ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

ヌットモンモーン



今日はいぶきの英会話。
預けるときも、自分から教室に向かい、先生には「ヌットモンモーン(グッドモーニング)」と挨拶してました。笑顔で私に手を降ってくれたいぶきに安心。

「アオ~(ハロー)」と、他のママさん達に手を降りながら挨拶もしています。

日に日に成長するいぶき。

私と二人だと脱走ばかりするいぶきが、お友達とは手を繋いで公園まで歩いて行きます。

ちっとも食べてくれなかった弁当が初めてからっぽになってました。

ちょっとした成長が嬉しいですね。

そして、どんなに小さくても母がいないときは自立するのかもしれません。


こんなに小さなうちから預ける必要も、英会話の必要もないのかもしれませんが、この一週間に一度の英会話のお陰で、私は随分とリフレッシュしています。


貴重な身軽な時間。数分たりとも無駄にしまいと、やることもやりたいこともいっぱいで逆に疲れてもいるけど(笑)


用事を済ませて迎えに行くと金髪の白人先生が側にいて、「じいちゃん」と言ってました(笑)

いぶきには、きれいな金髪も白髪に見えるのかな。
今日は帰りに「シーユー」と車で言っていたので、また1つ言葉を覚えてきたのかもしれません。

子供には想像以上の可能性がありますね。

でも、私が今日一番嬉しかったことは、弁当を完食してくれたこと。

元気にいてくれることが一番の望みです。
スポンサーサイト

歌がうまれた



この季節のサイクリングは気持ちが良くて、いぶきも気に入ったようで毎日自転車に乗せろと駄々をこねます。

車で出掛けたくても、自分でヘルメットをかぶって待っています。

最近は色々なことが理解出来てるんだなぁと感心します。

旦那のCDを流すと、「とうちゃん おうた(とうちゃんのお歌)」と言うので、旦那も嬉しそう。

そして、旦那の新曲が生まれました。

私が二回のお産を思い書いた詩を旦那が編集してくれて、旦那の代表曲でもある「ラブソングありがとう」「大丈夫だよ」を作曲してくれたみゆきさんが、メロディーをつけてくれました。

みゆきさんは歌詞を読んでメロディーが浮かんだと言ってくれました。

出来上がったメロディーを電話越しで聴かせてもらいました。

優しい歌でした。

一番伝えたいサビの部分では、涙が込み上がりました。

12月3日の旦那の講演会でお披露目予定です。

ものすごく久々に人前で私も話します。あぁドキドキ。。

でも、歌が聴いてもらえるのは嬉しいです♪


「生まれる」

夜空に光る星のように 小さな命は暗闇の中 生きようと 輝いていた

日に日に成長するあなたは 私のお腹を強く蹴ったよね

あなたからの「生まれたい」というメッセージが聞こえたんだよ

長い長い時間をかけて生まれたあなたは 息を吸っていなかったけれど ふりしぼるように叫んだ
その声が「生きたい」と聞こえたんだ

忘れないでね
あなたも命をかけてこの世に生まれてきたことを

思い出してね
あの時産まれた力を どんな苦しみも乗り越えていけるから

命はたくましい 命は優しい 命は温かい 命を
ありがとう


夜空に光る星のように
小さな命は真っ暗闇の中 生きようと輝いていた

日に日に成長したあなただけど
僅か3ヶ月で心音を止めた
小さな命だったけど たくさんの血を流しあなたを産んだ

手足のない小さな命 真っ白な命 息を吸うことはなかったけど
それでも産まれようと頑張っていたね
どんな小さな命にも意味がある

忘れないよ
あなたが産まれたとき 手のひらで抱いた温もりを

思い出すよ
あなたが宿った日 涙を流して喜んだことを

命は儚い 命は優しい 命は温かい 命をありが とう


私はどんな命でも 命をかけてあなたを産むよ

生きたくても 生まれなかった命がある

笑って生きなくていい
前を向いて生きなくてもいい

泣き崩れても しがみついてでも生きる

逃げてもいい
美しく生きなくていい

ただ死なないで ただ死なないで

それが生きられなかった命から 命ある者へ贈られた遺言

忘れないでね
あなたも命をかけてこの世に生まれてきたことを

思い出してね
あの時産まれた力を どんな苦しみも乗り越えていけるから

命はたくましい 命は優しい 命は温かい 命をありがとう 命をありがとう



自宅サロン




自転車にいぶきと乗ってサイクリング。

天気も良くて気持ちいいです。

空を飛んでる鳥には「チュンチュンバイバイ~」

散歩してる犬には「ワンワンバイバイ~」

と手を振るいぶき。

いやぁ~ 癒されますね~(笑)

いぶきも気持ち良かったのか自転車で爆睡。

小さないぶきが大きなヘルメットかぶって、自転車で寝てるのが面白いのか、おばちゃんにたくさん話しかけられました。

歩幅を緩めると違う楽しさがありますね。

サイクリングにはまりそうです。

午後からは、我が家にアロマを一緒に受講していた方がマッサージをしに来てくれました。

冷え性の私にブラックペッパーの精油を使ってくれたので、本当にポカポカ。
ハーブティーを飲んだら、暑いぐらい。

家の中でも、ベッドが置かれたらサロン気分を味わえるんですね。

アロマの最中は、私の上にいぶきが乗ったり、足をくすぐってきたりでしたが、いぶきもマッサージしてもらい気持ち良さそうにグテっとしてました(笑)

みんなアロマを楽しんでいるなぁ。

私も、試験の為でなく自分の為にまた教科書を開いてみよう。

いけ!いぶき!


最近のいぶきは、またパワーアップして、今にも迷子になりそうな勢いで走り回っています。

長島のショッピングモールでは、旦那と交互にいぶきの面倒を見ながら買い物をしていました。

ベンチの置いてある広いスペースで踊ったり、走ったり、子供がいれば興奮して話しかけに行きます。

そのスペースで遊んでくれてるものだと私もベンチに腰掛けていると、突然猛ダッシュで高級ブランド店なんかに入って行くので、こちらもベビーカーなんかは投げ捨てて追いかけます。

商品を壊したら恐ろしい。。

私達親が必死になるのが面白いのか、ゲラゲラ笑っています。

似たような年齢でイタズラしてる子供を見つけると、同じようにイタズラして、お友達と遊んでいます。

長島では、噴水のアート?があり、水が音楽に合わせて出てきます。

その中を駆け巡るいぶき。

寒くなってきたのもあって、いぶき以外はみんな親におさえられていました。
我が家は夫婦揃って、「いけ!いぶき!」といぶきを走らせます。

タイミングよく地面から出る噴水が顔面にかかる度、周りの笑い者になってました。

すぐに着替えたのでいぶきは大丈夫。

今朝も旦那がいぶきを連れて散歩していると、小学生の団体に走ってついていき、一人ひとりにタッチを求めていたんだとか。

発狂しながらタッチを求めるいぶきに、引き気味な小学生(笑)。

毎日追いかけるのは大変ですが、弾けてる姿を見るのは楽しいです。

世間様に迷惑をかけちゃいけないけれど、まぁいぶきがちょっと怪我や風邪ひくぐらいなら大丈夫、大丈夫。

「いけ!いぶき!」なんて言いながら、ヤンチャないぶきの成長を見ていたいです。

バースカフェ





久々に家族の休暇。

二泊三日で旅行に行きました。

キャンピングカーで、初日はアンパンマンミュージアム&長島ショッピングモールへ。二日目は御在所ロープウェイ&温泉。そしてオートキャンプ場へ。


アンパンマンはいぶきには天国で、ずっと走り回っていました。

子連れの温泉も随分慣れました。

腰が座ってないときの方が抱きっぱなしで大変だったかも。

ロープウェイからの景色もきれいだったけど、キャンプ場での星空もきれいでした。

星空の下でキムチ鍋をして、久々に少しだけビールで乾杯。

ただ、めちゃめちゃ寒い。

季節が季節なだけにキャンプ場は貸し切りでした。
音楽もガンガンに流せましたが、寒くてすぐに車に入ってしまいました。

でも子連れのキャンプに必要なものもよくわかったし、やっとキャンピングカーがキャンピングカーらしく使えたかも。

旦那のツアーには家族で移動したり、ホテルもいらなくて重宝したけど、料理までする気力はありませんでした。

やっと車内で調理(切るだけですが)出来たから良かった♪

今度は、空間作りも楽しみながらキャンプしたいな。

さて、私の大好きなきむりえちゃん(自宅で夫婦二人だけでお産をした)がバースカフェを開きます。

杉浦家も賛同人です。

皆さんもいかがですか↓
○●○●○●○●○●
11月3日「イイお産の日」バースカフェ一緒にやりませんか?
○●○●○●○●○●
もうすぐ11月3日、「イイお産の日」
大切な人と「誕生」の話をする日です。

みなさんは、自分が生まれてきた日の事を
お母さんやお父さんに尋ねてみたことがありますか?

我が子を産んだその日の事をこの子に話してやったことはありますか?

そんなことを話してみるチャンスです。
誰かとお産の話をすることを「バースカフェ」と呼ぶことにし、

昨年からみんなで動き出しました。

あれから全国でたくさんの方がバースカフェを開いて下さいました。

過去の報告はこちらURLはhttp://ameblo.jp/birth-cafe/

11月3日、

この日に、

勇気を出して親に自分が生まれてきた日のことを聞いてみたり、
まだ赤ん坊でも良いから、
我が子にあなたが生まれてきた日のことを喋ってみたり、
夫婦や、友だちと生まれてきた日のことについて話すんです。

「お母さん、里恵のこと産んだ時、どんなだった?」

とか

「音々が生まれてきた時、音々があまりにまぶしくて、お母さん、命って、生きてるだけでこんなに輝いてるんだって嬉しくて涙が出たんだよ。」

とか

「里恵のこと産む時、うちの親、踏ん張りすぎて、顔の毛細血管がたくさん切れて、顔中内出血になって、なかなか治らなかったらしいよ~~~お母さん、どんだけ踏ん張ったんだろうね~~(笑)キムはどんなふうに生まれてきたか聞いたことある?」

とか。

わたしたちが、生まれてきたときの話をするんです。

「11月3日だから…」
「イイお産の日だから…」
と自分に言い訳付けて
勇気を出して
覚悟を決めて
聞いてみる。

私も勇気を出して、今年もまた改めて母親と父親に電話してみようと思います。

嬉しかったとか
感動したとか
きれいごとばかりじゃなくて良いんです。

雨が降ってたとか
こんなにがんばったことは初めてだったよとか
この子が生まれてきた日の事をただ伝えるだけで

そのことに
想いを傾けるだけで

人生がより深くなると思います。

話す人も、聞く人も、あの日のことをもう一度思い出して、幸せな気持ちになったり、もしかしたら悲しい気持ちや、悔しい気持ちになったりすることもあるのかもしれないけど、
それを毎年思い出して、自分の人生に変えて行く。

去年も、色んな人がしてくれて、報告をくれました。
それがめちゃめちゃ良いので良かったらぜひ覗いて見て下さい。

報告はこちらですhttp://ameblo.jp/birth-cafe/

11月3日をひとつのきっかけに、みんながお産の話をすることを広めて行きたい。

みんながしたお産の話をブログに集めて行きたい。

そうして
それぞれが
生まれてきた日のこと、
産んだ日のこと、
大切に、
何度でも思い出して、
その想いと共に生きる社会にして行きたい。

お産の事、みんなが考えて語れて、当たり前の世の中にして行きます。

○●○●○●○●○●
バースカフェのやり方は超簡単!
○●○●○●○●○●

1.二人以上で集まって「お産」の話をする。

2.一人が筆記になって、出てきたエピソードを箇条書きでメモ。

3.そのメモをもとに伝えたいなって思ったエピソードを、いくつでも良いので里恵に、メールで送ります。

4.バースカフェ北海道やりました!的なみんなで写った写真を里恵に送ります。peace_and_full_rie@hotmail.com

この情報が「バースカフェ」ブログにまとめられて載ります。

URLはhttp://ameblo.jp/birth-cafe/(去年のなどが見れます。)
友だち同士でやったらいいなぁ。

家族同士でやったらすごくすてきだなぁ。

一人でも多くの人に参加してもらいたい。

命の輝きを一緒に感じる、大切な大切な時間、ぜひ、一緒に感じませんか?

やるよ~~~っていう方はkim.rie@softbank.ne.jpに連絡ください。

連絡心よりお待ちしています。

木村里恵

キムと里恵にできること竹炭工房宝箱http://takarabako-takesumi.com/
「木村里恵の詩ただ感じたこと」携帯メルマガ00581435s@merumo.ne.jpに空メールを送ると登録できます。



パワースポットへ


昨日、いぶきは英会話でハロウィンパーティー。

カボチャの帽子とマントを持たせて、英会話託児に預けて来ました。

私は友達とパワースポットへ。

知人の親戚が大病を患い 、手術後に山を手入れしていたらなんとたくさんのお地蔵様が出てきたらしく、ちょうどその時に修行をされたお坊さんが遠い所から、パワーの感じる所に向かったらここだったと、手を合わせてみえたそうで。。

大病も奇跡的に治り、恩返しのつもりで、その方は山を手入れして、お地蔵様を奉ったそうです。

するとたくさんの方が訪れて、次々と幸せな報告を聞くんだとか。

まだ最近の話なので、山道もその場所も開拓中でしたが、反ってすごい場所な感じがしました。

肝心なその場所の写真は撮り忘れましたが。。

大きな岩もあって、その岩に触ってると煙が出るとか出ないとか。

煙が出た人から聞いた話ですが、私は特に何も見えず、何も感じず…

ただ、お地蔵様に手を合わせる度にお腹がギュルギュルといい、しまいにお腹を壊しました(笑)。

あまりのタイミングの良さに友達はデトックスしてるんだよ!!なんて言ってました(笑)

山奥で、川を眺めながら美味しい食事して、それだけでも私には最高なパワースポット。

友達とのランチも楽しいけど、自然に触れに行くのもいいな。

ハロウィンパーティーでみんなの仮装が怖くて号泣していたいぶきに、どんぐりのお土産を持って帰りました。

プランプラン

今日はヘアの仕事。パーティー仕様のアップスタイルを一人で17人。しかも、5時間半で全員を仕上げてとのこと。

美容師さんならその大変さがわかってくれるかな。
美容院では、30分~遅い所で1時間程かけてやる技術です。

一人20分でも間に合わないペース。。

気持ちが焦って、夢でも仕事していました。

でも大丈夫。出来ないイメージはわかないから。

なんとかなってるイメージしかない。

そんな時は大丈夫。

ただ、焦ってる時、忙しい時は、ご飯の味がしない。

あぁこういう時って、食事だけでなく、楽しいこととか嬉しいことも味わえないかも。

逆にゆとりがある時は、何でもない当たり前のことに楽しみを見いだしたり、感謝できるから。

やっぱりゆとり。

急いでるときは、運転事故もする。

ゆっくり、ゆっくり。

ゆっくりゆっくり「プランプラン」が口癖なティウロンのみんなが幸せな理由がわかる気がしました。

ハロウィーンパーティー




いぶきの英会話教室から、次週はハロウィーンパーティーという案内が来て、トイザらスまで衣装を買いに行きました。

キャンディーをもらえるように「キャンディープリーズ」の練習(笑)

日本語だって話せないのに。

異文化に触れさせてもらって楽しいです。

来月はいぶきの二歳の誕生日で、両家の両親を呼んで我が家で誕生日パーティー。

両家のじいちゃんばあちゃんが揃ってお祝いなんて小さなうちぐらいでしょう。

楽しんで準備もしよう。

いぶきにはダブルでじいちゃんばあちゃんがいたら最高に嬉しいはずだから。

子育ては母親視点だと、私の楽な方へと考えてしまうけど、子供視点になって選択しよう。

きっと毎日の選択も随分変わる。

いぶきには、雨の中もきっと楽しい。


幸せなお産



昨日はママ友とピクニック。

東公園に象のふじ子を見に行きました。

いぶきと同じ時期に産まれた男の子も一緒です。

モンテッソリーの幼稚園や、サッカーのクラブに参加したことなど、ママ友ならではの情報交換は面白いです。

吉村医院でお産した友達には、何人か流産の経験がある人がいて、その人達と話すと「もしかして他の病院なら結果が違ったのかとよぎることがあった」とみんな話します。

「死ぬものは死ぬ。生きるものは生きる。それが命」というのが吉村先生の考えだからです。

だから、もしかしてと思ってしまうこともありますが、それが命の宿命だったと府に落ちてみんな必ずという程吉村医院でお産をしようと戻って来るのです。女の力を信じたいのでしょうか。

私は医療を否定しません。それで助かる命があるなら助けて欲しいと思うのも事実。

先生には怒られてしまうかもしれないけれど。。

でも、やっぱり自分のペースで自分のやりたいようにお産させてくれるのは気持ちがいいです。

医者でなく、母にお産の主導権がある。

それは自然で、自分が動物にかえる瞬間というか、何とも言えない体験でした。

私は流産した時は、色々自分を責めました。

それこそ、安定期に入る前にものすごく動いていたことも、本当に良かったのかなとか。。

でも、心音が止まってから手術をするのが普通の病院。

心音が止まってるのを確認してから、手術をする前日、もしかして生きてるかもしれないと母親がもう一度見て欲しいと頼み、見てもらうと心音が確認出来たそうで、命が助かったという話を聞きました。

その命が友達です。

命に奇跡はありますよね。

私が吉村医院で良かったことは、自然がいいというこだわりでなく、奇跡を信じてくれるところです。

五日かかったいぶきのお産も、亡くなった命も信じて待ってもらえることは、命を敬う想いが強いからだと思います。

そして心音が止まっても、自然で産めることは大きな幸せでした。

陣痛を経験し、たくさんの出血の後に、温かな命を手に抱いたとき、やっぱり言葉なんて「ありがとう」しか出てきません。

お産をさせてもらえて、温かな命を抱けば、その小さな命の宿命も同じように抱けたのです。

先生の言われる「命の個性」として。

手のひらサイズの胎盤に包まれた血のかたまりが、愛しかったです。

愛を抱かせてくれてありがとう。

そんな命を振り返りながら、今はやっぱり幸せなお産だったんだなと感じられるようになりました。

全部伝わっている



今日はいぶきを英会話に預ける日。

ベンツやBMWの車が停まるなか、私達はボコボコ言う車を停めていぶきを預けます。

英才教育って目的ではなく、託児を目的に始めましたが、いぶきはここ数回泣いているし、いぶきが嫌なら無理に預ける必要はないかなと思ってました。

私が勉強する時間が欲しかったから。


つい最近まで、アロマの試験で頭いっぱいだった私。

試験が終わってから、いぶきとたくさん向き合えました。

それが伝わっていたのかな、今日は全然泣くこともなく英会話教室に行きました。

頭が試験勉強でいっぱいな時は、私の心はここにあらず!?で寂しくて、いぶきはお母さんを求めていたんだろうな…

よくわかってるなぁ~


今日は帰ると先日購入した自転車が届いていました。

いぶきを乗せるといぶきも気に入った様子。

秋はいぶきとサイクリングを楽しもうかな♪


最高な仲間達


昨日は、ミャンマーで一ヵ月間過ごした仲間達(日本人)が東京で大集合だったみたいで。。

私は行けませんでしたが、生中継のメールと写メが何度か送られてきて、その時間を少しだけ共有させてもらいました。

ミャンマーでは暑さ40度を越える中で、毎日植林作業するのは過酷でした。

私は栄養失調になり、6kg程痩せて病院へ。

破傷風のような症状が出てる友達もいました。

みんな体調を壊しながらも、「帰りたくない」を繰り返し言いながら過ごした日々。

日本人メンバーは20人程。
着飾れない環境で、ぶつかり合いながら裸で過ごした一ヵ月。

お陰で最高な仲間になりました。

9年前の夏が、今でもありありと浮かんできます。

私には人生を大きく変えてくれた夏。

このメンバーとは、帰国後もたくさん会っています。
当時私は女では最年長の26歳。ブライダルの仕事が少ない時期に参加しました。

大学生が多かったけれど、あれからみんな羽ばたいて、インド、アメリカ、アフリカ、香港など、色々な国で働いていました。

みんながどんどん成長していく中で、私は家庭が出来て、その世界でどっぷりと生活しています。


来月、その一人のメンバーが結婚式をあげるので、私も二年ぶりにみんなと再会します。


私はずっと「ここ」に居たけど、この2年を大きく成長させてくれたいぶきがいます。

世界に飛び立つことは出来なかったけれど、世界を掘り下げて「ここ」でも学ぶことが出来ると知った深い2年。

旦那に出会う前に、私は海外の仕事を探していて、海外の美容師の仕事を紹介してもらい、面接までしに東京まで行き、さぁ羽ばたこう! と思った時に、旦那と出会い電撃結婚しました。

世界で暮らして来たみんなの生活は輝いていて、羨ましくもなりますが、私が「ここ」で過ごした2年も、かけがえのない日々で、輝いていたと言えるから、私にはベストな選択。

いぶきがいない生活なんて、今はもう考えられない。(あっ、旦那もね。(笑))

9年前の熱い夏を思い出しながら、みんなそれぞれに素晴らしい9年を選択して過ごしてきたんだな。

やっぱりこれからも今が一番「最高」と思って、過ごしたいです。


女心


今日は朝からいぶきと二人でモーニング。

コーヒープラス、玉子のハンバーガーとポテトサラダとプチヨーグルトが付いて400円(ドリンク代のみ)はいいですよね。名古屋の特権かな。


母子だけでモーニングしてる人は私以外にも二組程いました。

まぁどこも一緒です。子供のジッと出来る時間なんて30分も持ちません。

それでも一瞬、オシャレなカフェで美味しいコーヒーが飲めたら、子育てから解放された気になるのでしょう。


昨日はアロマの仕事のお手伝いに行きました。

アロマの先生は気配りの利く方で、視界に入る物は可愛くしたり、細かい所まで気を遣っているので感心します。

私もヘアメイクの仕事で、花を飾ったり香りを漂わせたりしながらやってみようと参考になりました。


最近、旦那が咳き込んでいて、ライブも間近にあるので咽喉に効果のある精油をブレンドしてもらいました。

家の中では心を落ち着かせてくれるラベンダーを焚いてみようと思います。

精油の効果がどれぐらいあるのか、旦那の体を借りながら、試したいです(笑)

薬はなるべく使いたくないですからね。

上手にアロマを生活に取り入れていけるといいな。

花の香りを嗅いだからでしょうか、少し女らしくなりたいなぁと思いました。

午後からは吉村医院でお産した友達を訪ねると、「幸せな、気持ちのいいお産だった」とのこと。


女は素晴らしい。

女は美しい。


「女」がキーワードになった一日。少しは女らしくなれるかな。

お父さんの居場所



昨日は家族と、ボランティアの方が集まってメッセンジャーの発送作業をしてきました。

いぶきもノリを塗ってみたりとお手伝い。

現在は三ヶ月に一度の発行ですが、旦那はそれでも忙しく、講演会や打ち合わせ、取材、本の出版に、ホノルルツアーの引率や管理。

何だかバタバタと常に慌てていて、落ち着きがありません。

家族でゆっくりご飯食べたり、散歩したりしたいだけなんだけど、「ゆっくり」がとても難しい現状です。


お父さんの不在が多い我が家では、チャイルドシートの取り付け、三輪車やタンスの組み立て作業。

力仕事も、アウトドアだって私の役割。

私も嫌いじゃないからいいんだけど、でもお父さんにしか出来ない役割があって、それだけは私が奪いたくはないんです。

いぶきにとっての「大好きなお父さん」「頼れるお父さん」

そういぶきが思う、お父さんにしか出来ない役割を、私が奪わないように。

家族の為に仕事してるお父さんじゃなくて、いぶきが大好きな瞬間のお父さんは、お父さんにしかない特権であって欲しい。

「かぁちゃん、かぁちゃん」のいぶきですが、忙しくていないお父さんにもお父さんの居場所は残しておいてあげたいです。



赤いフンドシ



今日はいぶきが父ちゃんのタンスから靴下や海パンを出しては履いていたり、赤いフンドシを見つけて着けてくれと持ってきました。

いぶきはエプロンのようにフンドシを巻き付けて遊んでいます(笑)

最強の文字が見えますか?

赤いフンドシの歌(どんな歌だ…)を歌いながら、旦那が最後にフンドシを見せるパフォーマンス!?をしていたんです(^_^;)
若干ひいていたけど、いぶきならかわいいな(笑)



今日は、試験勉強でサボっていた主婦業の穴埋めをするように、大掃除並みに掃除をしました。

いぶきとたくさん遊び、いぶきの持ち物に裁縫も。

形になっていくのが楽しくて、愛着が湧いていきます。

私も小学校一年生の頃、新しい持ち物に母親が刺繍をしてくれました。

それが気に入らなくて、学校に持っていくのが嫌でケンカしたのを覚えています。

次の日には私の好きな花のワッペンをつけてくれました。

今思えば、ワッペンを着けるよりも手作りで付けてくれた刺繍の方が時間もかかっただろうし、子供の喜ぶ顔を見たくて頑張ってくれただろうに。。

「こんなのイヤだ」と言った私。

ひどいことしたなぁ。

いつかいぶきに言われるんだろうな。


愛情込めて作ったものでも、私も次の日にはいぶきの好きなものを付けてあげたいな。

時間がふってきた!?


最近の生活は、いぶきを夜の8時に寝かしつけてから10時過ぎまで勉強。

朝は5時に起きて、いぶきが起きてくるまでの時間を勉強時間にしていました。

試験も終わったけれど、朝の5時に起きる癖が直らなくて、今日は朝から裁縫しました。

5時はまだ真っ暗。

太陽が昇るのを眺めながら、チクチクといぶきの託児に持っていく手荷物に刺繍をしていました。

旦那も寝ていて、一人だけの静かな時間。

心が穏やかになります♪

時間はやっぱり作るものですね。


これからは、夜いぶきを寝かしつけてから、自分の夢だった絵本を作っていきたいです。


お金も時間も、大切に遣いたいですね。

つかえる時間があることがワクワクします。


放心状態



今日はアロマの試験でした。

じいちゃんばあちゃんの家に、熱のあるいぶきを預けて少し早めに家を出ました。

旦那とモーニングしながら勉強。

旦那は秋頃出版される本の直しをしていました。

ちなみに、旦那が手を挙げてる写真は私が撮ったものですが、本に使ってもらえるなんて光栄です♪

プロから見たら、ピントがずれてるかもしれないけれど。。



試験が終わった途端に頭が痛くなり、如何に気持ちがはっていたかわかりました。

それとも、使いなれない頭を使いすぎたのか。

試験は、、あれだけ勉強したのに…。 全く、…って感じです。

あぁ、ブログに試験があるなんて書かなきゃ良かった(笑) こっそり受ければ良かったな。

何にしろ、今日から時間がいっぱい。

育児中でも、たくさん時間があることがわかりました。

待たせたいぶきを抱き締めてあげよう。

いぶきには頑張ってるお母さんじゃなくて、楽しんでるお母さんじゃなくて、

ただのお母さん。

いぶきを抱き締めてくれるお母さん。

そうあってね、と求められてる気がした昨日。

今日からはいぶきの望むお母さん。


私が望むお母さん像じゃなく、いぶきが望むお母さんになりたいです。




夢を前に


やっと明日がアロマの試験。

カンボジアにも勉強道具を持っていき、いぶきを寝かしつけてから勉強してたっけ。

ブログも何となくだけど書いてこれたし、いぶきとの時間も大切にしようと一日に一回はいぶきを連れて公園や支援センターに行ってました。

頑張った、頑張った!というのは自己満足で、いぶきはさみしかっただろうな。

今日は家族で天然酵母のパン屋さんに食べに行き、優雅な時間を過ごしてましたが、帰りの車でいぶきが吐きました。

風邪気味だったけど、母親の緊張感やら、何かを感じていたのかな。

いぶきには、「こちらを見て」と今日までも何度も言われてきた気がします。

嘔吐が続き咳も止まらなかったので病院に行きました。

明日は試験。今日までたくさん勉強をし、お金も費やしたけど、明日が苦しそうなら諦めよう。


母親の予定は、あってないようなものです。

寝かしてから勉強しようとしてたって、予定通り寝てもくれないし、予想外のことがあり、片付けやら掃除が増えたり。

子供の体調が崩れたら予定は全てキャンセル。

夢も子供がいるからあきらめなきゃいけない。


そんなふうにだけは思いたくないです。

いぶきがいたから見られる夢があって、いぶきが頑張ってくれたから受講出来ました。

今日まで頑張ってきたのはお母さんじゃなくて、いぶきだね。

自分勝手に見ている夢に、「頑張ってる」なんて家族に言うなんて恩着せがましいね。

夢を見るとき、頑張ってるのは本人じゃなくて、支えてくれてる家族なんだと感じた一日。

ありがとう。

カンボジアから届いた手紙



勉強の合間に、抹茶を飲みながら休憩中。

旦那の実家でいぶきを見てもらいながら、私は別室で勉強。

その間に、お義母さんが抹茶をたててくれました。

とても有り難いです♪
美味しい抹茶と優雅な時間。

試験は受かるか微妙ですが、子育てしながらここまで勉強出来た自分を、今後も自信にしていけそうです。


今日は、カンボジアの子供達から手紙が届きました。

みんなきれいに絵を書いて、カンボジアと日本が手を繋いでいます。


ティウロンの活動でも、産業となるゴムの木を植林しています。

自立出来るようにと、お金をそのまま支援して、依存にならないようにと。。

でも、私の言い方、なんだか偉そうな感じじゃない?と思いました。


先進国と途上国でも、手を差し伸べる立場じゃなくて、みんな平等に手を繋ぐ立場なんじゃないかな。

途上国の人々が、東北の震災以降に募金活動をしてくれたと聞きます。

お金があるないじゃなくて、想いがあるかないかで繋いでくれた手。

しっかり大切にしたいなと思うと同時に、子供達のピュアさに心が洗われました。

さぁ、試験まで後三日。いぶきといっぱい遊んで、夜はいっぱい勉強するぞ!!

我が家の父ちゃん



アロマの試験まで後少し。
勉強は、我ながら子育てしながらよくやってると思います。。が、他の人に比べたら、やっぱり出来る時間はありません。


いぶきに負担をあまりかけたくないので、必ずいぶきとどこかに出掛けます。

そんな私のために、旦那がいぶきを連れて予防接種に行ってくれました。

不馴れな?ことを任せたので、旦那も落ち着かないのか、いぶきは注射も泣かずにいい子にしていたそうですが、旦那が先生から「お父さん、お口にチャックね」と言われたそうです(笑)

いぶきの服を着替えさてくれても、前後逆になってたり、裏表が逆になってます。オムツ替えは、大体前後逆に着せてくれます。今日はオムツ替えでベッドのシーツにうんちをベッタリつけてくれました。

旦那は基本優しいのですが、忙しい私は笑ってあげる余裕がありません。(笑)
イライラしない子育ての本なんかは、旦那にあてはめて読んでいます。


いぶきには寛大でいられますが、私は旦那には小さいなぁ。


一生懸命手伝おうとしてくれてる旦那に感謝しなくちゃな。

育児は誉めて育てるのが一番だそうですね。

旦那も誉めてあげなくちゃ!?

一期一会を大切に


ここ最近、「命」に触れることが多かったです。

亡くなった仲間の挨拶に行ってから、いぶきは天井を「あっ!!」と言っては指差したり、天井を見上げながら「バイバイ」と言います。

いぶきにはこの世に宿っていない命も見えるのかな?なんて思ったり。


命と向き合って、不謹慎かもしれないけれど、また命が産みたいとも思いました。

やっぱり命ってすばらしいなぁって。

お腹に宿ったとき、安定するまでは人に言いづらいけど、今度は安定期に入る前でもみんなに聞いてもらいたいな。

流産した赤ちゃんは、亡くなった命をたくさんの人に惜しんでもらうよりも、宿ったときにたくさんの人に喜んでもらいたかったんじゃないかなって思ったから。


生きてきた命も同じで、一緒に過ごせたことを喜んでいて欲しいだろうな。


ヒッチハイクの人との出会いや、旅先での出会い。
一期一会を感じるときはたくさんあるけど、「またね」って言ってから、またがないことを経験して、毎日が一期一会なんだと改めて実感。 大切にします。


昨年のホノルルマラソンで一緒に走った仲間のともちゃんが、イベント企画をしています。

ともちゃんもとっても輝いていた仲間の一人。

是非お近くのかた遊びにいらして下さい。



10月16日

てんつくマン講演会のお知らせです。



詳細の前に、
私のてんつくマン講演会の思い出を、よかったら読んでください。



3年前、私は乳ガンを患いました。

闘病中に、
偶然、てんつくマンが自宅近くの清水港へやってきました。

杉浦貴之さんが、度々てんつくマンを紹介していて、私もてんつくマンに会ってみたいと思いました。

この時、思いきって主催者さんへ、ボランティアスタッフ希望で会いに行きましたが、その時はお手伝いができませんでした。


参加した講演会の、てんつくマンの言葉です。

『目の前にあるのは、
壁じゃなくて階段だよ~』

立ち止まっていた私は、この時、一歩踏み出す勇気をもらいました。

もちろん書き下ろしもしていただきました。

『空が青いぞ、ワハハハ
花がきれいだ、ワハハハ
今日も生きてるワハハハ
そのシンプルが幸せ育てる』

この言葉の風景を、約1年後に、参加したホノルルマラソンで感じることができて、物凄く感激しました!!

そして、今回、スタッフとして参加します!

思い描いたことが、本当に現実になり、ワクワクしています〓〓〓

今、アトピーやガン、病気で辛いかた、

てんつくまんに会うと元気がもらえますよ~〓〓〓

みんなで会いにいきましょう〓〓

10月16日(日)

開場、1時10分
開始、1時30分~5時

会場、ホテル町田ヴィラ1階

東京都町田市森野1-20-10

会費、大人3000円、

中学生以下1000円、


書き下ろしイベントあり。
申込方法

kouen@renoa.net宛へ

①お名前、人数
②書き下ろしの希望の方のお名前
③連絡先
④合計金額

メール又は、

042-726-5003へFAXを送ってください。

主催は、
ちゃちゃねぇこと、

アトピーくらぶれのあです。
よろしくお願いします。

我が子は天才



今日も英会話託児。

教室の前に行くと暴れるいぶき。

お母さんと離れるのが嫌だと思っていたけど、この場所が嫌なのかな?


昨日は上映中、託児があったので連れていくと、みんなワンワン泣いてる中、泣かずにマイペースに遊んでいたそう。

カンボジアでも、言葉も環境も違って知らない外国人ばかりの中楽しんでいたけど。。


「ハロー(英会話教室)に行く?」と聞くと首をふります。

教室の前で散々泣いてたから、心配して早めに迎えに行くと、遊びに夢中で帰りたくなかったり。。

いぶきがわからない(笑)

最近のいぶきはお絵描きに夢中で、一時間ぐらいずっと一人の世界に入り、五ミリ程の小さな渦をたくさん描いてます。

宇宙みたいだね!と誉めると、「うっちゅう、うっちゅう♪」だって。何だと思ってるんだろう。

親からはどんな小さなことでも天才に見える。

我が子は天才。個性は才能。

親ぐらい信じてあげたらいいですよね。

テレビにまでボールペンで落書きされ、芸能人の顔も傷だらけですが、、我が子は天才。まぁいっか(笑)

うまれる


今は試験前で、ただでさえあまり時間が無いと言うのに、どうしても観たい映画があって、家族で観に行きました。

旦那もメッセンジャーの締切前。

それでも観たかった映画は「うまれる」というドキュメンタリー映画です。


産まれる命と産まれない命。

生まれてからも障害があったりと、命が当たり前でないことを思い出させてくれます。

産まれる選択は、生きる選択と言ってました。

親が場所を選択する訳ですが、親にとっても 赤ちゃんにとっても安心して気持ちいい場所を選んであげたいです。

その場所の価値観はそれぞれに違いますが、お母さんの精神的不安を抱えない場所。

私にとっては、吉村医院だっただけで、自然分娩が絶対とは思っていません。

みんな決死の覚悟でお産に向き合います。それはみんな同じ。


あるお母さんは大きな障害があっても産むことを選択して、小さな赤ちゃんが障害を持って産まれていたけれど、その映像を観ながら感じました。


身体には障害があって「障害者」と言われても、命に「障害者」はない。

命は変わらず重たい、価値ある命。

小さくても、短くても、障害があっても無くても、みんな同じ「命」です。


お産シーンよりも涙が出たのは、エコーで映る赤ちゃんの心音が動いているのを夫婦で確認しているシーン。

この時、私達の二人目の赤ちゃんは動いていなかったから。


赤ちゃんがお腹に居た頃、意識があったのかわかりません。

でもその時の赤ちゃんが、「命は短くてもあなた達を選ぶよ。」 と言って宿ってくれたのかなって思ったら、母は楽になります。

楽になるための、母親のこじつけだとしても、私は短い時間を共有出来たと信じたいです。

やっぱり宿った時点で、重たい重たい命です。

お産してる時の気持ちになれて、気持ち良かったです。

FC2Ad