ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

小さなお母さん



洗濯中や私が風呂に入っている最中、一歌が泣くと、いぶきは走って一歌のところに行きあやしてくれます。

あやし方がおばあさんみたいな話し方になってて面白いです。

一歌はまだ完全母乳で、水も飲んだことはなかったのですが、いぶきがコップに水をくみ、スプーンで一歌にあげていました。

上手にあげるので、一歌もゴクゴク飲んでいましたが、水道水。

煮沸もしてないんだけど…

まぁいっか。

この間は口にフルーチェ入れられてたし、昨日は葉っぱだったけど…

こうやって、二人目は免疫つけて育てられるんだよね。

あまりに水を上手に飲んでいたので、そろそろ水やお茶でもあげようかな…って言いつつ、気づけば離乳食も始まる時期だけど。


いぶきの小さなお母さんがかわいくて、一歌も誰があやすより一番笑うので、いぶきのお母さんぶりを真似しなくちゃなぁ(笑)
スポンサーサイト

教わること


半年ぶりにメイク教室を再開しました。参加下さった方達のお陰で、有意義な時間を頂けました。

幼稚園の予定表をもらう前に仕事を入れてしまい、予定を見ると全員参加のPTA総会がありました。

ママさんしかいないと思いつつ、旦那に出席してもらいました。

ママばかりだったけど、一番前に座ってきたそうです。


久々の仕事は楽しかったけれど、身体がグッタリで、夜食は外食へ。

お店の駐車場は空いていたので、いぶきは駐車場で遊んでいました。

いぶきが「あっ!!」と拾ったのは、タバコの吸殻。

旦那は思わず、「汚ない!捨てて!」と言いました。

毎日ゴミを拾っているいぶきには、「えっ!?なんで?」って感じ。

旦那も、しまった!!と思ったのか、切り替えて!?誉めていました(笑)

汚ないものを拾うから、外がきれいになるんだよね。

いぶきにゴミ袋を渡すと、楽しそうに袋いっぱいゴミを入れていました。

ゴミ袋にはタバコの吸殻だらけ…。

たばこをポイ捨てする大人達の横に、こんな姿のいぶきがいたら、みんな捨てるのかなぁ。

もう帰ろうと言っても、全部拾いたいいぶき。


私も旦那もいい加減で、しつけとか教育なんかもいい加減。

だけど、こうやって大人がなかなか出来ないことを、楽しんで出来るいぶきを見ると、充分に感じます。

そもそも落ちてるゴミの大半が大人が捨てているゴミばかり。

子どもを教えるんじゃなくて、子ども達に教わることの方が多い気がする…。

子育てかるた



登園バスを待つ間、子ども達はタンポポの綿毛を吹くのが日課になっています。

落とし穴に、泥んこ遊び。

年上の子ども達が遊びを教えてくれています。

自分が忘れていた遊びを教えてくれる子ども達。


幼稚園では一週間に一度、通信を持って帰ってきますが、そこに書いてあった「子育てかるた」

あ: あそびは最高のお勉強

い: いつもニコニコお母さん

う: 生まれた時の感動いつまでも



も: もう一度はない。子育ての時期


面白いし、納得しながら読んでいました。

き: 期待しすぎはありがた迷惑


子どもが幼稚園に行くようになって、期待しすぎてはいないかな。

期待するのと、子どもを信じて見守るのは違います。

期待すると、イライラお母さんになっちゃうから、期待しないでいこうっと(笑)

優しく「○○しようね」と何度話しかけても聞かないと、大声もあげたくなりますがガマン、ガマン。

旦那がお土産に買ってきてくれた手にはめる人形が役立って、「ぼく、いぶきちゃんと一緒にトイレにいきたいな」とか「ご飯を食べたいな」と言うと、動くようになりました(笑)

「ぼく(人形)と一緒に幼稚園に行く~」と言ってたぐらい。

幼稚園から帰ると、眠たくてグズグズわがままになるいぶき。

も: もう一度はない。子育ての時期。

さぁ、楽しもうっと。

メイク教室でリフレッシュ


幼稚園も給食が始まり、自分時間が出来るようになりました。

一歌とはずっと一緒だけど、まだ寝返りもしない静かな赤ちゃん。

一歌をつれまわし、行きたいところ、やりたいことを片付けていたら…

何だかぽっかり穴が空いたような時間と気持ち。

いぶきは家では食べられないものも、給食では全部食べてきてるようで、心配していたことも、予想を裏切るようにこなしてきます。

仲間との集団生活ってすごいなぁ。

まだ半月も経たないのに、いぶきは急成長していて、その自立していく姿に取り残されたようで、少しさみしい(笑)

あれだけ欲しかった自分の時間なんだけど…。

やっぱり2年保育でも良かったかもなんて、さみしい時だけ思ったりしてます。

友達とランチしてる時なんかは、幼稚園最高!なんて思うんですが(笑)

仕事もボチボチ再開します。

メイク教室は、定員を八名にしたものの、五名の方が予約を下さり、ちょうどいいかもと満足してる自分がいます。

ガツガツ仕事するというより、集まって下さったお客様とゆったりと有意義な時間にしたい。

人を集めることより、来てくれた人に楽しんでもらいたいなぁと意識がそちらに向いています。

結果、ゆっくりゆっくり、一人ずつ参加したい方が増えたらいいです。

今回はヨガを取り入れて、肌を整えてからポイントメイクをやりますが、次回はアロマを使ってスキンケアからマッサージなど、メイクをする前に肌をきれいにする方法もやりたいなぁと考えてます。


肌も心も癒せる時間を作りたいなぁと、メイク教室の内容を考えてる今。

やっぱりとても楽しいです。

他にも、夢をカタチにするために家で作業を開始しました。

具体的に動いた延長に、自分の夢があるなら、やっぱり動かないとダメですね。

夢を誰かにたくすんじゃなくて、自分で動かなきゃいけないんだと改めて感じたので、具体的にカタチになるころ、また発表したいです。

夏ぐらいかな♪楽しみです。



子どもは師匠



幼稚園に通いだしてから、バス乗り場まで毎日ゴミ拾いをしています。

私の方もどうせなら卒園まで続けたいと、意地!?になって続けています。

何でも続けるって大変だし、大切。小さなことだけどいぶきと毎日ゴミを拾おう。


そう思っていたのも束の間、今日はバスに間に合わないかも~といぶきとバス乗り場まで走っていました。

でもいぶきは、ゴミを見つけると「あっちにゴミがある~」と走って行きました。

「急いでるから拾わない」は大人の言い訳。

急いで拾って、またバス乗り場までダッシュ。

つまずいて転けるいぶきを見ながら、こんな急いでるのにゴミを拾ういぶきの健気さったら(笑)。


すれ違う人には元気に挨拶。

「大きな声で挨拶すれば、大きな声で挨拶してくれるよ」と私が言ったのですが、

あきらかに挨拶しないだろうって人には、私も挨拶出来なかったのですが、いぶきに「大きな声で挨拶しないと、挨拶してくれないよ」と言われてごもっとも。

ゴミを拾うのが恥ずかしい場所や、挨拶するのが恥ずかしい人とか、大人にはあるんだけども(笑)


大人の事情!?なんて子どもにはわからないし、それを大人の言い訳って言うんだろうな。

小さな子どもが時々偉大に見えます(笑)


昨日は、メッセンジャーの原稿を書き出していたら言葉が溢れて、一瞬で書き出すことが出来ました。

今回はミャンマーにワークキャンプへ行き、1ヵ月生活した時のことを書きました。

想いのあることは、時が経っても出てくるものですね。

文才やボキャブラリーは別として、書き出したい経験だけはたくさんあったんだなぁと、これまでの人生を「こういう人生を選んで良かった」と思えました。

旅は出逢いがあるからたくさんしたい。

当たり前に感じていたことを、くつがえされるような、裏切られるような、あの感覚が大好きです。

あぁ、小さな価値観の中生活していたんだなって、大切なものは気にも止めず、どうでもいいことばかりを気にしていたことに気付いたり。


日本に帰ってきて、カフェなんかで人の会話が聞こえた時に気付いたことがあります。

「○○さん、こういう人で…」

「○○さんがこう言った」
「○○さんが、こうしたから」


人のことばかりで、自分を失ってしまうのか、ここでは自分本意で生きることはワガママなのか。。

人の価値観の中で自分の価値観を押し殺し窮屈になる人が多いんだなぁと。

結果、誰かを悪く言うぐらいなら、自分が悪く言われても、自分を貫いて笑ってられる方が気持ちいい。

そんなことを思い出しながら、育児も自己流を貫いていこうと思いました。

家族でマラソン




週末は、名古屋のマラソンにチームメッセンジャーで参加しました。

我が家も家族で三キロに参加。

朝早くからお弁当を作って、名古屋へ。

ベビーカーに乗ったり、抱っこしたり、走ったりしながら三キロ完走。

天気もよく乾燥していたのもあり、一日外にいた一歌は肌がカサカサ。。

みんな黒く日焼けしてましたが、まだデリケートな赤ちゃんにはきつかったね。。

よく頑張ってくれました。

みんなで完走後は手作り弁当を食べて、青空の下懇親会。


旦那と盲目の歌姫わかなちゃんが歌を歌うときは、いぶきもわかなちゃんと手を繋ぎ、みんなの前でラブソングありがとうを歌っていました。

かわいい姿でした(親バカ(笑))

懇親会後は小学生の男の子相手に本気でバドミントンとサッカーをやって、身体ボロボロ。

バドミントン部だった私は子ども相手に本気になっていました(笑)

「そろそろ本気だして」と言われ続け(笑)、色々な大人とバドミントンしてきた後、「この中では一番マシだったから」と言われて、相手にしてもらえた自分は嬉しくて、やっぱり大人げないです(笑)。



空き地でボールも楽しいな。

また弁当を持って、テントでもはって、のんびり家族で過ごしたいです。


今は締切が近づいたメッセンジャーの記事を書いてます。

今回はミャンマーでの体験記を書いてます。是非読んで下さい♪




☆歌姫わかなちゃんとのライブです~
良かったら遊びにいらして下さい☆


「命ありがとう」

杉浦貴之トーク&ライブ with 上田若渚 IN 岡崎

親から子へ、受け継がれる愛・・・
...
NHK教育テレビ『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』でも紹介されている、全盲の歌姫・上田若渚ちゃんをゲストに迎えます。

2012年の豊田公演があまりの反響で、岡崎でもぜひ開催してほしいというリクエストにお応えしての開催です。


ピアノ:佐野信幸 パーカッション:ケンゾー

特別ゲスト 稲田貴久

☆日時 5月18日(土)

☆時間 開場12時30分 開演13時30分 (15時45分終了予定)

☆会場 甲山会館(岡崎市民会館内)

〒444-0072 愛知県岡崎市六供町出崎15番地1
TEL (0564)21-9121 http://shiminkaikan.com/kouzankaikan/

☆料金 前売2000円 当日2500円 小学生未満無料 小中高生1000円

☆主催&問い合わせ先

チームメッセンジャー岡崎 0564‐33‐1066(はなのき村) 080-5290‐0411(平尾)
kyoto_de_wasabi@yahoo.co.jp

☆お申込フォーム(遠方の方はこちらをご利用ください)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9a14a139229180(遠方の方はこちらをご利用ください)

<チケット取扱>

えがお回復整体 明楽堂 岡崎市羽根町陣場264 サンエイビル1F TEL
0564‐53‐5025

ききょうや(元気なパン屋) 岡崎市戸崎町沢田25 TEL 0564-53-2970

セルフケアサポートS 岡崎市庄司田1丁目3-16 TYビルD号 TEL 0564-73-6363

手作りサンドイッチのお店 すずや 岡崎市庄司田1丁目3-16 TYビルC号 TEL
0564-58-8833

ハウオリ(カフェ) 岡崎市伊賀町南郷中20-21 TEL 0564-23-7387

はなのき村(カフェ) 岡崎市宇頭町東側12 TEL 0564-33-1066

親の背中


毎月イオンの屋上でやってるフリマに行きました。

人混みにビックリ!!
六枚かっても六百円。

普通に子ども服なんて買えなくなります(笑)

毎日泥んこ遊びの幼稚園だから、数もいるしね。


今日も通園バスが来るまでのほのぼのとした時間が何とも幸せでした。

ママさんたちと何でもない会話して、お母さんになったんだなぁ~と染々感じています(笑)


バス停まで今日もゴミ拾いしながら行きましたが、昨日たくさん拾ったお陰でとてもきれいでした。

「いぶきが拾ったからピカピカだね~」

と言ってました。

「ゴミを拾うと、心もピカピカになるんだよ」と言うと、「そうなんだ~」って。

わかっているのか(笑)。

ゴミを発見して拾った時に「またピカピカになった。嬉しいなぁ」と言ってたいぶき。

こうやって、言葉じゃなくて実感させてあげることが大切なんだな。

小さな事でも、いぶきと体験することは大きな感動だったりするし。

きちんと背中を見せて育児していこう。

何でもハサミでなく、歯で食いちぎろうとするところ…

それも私のまねだよね。。。

見てる。見てる。

教育されてるのは私の方です。

一年生から勉強も一緒にしていけたら、大学受験の頃に私も大学受験出来るかもしれない!?なんて思ってしまいました。


「今日はバナナを二つ食べたよ」

帰ってから教えてくれる幼稚園の話が楽しみです♪

ゴミ拾い大好き



いぶきは幼稚園が楽しかったようで、今日も早くから支度をして玄関に座ってました。

早く早くと急かされて、バス停まで歩く時間も鼻唄を歌い、歩いてる人を追いかけてまで挨拶しに行くいぶき。

よっぽど楽しかったんだね。

昨日は初の登園で、泣いてた子によしよししてきたって言ってました。

一歌が産まれてから赤ちゃんがえりしてましたが、いぶきも頑張っています。

バス停までは十分はかかります。

幼稚園バスは家の前まで来てくれる園がほとんどですが、いぶきの幼稚園では地域の人との交流も大切に、みんなで子どもを守るという考えです。

楽な育児より、面倒な育児の中に大切なものがあるということで、実際面倒なことも多々ありますが(笑)子どもには本当にいいなぁと思えます。

その十分~十五分のバス停までに、たくさんのゴミが落ちています。

「ゴミは外に捨ててはいけない」の教えに、いぶきは「ゴミが外にある。ダメだよね~」と私に言います。

「ダメだよ」と言いながら、ゴミをそのままにしておくことも出来ず、ゴミ袋片手にゴミ拾いしながらバス停まで行くことになりました。

たくさん落ちていること。

いぶきはゴミ拾いを楽しんでいますが、家に帰ってからの仕分けが面倒。。

バス停でもゴミ袋片手に見送る私。

正直恥ずかしいけれど、いいことだね。

明日からもゴミ袋片手にお見送り頑張ります(笑)

大冒険のはじまり




入園式後、入園祝いに産後ステイをしていたどろんこ村へ泊まりに行きました。

今回は友達家族と一緒に同じログハウスに、みんなで布団をしいて泊まりました。

とは言っても、プライベートで遊ぶのは初めて。

それで、同部屋にしてしまってはお気の毒かなと思いつつ、布団をたくさん並べて寝るのは楽しかったです。

子どもたちのテンションの高いこと。

テレビも何もないログハウスですが、それがいいですね。

ずっと走り回っていました。

私達が産後ステイにいた時の大きな豚が、赤ちゃんを産んでいました。

美味しいごはんと子どもたちの笑顔。

食後はゆっくりコーヒーと手作りのケーキを食べながらママだけでたくさん話していました。

パパさん達には子どもを見ててもらい、ママだけで今後の夢や目標を話していました。

我が家の夢でもある、家族で世界一周をこれからする方たちです。

ワクワクする姿がとても輝いていました。

夫婦で支え合い、お互いの夢を叶えようとしてる姿がお互いを照らし合っているんだろうな。


ワクワクした気持ちは伝染して、私もたくさんのワクワクをもらいました。

両親のワクワクする姿は子どもたちにも伝染します。

私たちもいつか行きたいな。世界一周。


今日からバスで登園したいぶきには、家族で世界一周よりも一人でバスに乗ることの方が大冒険。

笑顔で手を降り乗って行きましたが、本当にどこか遠くにいぶきが行ってしまったような、取り残された感(笑)

やっと自分の時間が出来たというのに。

家族でいられる時間はわずかなんだな。

自立していく我が子を見ながら、誇らしい気持ちと切ない気持ちが入り交じっています。

入園式




いぶきの入園前に髪をバッサリ切りました。

わざといなかっぺヘアにしましたが、本気のいなかっぺにしか見えません(笑)。

入園式には張り切って行き、テンションも高くノリノリで先生のお歌を聞いたり、お返事したりしていました。

隣に座ってた女の子はハーフっぽくて、いぶきと同じ髪型なんだけどなんか違う。そうそう、こんな感じにしたかったのに~、いぶきはちびまるこちゃんかわかめちゃん、もしくはウォーズマンにしか見えません(笑)生粋な日本人の顔だわね。


入園式後、いぶきは小雨の中でさっそくどろんこ遊びに、この日の服もどろどろです。

みんなまっすぐ帰っていたけれど、もう一人似たような友達と夢中になってて帰れません。

困ったもんだ…と、親同士で苦笑い。

でもこれだけ楽しんでるなら、これからは思いきりどろんこ遊び出来るし楽しんで行けるかな。

五年前の春、旦那と出逢った南公園の桜の木の下で、家族四人の写真を友達のカメラマンに撮ってもらいました。

いぶきは公園を走り回り、ちっとも静止画が撮れません。

まてまてと追いかけながら、必死に撮影(笑)

「なんだ、この子の落ち着きのなさは…」と言ってる旦那も落ち着きのないこと。

ふざけてばかりのいぶきの笑顔が、作り笑顔よりずっと輝いてて、いぶきらしさが詰まった写真になりそうです。

きれいな構成の家族写真より、この瞬間をいつでも思い出せるような祈念写真を撮ってもらえて良かった。

さぁもまれて、たくましく育ってちょうだいよ。


この元気いっぱいな笑顔、これからもたくさん見ていきたいな。


メイク教室のご案内

4月から次女の一歌を抱きながら、ヘアメイク教室を再開します。

以前、参加して下さった方が「こんなにメイクが心を明るくしてくれるとは思わなかった」と言われました。

普段、メイクなどしたこともなく、鏡を避けるようにしていた方が、メイク後にはしっかりと鏡を見つめていました。

私も子連れですので、ママさん達も遠慮なくご参加下さい。

ママさん達こそ、自分に触れる時間が大切に思います。

まったりお茶しながら、色々お話もしましょう。


場所:B's cafe
岡崎市丸山町ハサマ32-1

4月25日(木曜日)、10時~12時。2500円(ドリンク+モーニング付き)


今回は顔の血色を整える顔のマッサージをし、自分を見つめる時間を作ってから、基本のポイントメイクに入ります。

眉、チーク、アイメイクの基本の描き方やバランスをお教えします。

自分らしさを素敵にアプローチするメイクです。

短所を隠すのではなく、長所を活かし自分に自信を持ちましょう。

表情が明るく変われば、人生まで変わります。

定員は8名までで、アットホームな雰囲気でやっていますので早めにご予約下さい。

メイク後は、皆さんとまったりお茶しながらお喋りタイムです。 色々お話もしましょう。


持ち物 メイク道具
(ベースメイクまでしてきて下さい)

こちらにもメイク道具はあるので、何でも使って下さい。メイク道具はわざわざ買いそろえなくても、あるものだけで結構です。

ご自分のメイク道具でもキレイにメイクする方法をお教えします。

参加希望の方や質問のある方はこのままブログにコメント下さい。

コメントで返信します。

あきらめない生き方



入園式まで後少し。

二人を連れて買い物やらお出掛けはエネルギーがいるけれど、この時間もわずかなのかな…と思うと、この時間も楽しんでます。

小学生の姪っ子を見てると、もう親よりも友達って感じで、親はなかなか遊んでもらえなくなるから。

遊んでくれる今を大切にします(笑)

今日は二人を連れてカフェでまったり。

いぶきも言えばわかる歳になったし、一歌はまだ歩かないから、二人連れでも今が楽なのかも。

図書館や公園。

春休みの今は人混みで、また一苦労だけど、まぁこの時は楽しかったなぁと振り返られる過ごし方をしたいです。



先日、余命二週間と余命宣告を受けた方のお見舞いに、家族で行きました。

肉体はとても苦しそうでしたが、お見舞いにくる多くの仲間に丁寧に対応してくれました。


彼には「あきらめない生き方」を教えてもらいました。

奇跡を起こし、多くの方にそのあきらめない生き方を伝えている方でした。

彼はお見舞いしてから、数日後に亡くなりました。


旦那と出逢い、私は多くの人に出逢わせてもらい、数えきれない奇跡を見せてもらいました。

でも、出逢う数が多いだけ、死に向き合うこともあります。

亡くなる直前に会った方達は、恐怖の中にいるのではなく、最後まで希望を失わない人ばかりでした。


あれだけ生きることに貪欲に、一日を生きようと頑張っていた人達に出逢えたのだから、今の自分が希望を失うなんて出来ないでしょう。。

いぶきはお見舞いに行った後に、「苦しそうだったね~」と言ってましたが、今は「雲の上で笑ってる」と言ってました。

見えないけれど、眼鏡をかければ笑ってる顔が見えるそうです。

亡くなった仲間達が教えてくれた生きざまが、生きてる私達を支えてくれてるから、やっぱり繋がっていくんです。

明日があるって意味をどれだけ深く教わったか。


今はいぶきが言うように、雲の上で笑ってるといいなぁ。

FC2Ad