ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

耳をすませば聞こえる声



重なっていた仕事が落ち着き、今度はお世話になっている財団法人オイスカで、ティウロンの講演会があります。

今回は旦那との共演ではなく、私の話を近くでフォローしてくれる人がいないためかなり緊張します。

いぶきも講演中、ジッと出来るかどうか…。


自分の役割なんてわからないけど、頼んでくれる方がいるときは、喜んでチャレンジしていきたいです。

ワクワクしながらなんだって取り組まなくちゃ、私に時間をくれてる家族に申し訳がないから。

今日は友達とお茶を飲みながらのおしゃべり。

みんなママさんで、みんな忙しい。

忙しさを自分で選択しているのかもしれないけれど、自分の時間って本当に大切。

旦那さんは仕事をして疲れて帰ってきて、奥さんは「お疲れさま」と迎えるまでの一日だって育児に家事があり、家族の夕飯作りに片付けがあります。

子供を風呂に入れて寝かせるまでは長くて、、子供を寝かしつけてから、自分のために時間が欲しいと思いつつ、一緒にダウンしてしまったり。

誰かにお疲れさまと声をかけても、誰かにお疲れさまと声をかけられることはない母親という仕事。

自分に少し声をかけてあげたい。

「お疲れさま。よく頑張っているよね。」


育児は大変なこともあるけど、試行錯誤しながら子供達に向き合うお母さんの想いは、間違いなく子供に届いているから、お母さんは絶対的存在になるんだと思います。

「お疲れさま。ありがとう。」

耳を傾ければ、一番そばで子供達がお母さんに言ってくれてるように思います。

それは声じゃないにしろ、子供達はお母さんにありがとうという想いの中、生きてるんじゃないだろうか。

ちょうど去年の今ごろ、私は2人目の陣痛が始まり、流産しました。

守れなかった命を、悔しさの中抱き、胎盤に包まれて出てきた赤ちゃんが本当に温かくて、私はとても癒されたっけ。

守ってあげられなかったという想いに対して、温かな命は「とても温かな場所で包まれていたよ」と言っているようでした。


みんな命をかけて子供を産み、みんな必死で守ろうとしているんだから充分じゃない。

しつけがどうとか、勉強がどうとか、何が出来て何が出来なくたって、もうすでに素晴らしい。

ママさん達の笑顔もため息も、子供への愛情に見えて、本当に素敵にみえました。

世のお母様方、今日もお疲れさま。ありがとう。
スポンサーサイト

きれいになるために



今週は仕事が続き、準備からバタバタしていましたが、楽しくて楽しくて。。

いぶきとの時間も大切にしようと、その時間も動き続け、ダウンしたのはいぶき。

仕事や趣味に走り出しそうになると、いつもいぶきが止めてくれます。

いぶきと昼下がり、ベッドでゴロゴロしてるだけの時間が幸せでした。

新しく始まったカフェでのメイク教室も、皆さんが自分を見つめて楽しそうにメイクしてる姿は嬉しかった~。

メイクの先生になるときは、すっぴん気味の私もきっちりメイクします。

目もとにゴールドのラメとブラウンのシャドーが光るのをみて、いぶきに「かあちゃんばっちぃ」と目を擦られました(笑)

いぶきにとったら、顔に異物が付いて見えるかな(笑)

私は途上国の旅をしながら、何で美容師を選択したんだろうなって思ってました。

昔から手先を動かすのは好きで、頭を使うのは苦手(^_^;)

好きなことには集中してものすごく頑張るけど、興味のないことは一切しない。

ワガママな性格で、ワガママな生活をしています。。

旅をして、もっと人の命に携わることを選択しなかった自分に、疑問でしたが、いつも旅先で青空の下、髪を切ったり、日本髪を結ったり、着付けをすると、異文化交流が出来て、まったく英語を話せない私でも交流が取れてしまいます。

先日、友達になった外人さんに英語を話せないで、どうやって外国に行くんだ?って聞かれたので、「ジェスチャーと笑顔」「笑顔でいれば、どこの国の人も優しいよ!」と話すと笑っていました。

話しがそれたけれど…、私が美容師でいる訳は、カリスマ性のある美容師を目指してるんじゃなくて、ちょっとした「自分の素敵な部分」に気付いてもらうお手伝いです。

ちょっと何かをするだけで自信がついて、いつも以上に笑顔になれたら、本当のきれいに近付ける気がします。

自分の顔を見て、受け入れて、自分の顔に合うメイクをする。

小さな瞳を、大きな瞳にしようと頑張らなくたって、その人にはその人の美しさがあるから。

それって、 メンタル部分にも言える気がします。
そのままの自分を受け入れて、チャームポイントを磨く。

人がきれいになることって、高いお金を出したり、時間を費やして努力したり、そんな大変なことじゃなくて、もっと簡単なものだと思う。

こんな自分はやっぱり、美容師&メイクさんは向いてないと思う(笑)

ママでもワクワクしていたい


仕事に行く時、旦那といぶきが車で駅まで送ってくれます。

窓越しに笑顔いっぱいで、手を振るいぶき。

栄養ドリンクより即効性があり、元気になります(笑)

最近、私が大好きで、尊敬している木村理恵(きむりえ)ちゃんと森えみこさんと遊ぼうと約束したところ。

きむりえちゃんは、夫婦二人だけでお産をし、結婚前は一人、頭を丸めてインドを自転車で放浪。現在は二児の母。

えみこさんは、森源太さんを支えるよく出来た奥様で、一児の母。げんちゃんをおいて、親子二人でカンボジアに行きまくっています。

私が好きなのも亜細亜。そしてもう一つ共通するのが、みんなお母さんということ。

少しズレてる私の価値観も、この二人にはよく伝わるし、私もりえちゃんやえみこさんと話しているとワクワクします。

旦那なしで、女と子どもだけで会おうかなんて盛り上がっていたら、旦那に、誰かしら妄想を?止めてくれる人が必要とも言われましたが(笑)

三人でなら、また新しい何かだって出来そうな気がする。

お母さんだってワクワクすること、子連れでバックパッカーの旅、仕事、いろんなことしたいですよね。

私は、りえちゃんやえみこさんと話していると、こんな自分も認めてもらえる気がするんです。

大きな夢を話しても、マイナスな部分を心配するんじゃなくて、ワクワクを共有してくれるように、お母さんになっても無理じゃないんだなって思えます。

伸び伸び生きてる二人だから、その二人の子ども達は本当に伸び伸びしています。

私も伸び伸び生きたいなぁ。

流産して仕事を辞めたはずの去年。

一年後には、またこうして仕事にワクワクして復帰している自分がいました。

この一年の休暇も赤ちゃんからのギフト。

そしてちょうど一年が経ち、また仕事を楽しみに生活してる自分を、赤ちゃんが自分らしく生活してね!って言ってくれてるように感じました。

一年前の悲しみから産まれた環境に、私達家族は感謝しかありません。

やっぱり命は喜びです。

赤ちゃんが産まれた(流れた)その日は、宿ってくれた命に感謝して、誕生日会を家族でしようと思います。


好きな仕事

今日は学校の仕事に向かう途中、岡崎駅のホームで岡崎市議会議員の大原まさゆきさんに会いました。

ポスター撮影の時にヘアメイクのお手伝いをさせて頂き、覚えているかはわからなかったけど、声をかけさせてもらいました。

髪を振り乱しながら、ビラを一生懸命に配っていました。

メイク中も放射能などの話を真剣に話してくれたのが印象で、腰の低い方でした。 でも本気で日本の未来を心配して行動してる姿に、こんな議員さんがいるんだなぁと感動したのを覚えています。

議員さんと直接話す機会はないから、勝手に悪いイメージを作りすぎていたのかもしれないけど。。

なんか清々しい気持ちになり仕事場へ。

「あさひちゃ~ん!!」と学校の先生が、久々に仕事する私を笑顔で歓迎してくれました。

久々の授業に緊張気味だった私が、その笑顔に癒されて、ただただ幸せだなぁ~って。

居場所を作って、残してくれてる学校の先生方に感謝です。

授業は特殊メイク。傷メイクを教えましたが、若いみんなは感性も違う。

銃弾で撃たれた傷に、ハリーポッターや口裂け女?などを作っていました。

久々の授業の仕事でしたが、やっぱり楽しい。

私はやっぱり仕事が好きだなぁ。

たくさんの代わりがいるだろう仕事に、また声をかけてもらえたことが本当に嬉しかったです。

旦那が明日は一日いぶきの子守りで、私は仕事させてもらうのですが、どうなることやら…

誰に、どこに預けるよりソワソワしますが(笑)、きっといぶきの記憶にもお父さんと過ごす時間が大切だし、楽しいものになるはずです。

チャレンジ



先週はたくさん遊んで、今週は仕事がたくさん詰まっています。

仕事の為の準備が、育児の合間になかなか上手に取れません。

アロマの勉強(練習)もしたいけれど、一日の後半に入れば疲れて寝てしまう毎日です。

今日はいぶきの昼寝中、特殊メイクの授業の練習。旦那にモデルになってもらったけど変わらない!?

学生は二十歳だから、変化を楽しめますが、四十歳の旦那じゃ変わらないかな…
タオルをほっかぶりにして雰囲気だけ出してみました(笑)


さてさて、先日にティウロンの活動を支えてくれているオイスカの森田さんと会議をしました。

詳しくは、ホームページから覗いて下さい。

森田さんの言葉です。


『現代、あまりの過保護で、手かせ・足かせがあり、挑戦がやりにくくなってきているという社会背景。
もちろん、挑戦している人たちもいるが。
でも、大方は、守られ過ぎて、ひ弱になっている私たち。豊さに、浸っていたい症候群。

「危ない」「このような時、どうするのか。」「責任は、だれが。」「緊急時の対応は。」「保険は。」

変化は、自分に求めず、他人にお任せ。
時代・科学が発展するにつれ、更に守られ、ひ弱になって行くんだろうなあ。

今、幼児を途上国の家で、ホームステイさせる日本人の人たちは、おられるんだろうか。』


毎日がチャレンジの子ども達の生活。昨日出来なかったことが、今日は出来ていたり。。

危ない!まだ出来ない!と手を貸して守ることが、可能性を奪うことにもなるから、ギリギリのところまで見守ってあげたいです。
子どもは大人が思う以上になんなくこなしますね。

自由に生きていいよと言われても、過保護に育てられては自由さがわからない。

子どもの挑戦すること以上に、大人が信頼することが大切なのかな。

私がティウロンにいぶきを連れて行きたい一番の理由は、心の豊かさを見せたいから。

私の子育ての価値観は、人よりずれているかもしれませんが、一番大切にしたい心の豊かさを育むためなら、多少のリスクも気になりません。

というより、不便な旅も絶対リスクじゃなくなるから。

今年の夏、親子で行けるティウロンツアーを作りたいと企画中。


仲間が集まること、楽しみにしています。

命のメッセンジャー



うちの父の誕生日と、引越し祝いのお礼を兼ねて、少しリッチな気分でホテルの最上階のレストランで食事をしました。

岡崎城を眺めながらの食事も、いぶきを見てばかりであまり夜景も何もなかったけれど。。


先日はホームパーティーに来てくれた外人さん達の前で、吉村医院でお産した友達と幸せなお産について力説していました。

自然分娩には、命のリスクも大きくなります。

私も五日間という大変なお産でしたが、友達は4リットルも血を流し、誰もが死を覚悟したそうです。

それでも自然のお産を選択し、幸せなお産と感じられるわけを、力説していた!?私達。

でも、文化の違いはあっても、母の存在はどこでも同じ。

真剣な眼差しで彼等は話を聞いてくれました。

命をかけて生まれてきた私達の命の価値は、国境もなく、何も変わらないんだなぁとつくづく思いました。

昨日は、メッセンジャーの発送日。

今回は心の病をテーマにしたもの。

心が弱っていると、自分の存在価値を見失う人もいるけど、メッセンジャーを読めば「大丈夫だな」って思えるかも。


心が、環境が、国が違っても、産まれた自分を抱いてくれた人がいることは変わらない。

みんな大切な命。

異文化交流



今日は我が家でホームパーティー。

先日ばったり会ったノリで、仲良くなったお友達家族とその家にホームステイに着ているアメリカ人留学生、そしてそのお友達のイスラエルとマレーシアの留学生も遊びに来てくれました。

そしてノリで!?来てくれた友達、みんなで12人でした。

せっかくだからと!?、早く来たマレーシア人とアメリカ人の留学生におにぎりを作ってもらいました。

いぶきも混じって、楽しそうでした。

持ち寄りの食事をみんなで食べて美味しかった♪

異文化に触れられて、ここが海外みたいで楽しかったです。

引っ越して良かった~。

今までは、私が海外で家族を増やしてきたけれど、海外に住むみんなが、ここを家族と思ってもらえるような家にしたいです。

可能性がいっぱい



いぶきは一人で店を脱走したり、迷子になったり、冒険心もいっぱいですが、怖がりな所もいっぱいあります。

イベントで雪まつりに行きましたが、小さな雪山からソリを一人で乗るなんて、いぶきは怖がってやらないだろうと思っていたら、上手に一人で乗れました。

怖がりだからこれはしないよ! なんて私が先に言ってしまったことを、いぶきはなんなくやれることが続き、反省。

今までのいぶきに出来ないことも、今日のいぶきは出来るかもしれないね。

毎日成長しているのに、可能性をつぶす発言はいけない。

大人の一日とは違って、昨日のことじゃないようにぐんぐん成長しています。
「いぶしたい!」が口癖で、全部いぶきがやりたい。

玄関の鍵を開けるところから付き合うと、なかなか中に入れないし、お茶を注いだり、鍋の具をお玉ですくうのも全部ひっくり返してはチャレンジしています。

箸で食べたいと言うので、毎日箸を持たせていたら、びっくりするぐらい上手になりました。

たまごボーロや豆まで箸で食べていました。


まだ二歳の我が子の性格を、「◯◯な子」と判断してしまっていたら、自分自身を「◯◯な子」と思い込んでしまいますね。

自分への制限ほど、自分の可能性を奪うものなんてない気がするから。

可能性を広げてあげられる声かけをしよう。


ホームパーティー



先日、雪まつりのイベントに、いぶきと二人で行きました。

偶然、友達のママ友達に会い、一緒にその場で遊んでいました。

数回しか会ったことはないけれど、彼女は母一人で三人の子を連れて、海外にホームステイに1ヵ月行ったり、話が合いそうだなぁと思ってはいましたが、話してると楽しくて、私が「うちに来ない?」って誘いました。

「それなら今日は我が家で鍋をやるからおいでよ」ってことで、行ってきました(笑)

弟さん夫婦やホームステイにきてる留学生に混じり、私達親子。厚かましい?

独身時代は、インドネシア料理を食べに行き、そこで出会ったインドネシアの家族と仲良くなり、そのままインドネシアの大家族とカラオケに行ったりしました。

「日本人はみんな警戒して、一緒に遊んでくれないよ!」なんて言ってましたが、私も怪しい人には着いていかないし、危ない目にはあったことはありません。

独身時代のようにフットワーク軽く動けた自分が、なんか懐かしくて嬉しかったです。

数回しか会ったことがなくても、波長はわかりますね。

直感と波長で選んでる自分の人生。

考えて選んだことはないけど、悔いも失敗もない、楽しい毎日。


明日は彼女の家族とホームステイにきてる留学生がたくさん外人さんを連れて、我が家でホームパーティーです。

留学生の通う学校が、我が家から近いので、我が家が留学生の集いの場になればいいなぁ。



ティウロン村に行きませんか


有り難いことに、ヘアメイクの仕事の依頼が次々とあります。

身を任せてみるか…なんて思っていたら、色んな依頼がありました。

そんな気持ちが良さそうです。


そして今日は、月に一度のティウロン会議。

力を貸して下さる財団法人オイスカの森田さんと、募金についての話し合い。
集まった費用をどれだけ、どのように使うか考えています。

そしてそして、私からの要望を伝えました。

ティウロンツアーを作りたい!!

是非、親子で参加出来れば、親子で家族で参加して欲しいツアー。

植林はボチボチで、メインは交流。

子供を不便な場所で生活させるいい機会です。

ティウロンは、私が出会った十年前は、電気も水もない不便な村でしたが、今は井戸が出来て水もあるし、昨年電気もついたそう。

お湯が出るような便利さはないけど、子連れでも行ける環境になりました。

私はもちろんいぶきも一緒にホームステイします。
二歳なら充分な免疫があるでしょう。

心配な方は、村から一時間程離れた場所にあるホテルで、泊まれるようにしたいと思っています。

子供達と交流したいので、現地の小学校や保育園を訪ねて、一緒に植林して、日本の手遊びや折り紙、歌などを保母さん気分で、ママさん達と教えたいなぁって妄想中。

日本の子供と、外国の子供が、手遊びやリズム遊びしてたら楽しそうですよね!?世界版のリトミックです。

ティウロンでは、子供達のおもちゃを見た記憶がありません。

日本の使い古したおもちゃを、持てるだけ集めて、保育園なんかに寄付もしたいです。

そんな妄想ばかりが膨らみ、ワクワクしてますが、日程などを具体的に決めていこうと思います。

仕事やら活動に動き出したら突然、二人目妊娠なんてことがあるかもしれないけれど、、その時はその時で。

妊娠中にティウロンに行くのも夢の一つだし。

臨機応変に、ワクワクセンサー働かせて、仕事も活動も、子育てもやっていきたいです♪

昨年は一歳半でカンボジアの孤児院に預けられたいぶき。今年も冒険が待っているよ(笑)

そしてかけがえのない財産「家族」が、また増えるからね。






自分を信頼することから



昨日は大安。いぶきの雛人形を家族みんなで出しました。

雛人形は、アパートには置けないので、杉浦家に飾らせてもらっています。

頑張って飾ったけれど、いぶきはキョトンとしてました。

まだよくわからないようです。


今日は、育児に疲れたママさんのブログを読みました。

ママが育児疲れで死にそうになったり、子供に虐待してしまったり、核家族で甘えられる人が周りにいないで、苦しんでる人が多いようです。

みんな子供はかわいいのにって、自分を責めて。


ここ最近、集中して仕事依頼がありました。全部引き受けると、またいぶきとの時間がなくなりそうで悩んでいました。

毎日常勤の仕事をしてきたわけではないけれど、保育園にあがるまではたくさん一緒にいたいなぁと思っていた矢先のこと。

でも、毎日子育てをして苦しくて自分を責めるママさんがいて、仕事して子供との時間がとれないことに罪悪感を抱くママさんがいる。

結局、母と子、それぞれの人生を同じように大切にしながら、バランスをとらなきゃ仕方ないのかな。

毎日一緒に居られても、心がそばに居られないのは悲しい。

「そばにいるよ」って声が、働いていても、毎日一緒にいても我が子に届くように、必要としてる想いが自尊心に繋がるように、心はそばにいたいです。

そしてママ達に必要なのは、子供に自尊心を与えること以前に、まずママ達が自尊心を持つことに思いました。

手抜きはしても、私達毎日頑張っているよね。

そんな気持ちで、まずは母である自分にOKを出してあげたいです。

輝くために



最近のいぶきは、私にくっついては同じことがしたい。

皿洗いに、料理、掃除機。。今はまだ出来なくても、お手伝いが出来るようになれば、こちらも助かります。

家事は楽しいよ~、お手伝いは楽しいよ~と洗脳しなくては(笑)。


昨年妊娠して、美容学校の仕事を休んでいました。

つわりや、流産。

その都度、学校の仕事に迷惑をかけるので、育児が終わるまで休みが欲しいと昨年仕事を離れました。

しかし、また一年が経ち、新学期からの授業に入れないかと連絡がありました。

まだまだ妊娠もしたいし、やりたいことがあり迷惑をかけるからと話しましたが、それも配慮してくれるとのこと、有り難くて学校の仕事を復帰することにしました。

カフェでのメイク教室や、今年はアロマも仕事にしていきたいと思っていましたが、ボチボチと出来る範囲で。。

いぶきは、週2で英会話の託児に預けようと考えていたところだし、週2ペースで自分の仕事時間をいただこうかな。

人からの信頼は、やる気スイッチを押してくれます。

アロマはまだまだ勉強中ですが、育児が離れた頃に出来ればいいか。

お母さんが輝いていれば、子供に良い刺激になる。

そう言い聞かせて、自分に言い訳してきましたが、子供にとったら、さみしいときはさみしい。

どれだけお母さんが輝いていたって。

母には選択の自由があるけれど、子供はまだ環境を選択出来ません。

お母さんとの時間を飽きるぐらいに、一緒にいられる時間も作ってあげたい。


いぶきの笑顔に甘えて、今日までやりたいことをさせてもらったから。

感謝しながら、私もいぶきの時間に応えてあげたいです。

まだまだ二歳のいぶきの人生も輝けるように、お手伝いがしたいです。



この指止まれ



今日はいぶきが英会話保育の日、私は久々にまったり一人ランチを楽しんでいます。

一人のランチは自分へのご褒美です。

いつもは外食しても、いぶきに食べさせることに必死で、私が食べるのは食べ残しや、すっかり冷めた料理ばかり。

温かいコーヒーを、温かいうちに飲みたい。。

食事は、子供が食べられるものを選ぶので、たまには気にせず食べたいものを選びたい。

久々に味わって食事が出来ました。


昨夜は、昨年のホノルルマラソンツアーに参加された方達との新年会。

いぶきも夜でしたが、お友達がたくさんいて、大はしゃぎでした。

豊橋市のいるカフェさん。木の建物で、自然にこだわった素敵なカフェでした。

またゆっくり行きたいです。

参加された方の中に、まだ幼い子を連れたご家族さんがいました。

旦那さんが動く、動く。

子供への気配りがハンパない。

旦那さんは、育休を取られていたそうです。さすがでした。

その会社では、初の育休を取った男性社員だったそうです。

何でもそうですが、初めて何かをする人は、それだけ大変なことですが、その人の役割だったのだろう…と思ってしまいます。


初めて何かをしてくれる人は、周りに新たな価値観を与えてくれて、その後に続きやすい道を作ってくれています。

自分のためだけじゃなくて、誰かのためになっています。

この指止まれ!

手を挙げる人には、必ず抵抗もあるけれど、手をとる仲間がいれば、出来てしまいますね。

今年は私も勇気を出して、手を挙げられること、密かに考えています。

出来るといいな、「主婦でも出来る。ママでも出来る。」って新たな価値観。

その時は皆さん、是非とも手をとって下さいね。

これも才能。これが才能。



キッチンペーパーを何枚も出して遊んでいるいぶきに、もったいないからおしまい!と言って振り向くと、ぬいぐるみ達に一枚ずつ布団のようにかけてあげていました。

寒いから、温めてあげたかったのかな。

私の化粧品を持ち出して、お人形にメイクをしてあげて、鏡を最後に見せてあげています。

私も小さい頃、母親の化粧品で人形にメイクをしていたっけ。

あの時の遊びが、今は仕事になりヘアメイクをさせてもらっています。

遊びが仕事になったから楽しい。

努力はしても、苦労はないです。



美容学生の頃は、先生に叱られてばかりで才能もなければ、人の三倍は努力しなければ人並みになれませんでした。

器用な子は練習なんてしなくても試験に受かります。

私はいくら練習しても叱られてばかりで、みんなより努力しているのに…って悲しかったです。

でも、才能がある人程早く美容師を辞めていきました。

簡単に出来る人は執着しない。

私みたいに時間がかかる人ほど、あれだけやったのに諦めたらもったいない…と執着します。

才能がないことが、努力を産みます。


高校の頃も、私はバドミントン部で、毎日行ってるのにたまに来る子がレギュラーになったり… 悔しい思いもしましたが、努力だけは負けない自信がありました。

高校時代、どれだけ試合をしても勝てなかった相手に、二十歳を過ぎてからプライベートでコートを借りてバドミントンをしました。

ずっと勝てなかった相手に圧勝でした。

簡単に身に付いた技術程、失うのは早いし、時間をかけたもの程体は覚えています。

美容学校で叱られてばかりの私が、美容学校で教えられる立場になれたのは、才能でなかったことを、不器用な学生に出会う度話しています。

時間をかけて身につけた技術には「経験」と「自信」がついてきます。


才能がなかった自分だからこそ、ゆっくりなら出来るってことを、子供には信じて待ってあげられる。

人には才能はなくても、「出来る」っていう可能性が必ずあるから。

いぶきを見ながら、待つのも才能と思っています。

エコ生活




昨日は節分。旦那が鬼のお面をつけて、いぶきと私で豆をまきました。

いぶきは外に豆を投げるのが楽しかったようです。
恵方巻きも食べて、願い事もバッチリ叶うかな!?


昨日が旧正月。スピリチュアルな人は?、2012年に何かが起きると言い、いつ自分が死んでもいい生き方をするんだと言ってました。。

何が起きようと、起きまいと、悔いのないような生活はしたいですね。

自分が何を残したいのかと考えたら、やっぱり子供達が生きていく中で必要なものを残したいです。

やっぱり植林して自然を残したいなぁということで、今年は苗木の寄付だけじゃなくて、自分で植えよう。

ティウロンで植林を家族でしたいです。

いぶきにも楽しいだろうし。


自分が死ぬとき、自分の名を残したいと思う人もいるけど、未来の人間に必要なのは誰かの名前なんだろうか。

立派なことをするよりも、ゴミを増やさないとか、自然を破壊しないとか、小さなエコだったりして。


スリランカ人の友達は死んだら、土葬してもらい、僕が栄養となり、木や地球に恩返しがしたいと言ってました。

地球に恩返しか…


地球に矢印向けて、未来に矢印向けての生活を考えたら、すぐにヒューズが飛ぶアンペアの小さい我が家の電気は、不便だけどエコでいい。

必要な電気を選択して生活しています(笑)


追い焚き出来ない風呂は、まとめた時間に入り、暖房器具が限られるから、みんなが密集する。(笑)


不便はいい。目の前の家族が近くなるし、みんなが少しだけ不便になれば、未来の人に残せるものが増える。

結果、地球に未来に矢印が向くなら、いいかもしれない。



ビビッときた場所



今朝、雨戸を開けると一面雪景色。

池の周りが真っ白で、その中を白鳥が泳いでいて、ここは日本!?って感じでした。

景色を見ながら音楽を聴き、コーヒーを飲む時間は幸せでした。

新しい家でなくても、アパートでも、どの場所でも「あっ、ここだ!」って感じた場所には、やっぱり気持ちを癒してくれる何かがあります。

突然だけど、引越して良かったです。

ティウロンも私には、ビビッときた場所。

不便な場所だけど、不便な分助け合い、生活しなければいけない村には、村の人々の温かい思いやりがあって、その部分に私はいつも癒されています。

目に映る不便さでなく、目に映らない温かさがいぶきにはいつ頃からわかるだろうか。

私はいぶきがわかるまで、何度も行くつもりでいるけれど、いぶきの方が私よりもずっとずっとわかってるのかもしれません。

ティウロンの結婚式にはお腹に宿っていたいぶき。

いぶきの初海外はティウロン。ティウロンでの生活では、いぶきを村中のみんなが抱いてくれました。

イスラム教の人も、キリスト教の人からも、幸せを祈ってもらえたいぶきには、宗教も国境も越えた愛情をすでに与えてもらっています。

私が幸せでありますようにと祈ってきた、ティウロンの子供達が、今度はいぶき、あなたの幸せを祈ってくれているよ。


今年もティウロンに行ってきます。

子供達に会えるのが楽しみです。

見つけた!



今日は我が家で、友達のお誕生日会。

ガールズトークは盛り上がりますね(笑)

自分の家だと、いぶきを放っておけるので、ヒヤヒヤしないで済むから助かります。

友達が、リサイクルショップでアンティークな物が売ってるお店に案内してくれました。

アロマの部屋に出来るといいなぁと、私の部屋の雑貨を選んでいました。

そのお店で、前から探していたアンティークな椅子を発見。

6500円でお買い得でした。

ホウロウの大きめの洗面器も、足浴用に買いました。

アロマの香りを嗅ぎながら、足浴は疲れがとれます。

部屋のイメージは深い森をイメージして、緑や木を多く置きたかったけれど、こうした部屋のインテリア探しはとても楽しい♪

椅子は衝動買いで、友達に迷惑をかけてしまったけど…、椅子が買えて大満足。

アロマの部屋が、形になってきました♪

最近のいぶきもオイルをつけて私達にハンドマッサージをしてくれます。

子供の目に映るものの影響は大きい。

母性を注げば、母性が育つ。

私がいぶきにすることをそっくりそのまま、お人形にしています。

愛情をいっぱいに満たしてあげて、溢れた愛情を人に注げる人になって欲しいです。



FC2Ad