ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

合唱にチャレンジ


昨日は一歌の3ヵ月検診に行ってきました。

ちょうど3ヵ月と1日に受診したのですが、早すぎたみたいではっきりと症状はわからないそうで、4ヵ月過ぎてから再度受診して下さいとのこと。

ただ、身長も体重も、標準グラフからグンとはみ出ていました(笑)

体重は8キロ。先日5ヵ月の子に会ったけど、6キロって言ってたような…

母乳だけなんですが、お陰さまでスクスク育ち、オデブちゃんまっしぐらです(笑)。

4月には旦那が率いるメッセンジャーのみんなとマラソンに参加するつもりですが、抱っこして走れるのかな。。

私も筋トレがんばります。

そして今日は、ママうたというサークル?に参加しました。

ママ達の繋がりの場にもなり、ママが歌うことでストレスも発散し、抱っこされてる赤ちゃんにはママ達の歌声が聴けて一石二鳥!?

ラフな気持ちで友達と参加しましたが、本格的なママ達の歌声にビックリ!

アルト、ソプラノに別れて日本語だけでなくドイツ語の子守り歌まで。

裏声も出ないし、音符も読めませんが、歌ってました。

一歌は、ニコニコ笑っていたし、私は歌えなくても聴いてるだけで癒されたから、また参加してみようかな。

今月は、ヨガやフラダンスなど子連れで参加出来るものにたくさん参加してきます。

子供もママも楽しめるサークルにイベントが増えたらいいな♪


スポンサーサイト

伸び伸び育児



先日、幼稚園の説明会に行きました。

いぶきは先生に預けて、一歌を抱きながら説明会に参加しましたが、説明会中に一歌は服までうんちを二回ももらして、替えの服がなくなってしまい…説明会もあまり聞けなかったけど、近くに座ったママが優しく後から教えてくれました。

そのママとは話しやすくて、連絡先まで交換するぐらい仲良くなれました♪

先生の話は、面倒臭いことが育児で大切なのだと、園にはテレビやDVDなどは置かないとのことでした。

そしてメール一本で連絡が出来る現在ですが、そこの園では連絡網で連絡することで母達が繋がり、母達みんなで育児をしましょうとの考えだそうです。

ケンカはダメ!!ではなく、親も許す心をもって見守ることで、経験をさせて痛みを知ることも大切。

汚ないからダメ!!では、汚れない方法も学べなければ、五感で感じる大切な経験が出来ないそうです。

ダメダメ!!ではなく、好奇心を大切に育てることが、成長ホルモンによく働き、免疫も強くなるとのことでした。

楽をしたい大人である先生達が、子供にとっての一番を考えて育てようとしてくれる想いに安心しました。

そして母である私も、先生に任せるんじゃなくて、見習って伸び伸び育てたいと反省。

私も最近ダメダメが増えた気がして、気づいてみれば、人に迷惑をかけるっていう人目を気にしての理由ばかり。

人目を気にするのは、私側の理由。

きっと子供にも伝わる。

世間体が大切か、子供が大切か。

ゆらゆらゆれることも勿論あるけど、私が一番に大切なものを確かめながら、振り返りながら育児していきます。



お宮参りと記念写真


昨日は両家集まり、一歌のお宮参りへ行きました。

朝から、自分といぶきの髪にホットカラーを巻きへアセット。

いぶきには着物も着せて、親族写真を撮りに写真館へ行きました。

一歌もベビードレスを着せましたがパンパン(笑)

肉付きのいい赤ちゃんです。

最近一歌は、夜も5時間程寝てくれて随分楽になりました。

昼間もソファーに転がしていれば勝手に寝てくれるし、あまり泣かないので、お出掛けも楽です。が、ほったらかし過ぎないように気をつけなくちゃ。


子育てのことを「個育て」と言ってる方がいました。

本当にそうだなぁ~と、個々に性格も違えば、環境も違う。

宗教や国でも随分違います。

暑い中冷房一つ無く、赤ちゃんを育てている国はたくさんありますが、日本では、寒い冬にこうして暖房があり、加湿器まである環境で子育て出来ます。

いぶきは離乳食の時期にティウロンに行きましたが、いぶきより小さな子が、バナナの天ぷらを食べていました(笑)

固形物でしかも油?

育児がどうにでもなると感じた瞬間でした(笑)。

消毒だってし過ぎる必要もなければ、入浴だってなんだって、日本の環境が凄すぎるんだ。

手を抜いて、もっと気楽に個育てしよう。

月に一度のメイク教室の仕事を4月から再開します♪

おんぶしながらメイクしますよ(笑)

育児しながら出来ることを見つけて楽しみます。

「出来る」を伸ばせる親になろう



一歌が産まれてから、少しだけさみしがり屋になったいぶき。

今までは託児などの友達がたくさんいる場所が大好きで、私の存在すら思い出すのかな?というぐらい、一人で平気だったのですが、最近はお母さんと一緒がいいいぶき。

幼稚園まで後少し。

野菜嫌いも、トイレに行けないのも、何でも「まぁいっか」が多すぎた私のせいなのか。

産後のいぶきに抱っこは腰にひびくと言いつつ、トイレといぶきが言えば授乳中の一歌を放り投げトイレまでいぶきを抱いてダッシュ。

空振り(オシッコが出ない)することもたくさん。

一番そばにいる旦那に「あさひは育児をよくやってるよ」と言ってもらえました。

我が家には我が家の、いぶきにはいぶきのペースがあるよね。

幼稚園入園前に、気がつけば、人と比べて、いぶきの苦手ばかりを見てしまいました。

いぶきだけ出来なければかわいそうだと思いつつ、育児の出来てない自分を気にしていたのか。。

そばにいる旦那が理解してくれて、認めてくれてるなら充分じゃない。


いぶきには出来ないことも苦手もあるけど、みんな同じ。

いぶきの笑顔が一番輝いてみえた、元気に動き回れる幼稚園を選んだのに、私がのびのび育てられないなら意味ないや。

いぶきはどこの国に連れて行っても、仲良く現地の子供達と遊んでいました。


最高の長所じゃない。

苦手や短所を見つめる育児はやめよう。

いぶきの「出来る」を伸ばせる親になろう。



幼稚園は四月から。今通っている英会話のプリスクールを土曜日に変更する予定でいます。

土日は旦那が講演で留守も多いので、平日に休みをとります。家族でたくさん旅もしよう。

周りの育児とは違うけれど、家族の時間を私達は一番に優先しながら、「平均的な育児」を見つめるんじゃなくて、目の前のいぶきと一歌を見落とさないようにゆっくりゆっくり育てていこう。

いつか苦手を克服するころ、人には「当たり前」と言われてもいいから、たくさん一緒に喜ぼう。

その頃にはもっと「出来る」がいっぱいになっているよね。


バレンタイン



先日、いぶきと一歌を連れてイオンへ買い物。

三人で店内のカフェに入りランチをしながら、こんな時間が幸せだなぁ~なんて思っていたら、いぶきが「トイレに行きたい!」と。

外出先ではいつもトイレを嫌がるので外出はオムツにしてるんだけど…。

まだ食事中だし、会計もせずに全員でトイレに行ったら食い逃げみたいだし、、皆さん、どうしてるんでしょうか?

店員さんを呼んで、「トイレに行ってきますので」と、一歌を店員さんに預けて、走って行きました。


一人でいぶきと一歌を風呂に入れる時も、私が先に入りシャンプーしてる最中、外からは一歌の泣き声といぶきの「トイレ~」という声。

泡だらけの頭でいぶきをトイレへ。。

トイレトレーニング、私には何のトレーニングなんだろうか。


昨日は、整体とアロマを混ぜたようなトリートメントを受けてきました。

気持ちいいイメージで行くと、「あたた」「いたい~!」と一時間ずっと絶叫(笑)。

硬直した筋肉をほぐして軟らかくするそうです。

でも、施術後は本当にスッキリ!!

授乳でこった肩がスッキリして楽になりました。


家に帰ってからはバレンタインのチョコの準備。

いぶきは英会話の先生や、じいちゃんやらに絵をたくさん書いて準備していました。

チョコを持って英会話に行くと、大きなリアクションで喜んでもらえて、いぶきは嬉しそうでした。

中身はチロルなんだけど…(笑)

人に喜んでもらえることが嬉しいって思える体験になって良かったです。

支え合いながら



吉村医院を退院後、愛知県の田原にある「どろんこ村」で産後ステイを二週間程していました。

それからは、実家にも泊まることなく、一歌初の外泊は自由人(笑)森家。

森源ちゃんはライブで居なかったので、えみこさんとのガールズトークを楽しみに遊びに行きました。

3日間お世話になりましたが、子供は子供同士で遊んでくれて、ご飯は作ってもらい、楽をさせてもらいました。

旦那の出張中、一人で二人の相手をする留守番よりもずっと楽しく過ごさせてもらいました。

3日間、近所の子供さんも出入りし預かったりしていて、いぶきはお兄ちゃんやお姉ちゃん達とみんなで風呂に入ったことが楽しかったみたい。

夜に迎えにきたパパママさんも素敵な方で、家族でカンボジアに一緒に行った仲間だそう。

そのご家族さん、今年も家族で1ヵ月程カンボジアに行くそうです。

えみこさんの周りには自由人ママがいっぱいで、毎月そんなママ達が集まり女子会をしてるんだとか。

また私達もお邪魔したいなぁ~。


お互いの子供を預かり合える人がそばにいるのはいいなぁ。

今はみんな甘えるのが苦手で、全部一人で育児してるママが多く、抱え込み過ぎてパンクしてしまうんじゃないかな。

愛知に帰れば、育児の話が出来る友達、一緒に出掛けられる友達がたくさんいること、 こうして地方に行っても家族ごと受け入れてくれる仲間がいること、それが当たり前じゃないんだなぁと、改めて感じました。

育児中の私には一人でなんて何も出来ないから。

いっぱい甘えて、いっぱいかえしていこう。

人様に迷惑をかけないなんて、所詮無理なら、大いに甘えてかえしていけばいいんだから。

大阪へ


今週は、整体とアロマを足したようなオーストラリア式オイルの整体、リメディアルセラピートリートメントというのを受けにいく予定でした。

かわいいチラシがカフェに置いてあり気になっていました。

産後、骨盤がゆがみ、授乳でくたびれた身体にはピッタリだと、ご褒美に旦那が連れていってくれる予定が…残念ながら風邪でダウンし、また後日。

今日からは大阪に出張の旦那について、私達も大阪の友達宅に二泊お邪魔します。

旦那はホテルへ。私はカンボジアの支援をしている森えみこさんのお宅へ。旦那さまの源太さんはライブでいないそうなので、女だけの楽しい時間を(笑)堪能します。

一年に四回、五回と子連れでカンボジアに行く彼女といると、嫁でも母でももっと自由に飛び回っていいんだなぁ~と思ってしまいます。

充分好きにさせてもらっていますが、、まだまだ行きたい場所はたくさんあります。

疲労した身体に元気をもらってきます。

それにしても、たった二泊のお泊まりなのに、三人分となると荷物がすごいことになりますね。

オムツをなんとかしたいなぁ。。


お雛様



昨日は家族みんなで雛人形を出しました。

今年は一歌の初節句。
一歌にはつるし飾りとアパート用に立雛を買ってもらいました。

杉浦家からは市松人形をいただいて、豪華になりました。

全部出すのには時間がかかるけれど、人形達に小物を取り付けるのは楽しいです。

おばあちゃん達からのプレゼント。子供たちは嬉しいだろうな。

いぶきは三度目の雛祭りに、親になって三年。あっという間だなぁとしみじみ。


私は「えらいね~」「いい子だね~」「上手だね~」と、偉くなくてもいいし、いい子でなくても、上手に出来なくてもいいのに、そんな言葉をたくさんいぶきにかけてしまいます。

これでは、いい子でいなくちゃ、失敗はダメなんだとプレッシャーに感じてしまうかもと、なるべく「ありがとう」に変えてみました。

上手に片付け出来たら、「助かったよ。ありがとう。」とか。

やらなきゃいけない!じゃなくて、感謝されると気持ちいいなぁと感じてもらえたら嬉しいから。



「○○しなさい」が口癖の旦那は、別に威張る気持ちも何もないんだけれど、

「○○しなさい」では、強制的でやらなきゃいけない感じがしない?と話しました。旦那はわかってくれました。

「○○してみよっか」とかの方が、相手にもNOが言える逃げ道があるような。

話してわかることもあるし、理由があって何かをしてるのだろうから、いぶきに理由を聞いてみたりしながら声をかけています。

でも、甘やかせすぎ? 自由にさせすぎ?

家庭によって、国によって育児の価値観は違います。

叱られることへの免疫がない、弱い子になってしまう?

私はいい加減で、母としてもどうかと思いますが、どんなことも「大丈夫」って思える、自分を信じられる心だけは養ってあげたいなぁ。


節分




恵方巻きを食べて、外に向かって豆まきをしました。豆が足りなくて、裏の公園でいぶきとどんぐりを拾ってどんぐりまきや松ぼっくりまきやらに(笑)。

鬼になってもらいたかった旦那は九州に出張中です。

その代わり?にいぶきが上手にプリスクールで鬼を作ってきてくれました。


一歌が産まれて2ヵ月が過ぎ、昼間の子守りや二人同時に寝かせることにも馴れてきました。

お風呂に一人で二人を入れるのはまだまだ大変だけど、一歌の首も座れば楽になるかな。

二人を連れて、何度かカフェにも行きました。

少しずつ、色々なことが出来るようになり、出来ることが増えていくと自信がわきます。

子供だけでなく、私の親業も成長しているかなぁ。

いぶきも一人で走り出すこともなくなり、言うことを理解してくれるようになりました。

荷物を運ぶのさえなんとかなれば、私だけでも二人を連れてティウロンに行けるんじゃないかとワクワクして来ました。

育児は大変なこともいっぱい。

でも出来ることも確実に増えていくから、出来ることに目をむけて楽しみます。

来週は大好きなお友達のお宅に私と子二人の三人でお泊まりです。

二人の子連れを喜んで受け入れてくれるお宅に感謝です。

自分のままで


昨日は家族で、私の母校の安城学園に行ってきました。

学生達は、創造という授業で、グループごとにある人物を調べ?発表するそうです。

色々な質問を受けましたが、一番難しかった質問は「生きるとは何ですか」との質問。

考えていましたが、答えがわかりません。

とっさに、「本能」と言ってしまいましたが、人間はやっぱりみんな生きたくて、生まれたくて生まれてきたと思うから。

理屈なしに、生きることを大切に生きたいです。

旦那は子守りでOFFモードになっていましたが(笑)、質問をされてビックリしながら旦那も応えていました。お互いの意見を聞けたし、私達夫婦にもいい時間でした。

いぶきも一歌もとてもいい子に待っててくれて良かったです。

先生は、自己肯定感が低い子が多いって言っていました。

家でも学校でも「だめだめ、○○しなさい!!」というNOの多い環境では、自分をダメだって思ってしまうから、否定しないようにしてると言われました。

生徒に与えたい想いの強い先生は、素敵でした。

確かに学生達は、「人と比べて自分なんて…」って思うことがあるって言っていました。

私には可能性だらけの原石に見えるのに。

もったいない。

まだまだこれからがスタートの段階で、「私には出来ない」とあきらめてしまったら、本当にもったいないです。

信じる気持ちと、行動次第で必ず人は開花すると思うし、今の自分に出来ないことがたくさんあっても、出来ることだってたくさんあるはず。

いまだにオムツが外れないいぶきも、家の中ではトイレに行けるようになりました。

人と比べれば、みんなオムツの外れてる年齢かもしれませんが、少しずついぶきは成長しています。

それをとことん誉めています。

自分なんて…って思っていた学生達も、こうやって出来ないことを「出来る」ことに変えてきたんだから。

真っ直ぐで純粋な彼女達の良さが、出会ったばかりの私でもわかるんだから、自分の良さをもっともっと知って欲しいです。

そんな気持ちで熱くなってしまいましたが(笑)、彼女達と話せた時間がとても楽しかったです。

主婦の私。母の私。でもこうして、一人の人として私に役割をくれた彼女達のお陰で、私自身が私を肯定出来るきっかけをもらったのかも。

ありがとう。

FC2Ad