ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

今年もありがとうございました


今年も、毎日が盛りだくさんの毎日でした。

この1年で歩けなかった子が走り回れるように成長してるから感謝です。


今日はこれから旦那の実家へ。

旦那は来年が厄年と言うことで、神社でお役目があるそうです。

来年、旦那は役年(厄年)。

お役にたてるといいです。

災害などで悲しいこともたくさんあったけど、来年は暖かな穏やかな1年でありますように。

今年も皆様 お世話になりました。

来年は新しい我が家で、新たな環境。新たな仕事にワクワクいっぱいです。

笑顔でスタートをきりたいです♪

皆様よいお年を!

スポンサーサイト

人生と言える仕事


昨晩、いぶきのお腹がギュルギュル鳴り出して、嘔吐が止まりませんでした。

何枚もパジャマを汚して、ベッドのシーツもたくさん汚れました。

昨日はラーメンに納豆。色々消化が悪いものをたくさん食べました。

熱はなかったので、消化不良だったと思います。

胃の中が空っぽになるまで吐いたらスッキリしたようです。

今回は旦那も居たので助かりましたが、よく旦那がいない時に吐いたり、高熱を出したりします。

私の服も汚れますが、泣いてるいぶきは私から離れてくれないので、なかなか着替えるだけでも大変。

昨日はベッドで横にすると吐くので、私が抱きながら座ったまま寝ました。

しかも今日は新しい仕事の打ち合わせがあったため、いぶきの体調が心配でした。

いつも大切な日の前夜に何かあり、試されてるようです。

そんなに大切なの?って。

ランチにコンサート、楽しみにしていても、いぶきが体調を崩せば当たり前だけどキャンセルしてきました。

いぶきを抱きながら、横で寝る旦那を見て、予定をキャンセルすることはない旦那をいいなぁと思ってみたり。。

いぶきは一晩寝たら元気になりました。

お陰で仕事の打ち合わせにも行けました。

人情が厚く、優しいカフェのママさんに出逢い、そのカフェで月一でメイク教室を開くことになりました。

皆さん興味がある方は遊びにいらして下さいね。 また案内します。


子育てしながら出逢える仕事は、いぶきを大切な気持ちを尊重してくれて、また母だけでない私の人生も尊重してくれます。

生活のための仕事でなく、この仕事を人生と言えるような仕事がしたいです。

仕事出来る時は限られていても、限られているからこそ想いを込めて。

打ち合わせで、ママさんにメイクをさせて頂きましたが、メイク後に表情が変わりました。

美しくなった人は、自信から表情が明るくなります。

表情が変わると、出逢いが変わり、人生も変わると思います。

ママさんの素敵な笑顔を見て、私は笑顔のためのお手伝いがしたいんだなぁと再認識しました。

元気になったいぶきのお陰で、今日はとても楽しかったです。

来年もみんなが楽しい生活を送るために、体調管理を大切にします♪


小さな目標


最近はいぶきを託児や実家に預けて、旦那と集中して引越しの片付け。

それでもなかなか終わらない。。

片付けていても、生活するために必要なものもあるし、いぶきは色々とあさってくれるし。

幼子連れてみんな引越ししてるけどすごいなぁ。

我が家は相変わらず年賀状も作れなくて、やっと住所や電話番号がわかり、そろそろ本気で作らないと…ってことで、取り合えず年賀状に貼る写真を選択。

何とか形になりました。

後はいぶきが寝てからゆっくり宛名書きをしよう。

先日、ブログにシークレットでコメントをくれた方が、私のブログを見ていて「これでいいんだなぁ~」と思えたと書いてくれました。

すごく嬉しかったです♪

立派なお母さんねって誉められるより、このいい加減な私を見て、「あぁ、手をぬいていいんだ」なんて思ってもらえたら、ブログ書いてる意味がある~♪(笑)

手をかけるよりも、信頼して見守ることの方が大切だとも聞きました。

危ないから、汚れるから何もさせないんじゃなくて、とことん体験させることが経験として自信になるから。

髪の毛も服も納豆まみれになりながらご飯を食べてるいぶきも、これが育っている証拠と思えば「まぁいっか」

命に関わらない限り、「まぁいっか」なのかもしれません。

何でも自分でさせている保育園では、やっぱり出来るようになるのも自立も早いそうです。

早いのがいいわけじゃなくて、やらなきゃ出来ないってこと。

何でもやってあげるお母さんの優しさが、子供の好奇心や可能性を奪ってしまうことがあるのかもしれません。

先日は、ハサミで一時間集中して遊び、昨日は一時間鉛筆けずりで鉛筆を削っていました。

今日は一緒におにぎりも握りました。

思っている以上に子供は器用ですね。

来年はたくさん一緒に家事に参加してもらって、、テレビに託児させないことが目標です。。

来年も笑おう


昨日は予定がなくなったので、急遽家族でインテリアを見に名古屋のPARCOまで行きました。

名古屋でショッピングなんて久し振りです。

家族で過ごす日は、ほとんど田舎へ、自然がある場所を選んできました。

テンションがあがりながら、ワクワクインテリアを見ようと思っていた矢先、いぶきのかけっこが始まりました。

ガラスなんかもあるからハラハラ追いかけつつ、旦那の協力あって、雑貨を選ぶことが出来ました。

今度の家には自分の部屋が出来るから、アンティークな照明と鏡に椅子を買ってもらいました♪

思っていたより安く購入出来たし、大変だったけど大満足。

私の部屋では、アロマやヘアメイクが出来るといいな♪

いぶきにも、両家のおじいちゃんおばあちゃんにもらったクリスマスプレゼントのお駄賃で、いぶきの部屋の雑貨を購入。

部屋が増えるのは本当に嬉しいけれど、もう1つ嬉しい理由があります。

それは、ホームステイの受け入れが出来ること。

今まで、私は海外に一人旅していた時は、全てホームステイでした。

色々な国の文化や人に触れられることが楽しかったです。

今度は、私がお返ししたいから。


いつもお世話になっているNGOオイスカ(豊田)は、途上国20ヵ国程から人が集まり、日本の農業技術などを教え、国の指導者となれるよう育成している団体。

オイスカのゴールデン・ウィークやお盆休みに、ホームステイ先を募集しているので、受け入れが出来るといいな。

いぶきにも刺激になるだろうし。

私はオイスカの研修生が日本にいる間に仲良くなり、国に帰ったときに遊びに行かせてもらったりしていました。

物質支援でなくて、自立出来るようにと支援を続けているオイスカは素晴らしいと思います。

宗教も文化も違う人々が集まって、日本のテレビでは紛争していた国同士とだって、そこではみんな一緒に勉強してるんだから。

マスコミだけの情報でなくて、自分の目で見ることの大切さもいぶきには伝わるかな。

物質的に恵まれてる日本の感覚で、不幸せと思う国の人々が「幸せ」って笑ってたら、幸せって何?って思いますね。

情報が「答え」でなく、自分で答えを探せる人であって欲しい。

いぶき、来年もたくさん「幸せ」って笑ってる人に会いに行こうね。

素敵なお嫁さん


今日は歌手の森源(源太)ちゃんの奥さま、えみこさんのブログ「http://blog.m.livedoor.jp/emikosgarage/index.cgi」を読んでいて感動。

まぁ、なんて旦那さん想いで出来た嫁なんだろう。

こんなに出来たお嫁さんを旦那に見せたらなんて言われるか(笑)

私も武士の嫁のような女性になりたいと思っていたのに、、。

実際は、旦那に鬼嫁として、ネタにされてます(^_^;)

えみこさんは、心はそばで寄り添いながら、程よい距離で源ちゃんを見守れる強くて優しい素晴らしいお嫁さん。

あぁ、私もこんな嫁になりたいのに、そばで文句ばかり言ってる口うるさい嫁。

ほんと反省。。


なかなか変われませんが。


昨日は大病を患った方から、旦那の本をパラパラ見ながらこんなことを言われました。

「命はあっけないよ」と。

もちろん、命のはかなさも知ったうえでのメッセージ。

旦那はきっと、万人のために書いたのでなく、当時の自分のように苦しむ人を救う支えになれたならと、それが少なかろうと本望だと思うのです。

旦那の亡くなることも考え、自立出来るように(食べていけるように)とも言われました。


私は旦那に出会う前から、手に職を持ち、自分で生きていけるようにと考えていたし、今だって旦那に食べさせてもらって生きていこうなんてさらさら思っていません。

旦那にはそんなに働かなくていいといつも言っています。

私が働いたっていいんです。


ただ、私は旦那の命を信じています。

疑ったことは一度もありません。

感謝しながら一日一日を過ごした方が、心配に心配に過ごした一日よりも幸せでしょう。

私は、自分が憧れた武士の嫁のような強さや優しさはありません。

でも、旦那の命を信じられる自分と、旦那に依存しない自分は、やっぱりこの人には一番の嫁だと思います。

それはお互いに、私もこの旦那でなくては、私らしくはいられません。

みんなみんな、やっぱり自分に合うべき人がいて、その人にとってはこの自分でしかいけないんです。

少々口うるさい私も、おっちょこちょいの旦那もそのままでなくちゃ。


信頼すること。

それは見失わないように。

私はこれからもずっと旦那の命を信じ、支えていきます。

えみこさんのブログから、夫婦のあり方を振り返られた今日。ありがとう。

まさかの選択?ベストな選択


雪の中、豊橋まで学校の仕事の打合せに行きました。

電車の中では時間を有効にと思ってブログを書いていましたが、外を見れば雪景色。

きれいな景色を眺めない方がもったいない。

時間を有効につかうことを重視して、もしかしたらもったいないこともたくさんしてるのかも。

予定をたくさん入れて、たくさんの人に会うよりも、一人の人とじっくり話す時間があってもいい。

有効な時間よりも、深く有意義な時間を心掛けよう。

今日はいぶきを英会話に預ける時間まで、家族でモーニングをしに行きました。

私の頼んだのはカフェオレ。いつものっていないクリームが付いていたので聞いてみると、旦那の注文した物へのトッピングが間違えて私についてしまったようで。

それなら別に構わないと、それを二人とも飲んでモーニングも食べたのに、二人分のお会計を今回は支払わなくていいとのこと。

完食したし払いますと言いましたが、「また来てくれたらいいです」とただでモーニングをしちゃいました♪

常連客というのもあったかな。なんかラッキー。

いぶきも今年最後の英会話(託児)を終えました。

来年の夏ぐらいからは週に二回でもいいかな。

一般的には、来年の秋までに保育園を決める時期ですが、どうなることやら。

何にしろたくましく育ついぶきを、来年もまたこうしてそばで眺めていられたら幸せです。

まさか今年、まさか今月に引越しも決めると思わなかったように、私達家族は「まさか」が多いので(笑)

その時のベストは、その時にしかわかりません。


アンテナを張りながら、たくさんの情報の中から、私達らしい選択をしていきます。


メリークリスマス




今日は杉浦家でクリスマスパーティー。

イギリスからいぶきの従姉妹も帰ってきて、賑やかなパーティーでした。

子供達のプレゼントはサプライズ。子供達がいない間にプレゼントを設置して、部屋を開けた瞬間にプレゼント目掛けて走ります。

いぶきは大好きなアンパンマングッズに喜んでいました。

親達も子供の笑顔をおさめたくて、カメラをかまえてみんな必死。

でもなかなか写真は撮れませんね。

サプライズでサンタの格好でプレゼントを届けてくれる人や、郵送でプレゼントを贈ってくれる人。

サンタがいっぱいいてくれて、いぶきは幸せです。

ありがとうございました。

私にも、インドの里子から手紙が届きました。

いつも手紙には絵が描いてあるんですが、必ず太陽が描かれています。

ティウロンの子供に「忘れないでね」と言った時、「もちろん。あさひはいつもここにいるから」って、太陽を指差したんです。

インドの里子もそんな気持ちだといいな。

みんなが幸せなクリスマスを過ごしていますように☆


みんな友達



昨日は親子ヨガのイベントに参加しました。

手遊びや歌などもあって、いぶきも楽しんでいました。

最近のいぶきはよく語尾に「ねぇ~」とつけます。

私の口癖ですが、いぶきが言うとかわいい。

「とうちゃん、ねぇ~!」
と、とうちゃん困っちゃうね~みたいな口調をするときは、私がよく言ってるんだ!と反省(笑)。

言葉が増えて、表情も仕草も増えて、ますます面白いです。

先日は、買い物中に白人さん家族とすれ違いました。

小さないぶきぐらいの白人の女の子を追いかけ、「ハロー」「ヌ・モーニング(グッドモーニング)」と話し掛けていました。

いぶきには、感覚で英語と日本語を使い分けているようで、外人さんにはこうやって話し掛けています。

二歳の子に、外人さんには英語で話すんだということがわかるんですね。

英語を話す話さないじゃなくて、小さないぶきに視野が拡がっていることが嬉しいです。

そして、肌の色が違う子にも躊躇せず、友達になろうとすること、それが一番嬉しいかも。

さて、いぶきがそろそろ起きる時間。

サンタさんのクリスマスプレゼントにどんな反応をするのか楽しみです♪

引越し決めた!

思い立ったら即行動の我が家。

キャンピングカーも、旅も引越しも結婚も!?気持ちがマックスになった時に、行動です。

普段はあまりお金を遣わない夫婦ですが、一回の出費が多いだけに、節約が上手いのか下手なのかわかりませんが、自分達に今必要な物を選択出来てると思いたいです。。


今日も物件を見に行きました。

今の家を決めた時は、旦那とは遠距離で更に電撃結婚だったので、物件さがしをする暇はなく、この家を一件見ただけでここに決定。

でも新しくて、場所も住みやすかったです。

何より周りの人がいい。
同じアパートの住人さんとは程よい距離で、アパートの隣の家のおばさんは、「いぶきちゃん」「あさひさん」と名前で呼んでくれます。

いつも話し掛けてくれて、野菜をくれたり。

反対隣の畑のおじさんも、とれた野菜をくれたりしました。

場所も大切だけど、人も大切ですよね。

新婚生活に、産後の生活、思い出がいっぱいだから名残惜しい感じもします。

今回決めたアパートも、隣人さんが優しそうで、大家さんもいい人でした。

我が家のキャンピングカーのために、駐車場を広くしてくれるとのこと。

ありがたいです。

部屋数が増えますが、今より古い物件になります。

それでもリフォームされていて、広く使えるし収納もたくさんあるので嬉しいです。

片付けは、片付ける横でいぶきがダンボールに閉まったものをあさるので、あまり片付けになりませんが、インテリアとかを考えるとワクワクしちゃいます。

引っ越すアパートは、目の前が大きな公園。

いぶきもたくましく育てられるかな。

ワクワクしてる間に、色々と面倒手続きなどを片付けます。

ママ会



吉村ママさん達と鍋をしました。

子供達は二歳になって、子供なりに交流をとりながら、ケンカしながら遊んでいます。

子供同士でケラケラ笑ってる時は、会話が成立してるのかな?何が面白いのか、笑い合ってる子供達の小さな社会がありました。


妊婦の時からの友達だから気楽で、ケンカしててもママさんの顔色を見ないといけないこともなく楽です。(笑)

子供達はとても賑やかでしたが、ママ達の話しは育児の参考になるし、手抜きで美味しい料理とか教えてもらったりで楽しい。

昼御飯は、子供にも「おにぎりだけだよ~」とか、「納豆だけ」とか話してると、みんな手を抜いてるんだってほっとします。

ママを肯定してくれるのは、やっぱりママ達。

家ではやって当たり前の家事や育児も、大変さをわかるから共感してくれるし、子供達の成長も一緒に喜べます。

疲れてしまうママは、そんな友達が一人でもいるといいなぁ。

疲れてしまう人こそ、しっかりやってる人だから。
ママを肯定してくれる場所があれば、殻に閉じこもることもないだろうし。

大丈夫だよ~って、声を掛け合いながら、楽しんで子育てしたいですね。


さぁ、今日は物件さがし。
引っ越すなら年賀状に住所変更も書きたいからと、年賀状も作っていません。

年末年始に引越しで、年賀状もあってでバタバタになりそう。

だけどワクワク、夢いっぱいです。

物件さがし

今、賃貸の物件探しを楽しんでいます。

田舎がいいと言いながら、便利な環境を選んでる自分達に、もう一度問いかけています。

どんな環境で、どんなふうに生活し、子育てがしたいのか。

部屋がもう1つ欲しい。物を置く充分なスペースが欲しい。。

いぶきが大きくなるにつれて、今のアパートでは小さくて物件を探し始めました。

これならきれいな方がいい。お風呂には追い焚きがある方がいい。

なんて言ってたら、テレビでブータンの生活がやってました。

ティウロン(アジア)の田舎暮らしのように、一つの部屋で家族が寄り添い生活してました。

ティウロンでは、池で水浴びや洗濯してた私が、「部屋が欲しい。追い焚きが欲しい。」なんて、、。

大事なものを見てきてこれ!?

自分が情けなく感じます。

ブータンでは国民の幸福感が世界1の国。

どんなに豊かな生活をしていたって、与えられない人に本当の豊かさはありません。

ゆとり、豊かさは自分から溢れた愛情だと思います。
底なしの欲。

これでは溢れることもなければ、どれだけあっても満たされない。


幸せのものさしが狂わないように、自分達が感じる「幸せ」をイメージしてみます。

結婚記念日


旦那が無事ホノルルから帰ってきました。

昨日は結婚記念日ということもあって、お祝いムード。

三年前にホノルルマラソンの翌日、仲間に見守られながら幸せな結婚式を挙げたことを思い出しながら、優しくなろうと決めました。

しかし、ホノルルから帰ったその日、洗濯機には大量の洗濯物。それを回すと、ポケットに入っていたキーホルダーや飴、紙が粉々になって出てきました。(何でポケットの中身を出してないの~!)

洗濯機を洗い、粉々の紙がついた洗濯物を片付け、汚くなったベランダを掃除すると、旦那はいぶきにパンを持たせたまま、ベッドの上で遊ばせています。

今度はベッドの上がパンだらけで、ベッドを掃除し布団を干しました。

優しくなると決めたばかりなのに、普段の家事や育児でも大変な私には怒り爆発。

「私に仕事を増やさないで~!」と早速怒ってしまいました。

私が小さいの?

でも、頑張ってますよね!?。。


お祝いがてらクルクル寿司に行くと、旦那がだし巻き玉子を箸でとる始末。

気が緩んでいたそうですが、クルクル寿司では皿ごと取るのが当たり前。

本当にビックリしました(笑)。

旦那はどれも悪気はないんですが、ビックリする行動が多いです。

ユーモアだと、周りの人に笑いを提供してるんだと思おう…

いや、無理だな(笑)

お祝いの日が「相変わらずな今日」でしたが、「特別な今日」を過ごすより幸せなのかもしれません。

「生きててね」と誓ったあの日から、今日も元気でいてくれるんだから。

悪気がないことを、怒っても仕方ないと思いつつ怒ってしまう私は、育児本を旦那と重ねて読んでいます。

「怒らない子育て」。


旦那に優しく、いぶきに接するように育てて!?いきます(笑)


考え中。。


保育園の支援センターに遊びに行きました。

保育園と、いぶきが週一で通ってる英会話の保育園。

どちらがいいかなと考えていました。

保育園には保育園の良さがあり、英会話は英会話でいぶきは友達も出来て楽しそう。

両方行けばいいのかと、保育園に相談しましたが、週3なんかで通うと、行事に参加出来ないこともあるから、さみしくないかと教えてくれました。

確かに、それもかわいそうだし、来年あたり本人が一番行きたい場所を聞いてみます。

沖縄の方では1年保育だったりして、3~4歳の子供は支援センターで一日親子で過ごしたりすると聞きました。

この辺りの地域では三年保育が普通ですが、「普通」が全て幸せであるとは限りません。


「お母さんが子供さんを想って、悩んだ末に出した答えなら、それが一番いいと思います。」と先生がおっしゃいました。


子供はどこでも育つたくましさがありますが、子供が「楽しく」育つ場所をいぶきと探していきます。

それが、保育園なのか、フリースクールなのか、家庭や旅かわからないけれど、形ある場所にとらわれず、私も柔軟な気持ちでいたいです。


今日は旦那がホノルルから帰って来る日。

笑顔で迎えよう。

いぶきも私も旦那も、保育園や仕事が楽しめることは大切ですが、一番大切な家庭を居心地いいものにしたいです。

生活改善


今日はアロマの講習の為、いぶきを近所の託児所に預けました。

昨日も英会話(託児)。

いぶきに申し訳ないなぁと思いながら、託児所に行くと、ダッシュで託児所に入って行きます。

振り向きもせず、友達やオモチャに夢中で、いぶきにストレスは無さそうだけど…。

私は、保育園にあがるまで、もう少しゆっくりいぶきと過ごしたいなぁ…と、自分で忙しくしときながら、私の方がさみしくなってしまいました。

アロマに、仕事に、講演会。色々な準備や打ち合わせを考えると、いつの間にか予定がビッシリ。

のんびり気持ちにゆとりを持ちたいです。

来年はもう少しのんびりと、いぶきとの時間を楽しみます。

それが気掛かり?、忙しくてストレス??、突然喉が乾燥して、咳が止まらなくなりました。 (ストレスが原因もあると聞いたので)

暖房が入った室内や、車中で、突然咳が出ます。

アレルギーのような感じで、普段は何ともないんですが、突然。咳き込み過ぎてもどしそうになる程。

病院に行こうかなって思っていたけど、「病院に行っても薬をくれるだけだから、咳が出ない体質にする方がいい」と、善玉菌を増やす食事を意識して、悪玉菌を増やす食事は控えた方がいいと、アロマの先生が食事療法を教えてくれました。

身体全体が乾燥してるのもあるから、水分をもっと取る方がいいと。


確かに病院は、原因を取り払う訳でなく、痛みを緩和させる薬をくれます。

原因に目を向けてなかったです。

そんな意味も含めて、生活を見直してみます。



ホノルルマラソン当日


今日はチームメッセンジャーのメンバーとモーニング。いぶきは飽きてくると店内を走り回るので追いかけるのが大変です。

ラムネを持って走り出したかと思ったら、違うテーブルを一つずつ回りながら、お客さんにラムネを一粒ずつ配って回っていました。

みんな笑顔で受け取ってくれて、嬉しかったです。

今日はホノルルマラソンということで、日本にいるチームメッセンジャーのメンバーも早朝から走っていましたが、私といぶきはモーニングからの参加でした。

モーニング中にも現地の仲間達の声が、メーリングで送られてきます。

旦那はこまめにメールや電話をくれました。

同じ空気を感じながら、去年を思い出しながら、色々な話を皆さんもされてました。

旦那は最後尾で盲目の少女わかなちゃんと一緒にゴールをしたそうです。

十四時間かけてのゴール。

旦那は足が痛くて、ゴール後は歩けなくなってしまったそうですが、無事にゴール出来て良かったです。

きっとたくさんのドラマがあったんじゃないかな。

やっぱり日本で感じるんじゃなくて、現地に居たかったな。。 と思ったので、来年は付いていこう。

来年はティウロンにも行きたいし、お互いの夢を叶えるために頑張ってお金をためます。

生活の中に、旅が加わるとモチベーションがあがります。

夢は楽しくなくちゃ。

いぶきを英会話に預けて、友達とランチした場所がハワイのような雰囲気で、気持ちだけは近づけました(笑)


お母さんたちの幸せが



今日は、いぶきと二人で子供向けの音楽会に参加しました。

管楽器などの演奏をジッと見つめていました。

みんな子供の為に参加してるお母さん達ばかりのはずが、ずっと子供に怒っているお母さんがいました。

子供さんは五歳ぐらいかな。

お母さんに甘えたそうでしたが、何だか怒られてばかり。

とてもお利口にしているのに、怒られてしまうことをしたのかな。

そこに座っていなさいと子供を椅子に座らせて、お母さんは全く違う場所で一人座っていて、子供がお母さんの席に来るとまた子供から離れるように違う場所に座りにいきます。

お母さんのそばにいたいんじゃないかなぁと思いながら、子供さんもお母さんも可愛そうに見えてしまいました。


子供のためのイベントに参加するということは、子供を楽しませたいはず。

でも、近くにいるとイライラしちゃうお母さん。


子供はお母さんの顔色を伺うように、お母さんといました。


たまたま見かけた瞬間が、怒っているときばかりだったのかもしれませんが、そのお母さんが幸せいっぱいに、何かを楽しめるといいな。。と、余計なお世話かもしれませんが、感じました。


きっと、子供にイライラしたくないけど、そばにいると怒ってしまうお母さんはたくさんいると思います。

お母さんの性格が悪いんじゃなくて、お母さんにもっと時間やゆとりが出来ればなぁと思います。

自分が子供なら、お母さんには笑っていてほしい。

怒らせたくて、わざと怒られることをしてるわけじゃないから。


子供の為に参加しただろうお母さんの気持ちも、考えると可愛そうでした。

大人と子供だって、人間同士。

喧嘩してわかり合えるならいいと思います。

でも大人の権力ばかりが強くなり、顔色を伺ってばかりの子供になったら、子供は苦しくなるばかり。

お母さんの心境が、子育てに影響します。

お母さんたちに幸せになって欲しいと、 強く思った今日でした。

奇跡の時間


最近のいぶきは、少しだけお姉さんになって、いぶきより小さな子には「いい子いい子」と撫でたり、「かぁいい」とあやしたりしています。

いぶきと同じ歳の子や、上の子には「NO!!」とばかり叫んで、意地悪ですが。。

今日も小さな子に優しく接していたので、安心していたら、急にバケツを小さなお友達の頭にかぶせようとして、、ダッシュで止めました。いぶきの発想や言葉に、ハラハラもしますが毎日面白いです。



今日は旦那から、ハワイに無事に着いたと連絡がありました。

いぶきとの二人生活には慣れているけど、旦那が夕食後に食器を洗ってくれたり、風呂あがりのいぶきの身体をふいてくれることが、すごく有り難いなと感じました。


病でパートナーを亡くされた方がいます。

その方たちの話を聞いて、旦那は一緒にいられる時間が奇跡なんだって言いました。

今回、私達が留守番したことで、私はその奇跡を改めて感じています。

今回私達もハワイに行きたかったけれど、ハワイに行かなくて良かったです。
私が反省するために必要な時間だった気がするから。

素直に旦那に「ごめんね」と「ありがとう」が言えました。

家族って温かい。

一緒に過ごせる時間が少なくても、その温かい空間がいつも私達にはあったんだなと思うと、感謝です。


ホノルルへ出発

今日から旦那はホノルルです。

ガンサバイバーさんや、応援団の方など約60人の引率として、ホノルルマラソンを楽しんで来ることと思います。

私といぶきも行きたかったけれど、今年は留守番。

セントレアまで見送りに行ってきました。

病のある方も、きっと走って元気になって帰って来るはず。

ホノルルまでも、旦那は色々と忙しくなかなか家族の時間はなかったです。

それでも時間がないなりに、精一杯に育児の手伝いも頑張ってくれていました。

待ってばかりの私はさみしく、愚痴も多かったかもしれません。

でも、どんな夢でも旦那を支えるって決めたんだった。

こっそりと手紙を書き、旦那のスーツケースにしまいました。

気付いてくれるだろうか。

旦那が精一杯に頑張ってきた夢に、私は参加できなかったけれど、私もまた家庭という場所を精一杯に支えてきたつもりです。

どうか皆さんの夢が叶いますように。

日本からのエールが届きますように。

旦那が笑顔で帰ってくるのを楽しみに待っています。

保育園の選択


今日は久々に保育園の開放保育?支援センターに行きました。

この保育園は家から近くだし、砂場や遊具で遊べるし、何より先生が指遊びや歌を歌ってくれるので、いぶきは楽しいようです。

ここ最近忙しくて連れていってあげられませんでしたが、張り切って踊る様子を見ると、もっと連れていってあげたいなぁって思いました。

庭も広くて、丘の上にあるため景色もよくて私も気に入ってます。


来年は保育園か幼稚園を決める時期。

旦那も私も保育園はどちらでもいいって考えでしたが、いぶきが楽しんで行ってる英会話を週2で、週3で保育園にしようかな~なんて思って、保育園で聞いてみましたが、週3だけで来るという子はいないらしくて、今確認してもらってます。

色々あってもいいんじゃないかな~なんて思ってますが、いぶきには迷惑かな。

たまに海外に行って、海外にある保育園に行ったりもしたいです。

カンボジアの孤児院でたくましくなって帰ってきたし、たくさんの経験がいぶきを輝かせてくれました。

今度はティウロンの保育園に預けられないだろうか…なんてたくらんでいます(笑)

いぶきのアルバムは、私の人生を二歳で越えてしまうぐらいにいっぱいになってきました。

そこに世界中の友達と笑ってるいぶきがいます。


だからって別に世界中を駆け巡る人になってもらいたいわけでもありません。

外に目を向けることで、内にあることに気付いたりします。

何でもない毎日に感謝出来る心、それを養う方法が、我が家は少しずれていても、結果「思いやりのある子」に育ってくれたらいいなぁ。



「ごめんなさい」と「ありがとう」


昨日は、久々に私も出演する講演会が、はなのき村さんというカフェでありました。

ティウロンの話も久々で緊張していましたが、タイミングよく!?いぶきがグズリだし、抱きながらの講演会。

写真を見ながら説明してると、「かぁちゃん」「とうちゃん」といぶきも声を出して説明していました。

昼寝もしていないいぶきはグズグズで、普段以上にわめくし泣くし。。

講演会にみんなが集中出来ないかもなんて思いながら、一番私が話に集中出来てないかんじ。。

ごめんなさい。

でも、昨日は子連れの方がたくさんいて、賑やかな感じをすごくいい空気だったと、まだ独身の方々から言われたことが嬉しく救いでした。

いぶきの映像を流してから始めた命の話は、色々な感情を思い出して涙がぶわっと溢れてしまいました。

あぁ、泣くつもりもなかったんだけど、あの温かな空間と皆さんの眼差しに涙腺が崩壊してしまいました。

でもお陰で想いだけは届けられたかな。。

旦那が続き講演会をしてくれたので私の穴埋めをしてくれたでしょう。

緊張はいぶきのお陰でぶっ飛んだけど、いぶきのお陰で話したかった内容もぶっ飛んだかも。

旦那の講演中はいぶきと会場の外でひたすら追いかけっこでした。

まぁ、昨日のいぶきはよく動くこと。

結局昼寝もしないまま懇親会に参加したので、ちょっとしたことでワンワン泣いていました。

自分では、どんなに派手にこけても泣かないけれど、私や旦那のミスで痛い目を合わせると、まぁよく泣くこと(笑)

よく動いて、よく泣いて、お母さんもクタクタです。。


懇親会ではこんなことを言ってくれた方がいました。

「私は色々な人の主催をしてますが、プロとアマチュアの違いは、感動を届けられるかどうかだと思います。お二人の話に今日は感動しました。」と。

私自身の話は、想いは伝えたけれど、いぶきをあやしながらでグダグダになった感じがして申し訳なかったのですが、そんな言葉が最後に頂けたことが幸せでした。

旦那への感想もたくさん頂いて、旦那も嬉しそうでした。

そして懇親会にはスタッフさんや、参加者さんがご馳走を作ってきて下さり、美味しいご馳走が頂けました♪

ありがとうございました。

そして昨日はもうひとつ。

旦那が手紙つきのプレゼントをくれました~♪

何の日でもないけれど、先日私も旦那にプレゼントと手紙を贈ったんです。

でも、安いロンTとパーカー。

私がもらったのは、私なら買わない高価なセーター。

旦那からの手紙にはいつも「ごめんなさい」ばかり書いてあるけど、必ず隣には「ありがとう」の文字があります。

いつもは「ごめんなさい」の言葉ばかりに目がいく私が、昨日は「ありがとう」の言葉が胸に届いて嬉しかったです。


幸せと豊かさの価値観




今日は教会のサークルに参加しました。

手遊びに工作、音楽など。

今日はスペシャルdayということで、みんな一品ずつ持ち寄るんですが、人の料理の美味しいこと(笑)


その後、いぶきと友達のカフェへ旦那の本を持って行きがてら遊びに行きました。

ワンちゃんOKなカフェで、ワンちゃんもいるお店なのでいぶきも楽しんでます。

出版されるまでも毎日のように旦那は引きこもり執筆作業。

やっと落ち着いた頃に、旦那の率いるホノルルツアー。

なかなか家族の時間はありません。

1ヵ月に一度の家族dayだって、丸一日あるわけではなくて。。

私は不満を旦那にぶつけていました。

国際協力だって、目の前の家族を幸せにすることから始まると思っている価値観の自分。

旦那に価値観を求めていたのでしょうか。

もっと家族の時間を作って欲しい。家族を大切にしてほしい。

でも、旦那に幸せの主導権があるわけじゃなく、全て私自身が握っているのに。

外に求めて、自分が行動出来てなかったのか。。

育児に、家事に、いっぱいいっぱいの自分はいぶきのために精一杯だと思い込んで、家族を幸せにする役割が旦那に足りないと思っていたのだろうか。

私の役割は家事や育児でなく、自分が家族を幸せにするんだと感じられていただろうか。

忙しい旦那に、育児を任せられてるようで、自分の時間がない不満を旦那にぶつけて。

幸せの価値観が自分にあるなら、幸せの主導権も自分にあるのに、家族の幸せは家族に求めていた私。

家族の幸せだって、私からって思って過ごしてみよう。

旦那は相変わらず留守が多いけど、いぶきと私二人の時間でも家族の時間として過ごしてみよう。


旦那は、家族を置いて夢が見られていいな。

そう思っていた私。

いぶきと過ごしてる毎日はとても楽しいものなのに。


海外を旅して、本当の豊かさも自分の中にあると知ったのに。

目の前の今をどれだけ満足出来るか。

物やお金がどれだけあるかでなくて、心の満足感。

だから、何もないティウロンの人は私にお金や宝物を私に与えられたと思います。

ボロボロの服だって、貧しくたって幸せや豊かさに満たされてる人は人に与えられる。

境遇が幸せにするんじゃなく、心が幸せと豊かさを作ります。

求めていては満たされないですね。

「家族の幸せ」を旦那に求めていた自分に反省です。

本が完成しました~


アロマのトリートメント(マッサージ)の勉強が始まりました。

昨日は旦那と、おじいちゃん二人でいぶきを見てくれました。

その間、お陰でゆっくり勉強出来ましたが、技術をやってみて思ったこと…

むいてないかも!?

まぁ、初めてだしきっとこれから。。

美容師だって、初めは全然出来なかったわけだし、シャンプーが私には一番難しい技術でした。


どれだけ手を動かしたくても、手首が固くてガチガチなシャンプー。

毎日手首を動かす練習をしました。

どれだけ練習をしてもなかなか動かない手首。

でもある時を境に急に出来るようになったんです。

上手にシャンプーしてる自分が夢に出てきました。

その日にシャンプーをすると、カチカチだった手首が柔らかく動くようになったんです。

脳ミソに、自分が出来るって指令が行ってなかったんですね。

出来ない時に、「私には出来ない」と思うと、出来ないんだって脳ミソに指令が行ってますます悪循環。

まぁ、いつか出来るでしょうぐらいな気楽な感じで。

頑張る程ドツボにはまることもあるから。

でも、練習は大切。

いいイメージしながら、旦那といぶきに練習です。

子守りをしてくれた旦那はというと、油性マジックでいぶきにズボンを落書きされて落ち込んで?ましたが、開き直って自分で左右対称になるようにマジックで落書きしてました。

変わった人だと思っていたけれど、発想にびっくり。

汚れを消すんじゃなくて、汚しちゃうんだ。。

事実を受け入れる。

これが病気を受け入れて克服出来る人の性格なのかも(笑)

そんな旦那の本が完成しました~(笑)

近々本屋さんでも並びます~

良かったら読んでみて下さい。


12月7日発売の自伝「命はそんなにやわじゃない」の予約がアマゾンで始まりました!ぜひぜひ!http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/476126800X/ref=mem_taf_books_d?uid=NULLGWDOCOMO&qid=1322192472&sr=1-1


私もまだ読んでないから、何が書かれているのかドキドキです。

いい嫁に書いてねって念押しておいたけど(笑)どうかな…





FC2Ad