待ちをしつつ、違う価格のチケットを予約。

旅行会社の人に、「これぐらいの子どもも、海外へ連れて行く人は多いですか?」と聞くと、「はい。ただ、コタキナバルはいません」と言われました。

いぶき、頑張ろうね。。(笑)

昨日はオイスカの森田さんが我が家に来て、自分の価値観に自信を持つことって大切だね。ブレてばかりでは、いつになっても手にある幸せに満足出来ないよね…って話をしました。

上を見ればきりもないけど、途上国を見てきて、必要以上の贅沢に罪悪感がわいてしまう。やっぱり分け合うことが幸せだな。それが私の自信を持てる価値観なんだと感じました。

マザー・テレサのように身をけずってまで、与えることは出来ないけど、今に満足出来れば、分ける余裕が出来る。

今に満足するってことが大切で、どこで満足するかってこと。


贅沢に慣れることが一番怖い。


小さなことにも感謝を忘れずいれば、分け合うゆとりが出来るはず。

皆さんから頂くキャップが換金され、六万円を超えました。
ありがとうございます!!
これからもよろしくお願いします。


今日は吉村医院のフリマ、みんなに会えて楽しかった~♪

FC2Ad