ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

幸せなお産



家の中のダンボールも片付いて、やっとのんびりと過ごしています。

ベランダ横の池には、釣りをしてるおじさんと仲良く泳ぐ白鳥が二羽。

暖かくなったらいぶきと釣りをしてみようか。

最近のいぶきは、母性がぐんぐんと育って!?、ぬいぐるみ達におむつをしたり、絵本を読み聞かせています。

本を読むときや、ぬいぐるみに話しかけるときは、とびきり優しい声を出しています。

天井を見上げて「あかちゃんあそぼ」と話しかけたり、「あっ、ねぇね!(おねえちゃん)」って言ってみたり、何が見えてるんでしょうか(笑)


昨日はいぶきの妊婦時代の仲間に会いました。

彼女は今臨月の妊婦さん。

彼女も四日間という長いお産でした。

私も五日間。

あの時は本当に脳の血管が切れそうで、死ぬかと思ったよねって話してました。

次に力んだら血管が切れるって思うと怖かったけど、乗り越えないと産めない。。

あの時を思い出すと、お産も怖いねって話していたら、彼女は怖かったけど、吉村医院の古屋に通って妊婦さん達と話してたら怖くなくなったそう。

産んだ時の幸せが大きいからまた産みたいと思うけど、 産んだことがあるから知ってるだけ怖いこともあります。

でも、吉村先生の言われる生活をすると、本当に不安が全部消えるんだとか。

私も妊婦の時、幸せしか感じないぐらい毎日が穏やかでした。

先輩妊婦さんがみんな輝いて命のために必死で、それでいて幸せそうで、、そんな人達ばかりの中にいれば幸せも伝染しますね。

自分で命をかけて命を産むと決めた妊婦さんには、強い覚悟と責任感から、女の強さを感じます。

私のお産には見学にみえたお医者様がいたけど、私は産みながら思っていました。

「この幸せなお産を見て!!」

私のお産は普通の病院ではありえないお産でした。

でも、自然界の常識は医学の常識を越えること、毎日のように吉村医院の中では繰り広げられています。

一番の自然、自分。

それを信じられたことが幸せでした。

陣痛の痛みも産まれてくる赤ちゃんの痛みと思えば幸せな痛み。

友達の大きなお腹に、女性の性を強く刺激された幸せな日でした。



スポンサーサイト

優しい気持ち



いぶきがおもちゃの犬の人形と向き合って座り続けています。

自分のおもちゃを見せてあげながら話しかけたり、おむつを替えようとしたり、おっぱいをあげたり。

いぶきの小さな身体から溢れる大きな母性に、優しい気持ちをもらいます。

ディズニー映画のトイストーリーの世界が本当にあって、おもちゃ達は子供達の無邪気な愛情に包まれて、幸せなんじゃないかなって思ってみたり。

私が二人目を流産してから約一年。

亡くなった命のお陰で、かけがえのない大切な時間を、充分に味わうことが出来ました。

特にこの一年は、命が当たり前でないんだってことを噛み締めながら大切に過ごせました。

いぶきを預けて、自分のことも精一杯にさせてもらいました。

命の尊さを知ったから、子供も自分もそれぞれの人生を大切に出来ました。

子供は親の所有物じゃない。

でも、親も子供の所有物じゃない。

実際、自分の親に全てを捧げられても、嬉しくないもの。

親には親の人生を楽しんで欲しい。

もちろん小さないぶきにとっては、この家庭が一番最初の社会。

この社会も大切に、個々も大切にしたいです。

新たなスタート



昨日、今日と引越し。

引越しの間、いぶきは託児所に預けました。

引越し作業中は、何度かお世話になった「きりん」託児所。

いぶきは英会話もきりん託児も、友達がいる場所は楽しそうに走っていきます。

用のない時でも行きたがる程。

いぶきに「きりんさん行く?」と聞くと、今日は珍しく首を振り、行きたくないの?って聞くと、「いぶ、ぞうさん!」と言いました(笑)

託児所が嫌なんじゃなくて、キリンさんよりぞうさんが良かったんだね(笑)

行動も発言も微笑ましい二歳です。

写真はいぶきが発泡スチロールを散らかして、にやりとしてるところ。

引越し作業は大変でした。

思い出の詰まった家には、ありがとうと感謝を込めて掃除しました。

新しい生活は嬉しいけれど、やっぱり切ない感じ。

明日は久々にゆっくりと友達に会えます。

引越し疲れがどっと出たけど、やっと我が家の2012年が動き出そうとしています。

結婚式に家族で参加してきました~




今日は家族で結婚披露宴に参加しました。

とても温かい結婚披露宴で、参列者が本当に祝福してる気持ちが部屋中に充満していました。

尺八やらフルートに、色々な演奏がたくさんある中で、いぶきは走り回ってましたが。。

尺八を吹く方が、新郎さまのお友達で、新郎さまにお世話になったことを涙ながらに語り、泣いてたら吹けないんだと言いながらも、アメインジンググレイスを吹いてくれました。

あんなに優しいアメインジンググレイスは初めてで、すごく素敵でした。

新郎さま側の参列者さんに、たくさん友達がいてビックリしました。

みんな繋がってるの!?って感じで、ティウロンツアーにも参加してくれたメンバーまでその中にいてビックリ。

旦那は二曲余興を頼まれていて、一曲目はラブソング、二曲目はみんなで踊れるディアチルドレンを歌いました。

いぶきは講演会にも連れて行ってるので、この曲を聴くと踊ります。

でも、一曲目は空気を読んで?舞台に上がることなく、舞台の下から父ちゃんを眺めていました。

二曲目は新郎新婦さんも舞台に上がり、楽しかったです。

「ありがとう」の言葉数の多い結婚式で、いい結婚式でした。



幸せのかたち



寝る前に、「くしゃい」と繰り返しながらケラケラ笑っているいぶき。

私も「くさいだと~!?」なんて言いながらくすぐっていたら、それが楽しかったみたいでいつまでもこのくだりを繰り返し。

パズルをしていても、完成するとすぐにひっくり返し、何度もパズルをやらされます。


繰り返すことが楽しいんですね。

いぶきの笑顔を見てると、いぶきの笑顔が無くなること以上に怖いものなんてないなって思ったら、仕事や講演会の緊張や不安なんて何でもなくて、全て何でもないんだって思いました。

昨日はブログに有意義な時間とお金の使い方と書いたけど、そういえばフォレストガンプの映画で、使わない金はただの紙切れだって言ってたな。

十代の時に見た映画で、その言葉だけ覚えています。

大切なものを見失いがちだった若い頃。

今は目の前に大切なものが形としてあります。

ティウロンの子供たちの笑顔を守りたいと、活動を始めた独身時代。

今も変わらず、子供たちの笑顔を守りたいといぶきの笑顔に意思を確かにさせられます。

いぶきも、ティウロンの子供も、カンボジアの子供達もみんな笑顔でいて欲しい。

使わないただの紙切れが、使い方によって、命が救われたりする。


おちゃらけたりするいぶきを見てて、何でもないのに幸せで涙が浮かんでしまうことがある私。

幸せのためには、大きなアクションを起こすんじゃなくて、ささやかな感謝の積み重ね。

何でもないささやかな幸せを感謝する気持ち。

それを養ってくれてるのが家族だと思う。


有意義な時間とお金の使い方



昨晩は急遽旦那の実家に泊めてもらうことにして、夜中の一時まで旦那の一つ下の妹さんと、お母さんで話していました。

子供達が寝てからの嫁トーク?は、修学旅行の夜みたいで楽しかったです(笑)

昔の話なんかをしていて思い出しました。

私は高校卒業後に一年間美容学校へ行き就職。

19歳の私の初任給は手取り十万もなく、そこから年金に講習費、ハサミ代金などを払っていました。

そして私は車屋で一番安い車を下さいと頼んで、29万の車に二年もローンを組みました。

親に借りて返すでも良かっただろうに。

周りは大学生で、みんな大学をサボり遊んでいて、横目でうらやましいなと思いながら、私は仕事後に美容院で技術を学び、家に帰ってから国家試験の勉強や実技の練習をしていました。

親に買ってもらった車を自慢気に乗る人には、(それに乗ってるあなたがすごいのでなく、それを買ってくれた親がすごい)と思って、私は自分で稼いだ車に乗ってることを誇りに持っていました。

みんなが大学を卒業するまでに、立派な技術者になろうと決めました。

同世代の子のように遊べる時間は少なくても、 学んだ時間が成果と出れば、きっとこの時間を良かったって思えると思ったから。


少ないお金と、少ない時間は、私に有意義な使い方を教えてくれました。

今も私は軽自動車で充分です。

立派な車に乗れる自分になれたら、その分里子が増やせる。

学校にも行けずに食べられなかった子が、笑って生きていたら幸せですよね。

価値観はそれぞれですが、私はいぶきが働く頃、やっぱり自分で車を買わせるんだと思います。

限られたお金を有意義に使おうとする結果、それが物なら私はそれでいいと思うし、海外に興味なんてなくてもいい。

自分で選ぶことが身について、いぶきの必要なものが選択出来る人になって欲しいです。

子は見てる



「いぶ、くしゃい(臭い)」「かあたん、くしゃい」いぶきの口癖になってしまいました(笑)

オムツを換えるときに言ってたけど、最近は何かとくさいらしいです(笑)


みんなの前でくさいくさい言われると恥ずかしいのですが、くさいと言う度私が笑ってしまうので、きっと何度も言うんでしょう。

話せるようになってきて、ますます面白いです。

やりたいこともたくさんあるけど、今は子育てを優先して、仕事は今後の為の助走ぐらいで。。

いぶきが大きくなった時にジャンプ出来るように。

今日は友達がいぶきの子守りをしてくれた為、引っ越しの片付けが出来ました。

ねんど遊びに夢中の間に、ダンボールの中身を整頓。

助かりました♪

友達と昼御飯を食べようとグルグル車で走ってましたが、どこも定休日。

たまたま走っているところにおばあさんが道路で倒れているのを、友達が発見しました。

車でおばあさんがいる場所に戻ると、おばあさんが立ち上がってはこけていました。

助手席に座ってた友達がダッシュでおばあさんのところへ駆け寄りました。

ちょうど目の前が病院ということもあり、おばあさんは病院へ。

飲食店が休日だったのも、その時間にその道を通ったのも、意味があるように思えて、友達が気付かなかったらおばあさんはどうなっていたんだろう。

おばあさんの助けの声が友達に届いて本当に良かったです。

私もさっと手を貸せる人でいたいなぁ。

天は見てる。でも、いぶきの目の方が気になる(笑)。

いぶきにもさっと手を貸せる人になって欲しいです。

本物も大切だけど



最近のいぶきは、はさみと、粘土遊びにはまっています。

はさみはプラスチックのものですが、気付いたらその辺をチョキチョキ…

私のお気に入りの雑誌まできれいに切られていました(笑)

本物を使わせることが大切と聞きますが、一人で集中して遊んでくれるので。。

集中して遊んでくれる時は私も息抜きしています。

粘土は遊んでいる時はいいけど、後の片付けが面倒ですね。

ツメの中に粘土が詰まる詰まる。。

一緒に遊ぶときは、私が手を貸したりしてしまいますが、一人で遊んでいる時は、「こんなことまで出来るようになったの?」と驚きです。

「自然に育てる」「こういう方針」で育てるという考え方はいいけど、「こうでなければいけない」だと、親も子も苦しいから、「これもOK」と、OKサインがたくさん出せる方法を提案出来たらいいな。


こんな記事を読みました。

食事は全て手作りで、外食は一度もさせず、子供には出されたものは全て残さずに食べることを教えて、子供のために体に良い物を食べさせてきたお母さん。

でも子供にはプレッシャーとなり、小学生低学年で拒食症になってしまったそうです。

毎回の食事が怖かったようです。

子供のためにと頑張っていても、その方針の中に楽しみがなければ、子供には辛いですね。

大人でも辛い。


毎日の生活の中で楽しみを教えたいと思います。でも実際は、私が教えられてばかりですが。。

お茶をコップに入れてあげただけで「やったぁ~」と跳び跳ねたり、「おいしいねぇ~~」と何度も言いながらご飯を食べるいぶきを見ると、感動だらけの毎日だなって思います。

紙をたくさんはさみで切れたいぶきは「みて~!」と得意気な顔。

本物でなくたって、「出来た」って満足感があって、ほめたらジャンプして喜ぶいぶきには、充分そうです。

大切なのは本物の環境よりも、本物の感情。

これからもジャンプして喜ぶいぶきを見ていきたいです。

アロマサロン


いぶきの部屋とキッチンが少しずつ片付いて、形になってきました。

何もなかった部屋に家具が入ってくると、息吹くような感じ。

リフォームされてるけれど、所々に残る古い感じが結構好きです。

畳の部屋も、子供に優しい。やっぱり子供を優先して物件を選んで良かったです。

西日がよく当たるので、暖房がなくても温かいです。

今日は息抜きがてら?久々のアロマスクールでした。
スクール仲間が全員合格したのもあり、一月にアロマのイベントがあります。

音楽(生歌)を聴きながらハンドマッサージ。そしてハーブティーを飲んでもらって約30分のコースでお一人様千円。

完全予約制ですが、興味がある方は遊びに来ませんか。

一緒におしゃべりしましょう♪

予約先はアロマセラピーサロンエッセンス-n

0564-47-8952

施術中は出られないと思いますが、お電話お願いいたします。

ちなみにこちらは私が通っているアロマのスクール先です。

素敵なお宅です。

待っています~

命の奇跡



昨晩のテレビ番組で、赤ちゃんが受精して誕生するまでの映像をやっていたけど、実に神秘的でした。

欲しいと思ってもすぐには出来ないけれど、これだけの奇跡が簡単に叶うわけないなと見ていて納得。

妊娠3ヵ月の赤ちゃんがしっかりと人間の形になってるのを見ると、あの時に流れた赤ちゃんもこんなにしっかりとしてたのかなぁと感じました。

私が見た赤ちゃんは小さくて、肉眼ではそこまで見られなかったけど。

あの時、私は旦那のいない時に赤ちゃんを産んで、胎盤に包まれた赤ちゃんをもって一人で病院に行きました。

あの時の赤ちゃんを、一目旦那といぶきに見せたかったな…と今さらながらに思います。

昨晩のきれいな映像とは違い、もっと生々しいものだったけど、テレビの映像以上に神秘的なものだったから。

映像を見ながら、ずっとお腹を叩いて「ポンポン」と言ってたいぶき。

お腹の中の映像が、よくお腹のことだとわかったな。

いぶきに赤ちゃん来てくれるかな?って聞くと、力強く「うん」って言ってくれました。

赤ちゃん待ってるよ。


最近はぬいぐるみに話しかけて、ぬいぐるみの世話を妬きながら遊んでいるいぶき。

少しいたずらっ子だけど、いぶきも母性が芽生えてきておねえちゃんになれそうです。

家族で奇跡を待ってます。

お馬に乗って


今日は大好きなお友達、さらちゃんと伊藤ファミリーが我が家に遊びに来てくれました。

さらちゃんは、熱血な塾の先生で、見た目はとってもワイルド。

我が家にはハーレーでやって来てくれました。

大きなバイクで、大きな音。

とてもかっこ良くて、いぶきはバイクを「パッカパッカ」と呼んでました。

馬をパッカパッカと言うので、さらちゃんの大きなバイクが馬のようにたくましく見えたんでしょう。

怖がっていぶきは乗れなかったけど。

ハーレーで旅してるさらちゃん、かっこいいなぁ。


伊藤ファミリーは、旦那様が癒詩作家(伊藤一樹さん)として活躍されてます。http://www.yakusokunoki.com



作家だけでなく講演会などもされてます。

長男君が誕生されて、家族で遊びに来てくれました。

みんないつもニコニコしてくれていて、お客さんなのに、私達が接待してもらってるようでした。

みんながそれぞれの役割で輝いて仕事してるから、刺激しあえる仲間でいられるのかな。

今日の旦那はまた何か吸収しているようでした。

伊藤ファミリーは以前、「ピースフル」というネットで、たくさんの方のインタビューを取り上げていました。

私も結婚前にティウロンの活動について対談しているので、 是非覗いて下さい~http://www.earth-peaceful.com/category/asahi

旦那もさらちゃんも対談してます。



引越しの最中で、物があまり揃ってなくて、赤ちゃんの寝場所すらなかったけど。。

いぶきが、いぶきなりに接待していました(笑)

お客さんが集うと華やかで楽しいね。

今度の家も、人が集う場所になったら嬉しいなぁ。


成人式



今日は4時半起きで成人式のヘアメイクの仕事。

これでもゆっくりスタートです。

いぶきがグズグズ言ってたけど、旦那に任せて仕事へ。

空から落っこちそうな満月が、とてもきれいでした。

写真はお客様の後ろ姿です。


午前10時には仕事も終えて、引越しに必要な家具や雑貨を買いに直行。


その後は大工仕事をひたすらやり、身体が筋肉痛。

二階からダンボールを何度も運んだりしてるし、いい運動です。

引越しにワクワク絶好調でしたが、今の家の隣のおばさんが、美味しい玉子をわざわざ買ってきてくれて… こんなに良くしてくれるお隣さんと別れるのは残念。

いぶきにもいつも笑顔で話しかけてくれてたし。。

近所との付き合いの少ない賃貸アパートと思って、ここに入居しながら、子供を産むと、やっぱり地域の交流があった方が心強く安心です。

明日は私がお隣さんに差し入れしよう。

新生活へのワクワクと、この家を去る切なさが入り交じってます。


食育




張り切って予約した韓国旅行でしたが、姪がピアノのコンクールで受賞して、特別な発表会に出られるとやらで、本人もその気。

発表会が韓国の日程と重なった為に、残念ながら今回はキャンセル。

親も元気なうちに、子供達もついてきてくれる間に、日程を変えて叶えたいです。


今日はいぶきがお手伝いをたくさんしてくれました。

二歳のいぶきがしてくれたこと。

・米を洗う(まぜる)
・野菜を切る
・切った野菜をボールに移す
・コップに水を注ぐ

包丁はプラスチックの物を百均で買いました。

手が切れないけど、野菜もなかなか切れません。。

それでも頑張って野菜を切っていました。

不揃いの具が、何だか温かい。

床で切らせて汚い?まぁ、また洗うから大丈夫(笑)

今年の年賀状で、食育を通して子供を育てるという考えで、子供達に調理をさせてたら、今では毎朝子供達がキッチンに立ち、家族の朝食を作っているとか。

小学生のお子さんでしたが、朝の慌ただしい時間に挑戦させる親もすごいですね。

子供さんももちろんすごいけど、私なら忙しいと何でも自分でやってしまいそう。その方が早いから。


ゆとりを持って、いぶきにチャレンジ出来ることはさせてあげたいです。

今日のいぶきは、自分で切ったニンジンを喜んで、たくさん食べていました。

荷物運び




私はやや風邪気味ですが、今日はいぶきを託児に預けて引越し準備です。

今日から入居出来るとあって、ワクワクしていました。

部屋に積んでいたダンボールが片付くし、家具を新調するためにサイズを測ったり。

今度こそわかりやすいように収納して、収納場所もきれいにしたい。。

押し入れにしまう引き出しは全てシールを貼って、何が入っているかわかりやすくしました。

服も本も、使わないけれど取り合えず置いておいたものは、結局使わなくて、これを機に処分。

結婚前にやっていたボディーボードも、勇気を出して!?全部処分。

写真を撮りました。出窓の部屋が私の部屋で、もう1つはリビング。

古い物件ですが、リフォームされててきれいです。

リビングの窓は大きくて、すぐ外の景色は池です。

池の付近は子供達が探検出来る感じで、木々もいっぱい。

目の前は大きな公園だし、野性的に?元気にいぶきを育てたい私はワクワクです。

シュタイナーやモンテッソリー、さくらさくらんぼ教育?とか、色々魅力的な保育園とかもあるけど、どんなふうに育ててもらいたいと保育園に任せるんじゃなくて、求める部分は自分で教えてあげればいいんだ。

そう思ったら、保育園もどこでもいいし、まぁ行くか行かないかも本人に任せて、気楽にいきます。

今日はいぶきに託児所に行くか聞くと、「行く!」と元気に応えてリュックを背負っていました。

自分から走り出しちゃうぐらい楽しみな場所が増えるといいな。

初詣



昨日は家族で初詣に行ってきました。

いぶきがひいたおみくじはなんと大吉!

子供が大吉だと、家族みんなが大吉気分になれますね♪

気持ちいいスタートですが、旦那は体調を崩し正月から嘔吐と下痢で苦しんでいました。

ご馳走を食べ過ぎたかな。

これで厄年の厄が全部流れたと思おうか。


我が家は年末のバタバタの中、引越しが決まり、新年早々やることだらけの毎日ですが、どれもが楽しみ♪

今日は引越し準備もしながら韓国旅行の予約をし、夜は新しい仕事(メイク)のチラシ作りが待っています。

旦那は寝込んだ分だけ仕事がたまり、二人でバタバタしてますが、いぶきにも精一杯向き合いたいです。


韓国は私の両親、姉家族と我が家の三家族で行く予定。

どうせ行くならと、我が家だけ一日延長をすることにしました。

いぶきはこれで5ヵ国目。

「みんなにどんな子になるんだろうね!楽しみだね!」なんて言われますが、きっと普通です。

いろんな経験はさせてあげたいけれど、期待してません。

「こんな経験をさせて、こんな人間になって欲しい」って言うより、「いろんな経験するために元気であって欲しい。」それだけですね。

今年も家族みんなが健康で暮らせますように♪


新年明けましておめでとうございます。



明けましておめでとうございます。

大晦日は旦那の実家で紅白を見て、十二時にお宮さん参りに行きました。

寒い中で温かいお汁粉を飲んで、身体もポカポカ。
嫁いだ頃から年々家族が増えていき、賑やかな子供達に囲まれて正月を迎えられるのは幸せですね。


昨日は河合家(私側)の親族が集まりました。

小1と小3のめいっ子がいるんですが、私達夫婦とじいちゃんばあちゃんにお年玉だよって、お年玉袋をくれました。

中には2千円も入っていて、「私達はお年玉をいっぱいもらったからあげるよ!」とのこと。

子供にとったら2千円は大金です。

私達もじいちゃんばあちゃん達も、生活出来るから大丈夫だよ(笑)と気持ちだけもらいました。

自分達の大切なお年玉を人にあげようなんて発想は私にはなかったので、驚きだし、嬉しかったです。

新年早々気持ちいいスタートです。

今年も皆様よろしくお願いいたします。


FC2Ad