ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

ここには、平和がありました



豊田の山奥にあるオイスカ研修センターまで、子ども二人連れて行って来ました。

道中、いぶきのトイレに一歌のオムツ替え、山道に車を寄せて授乳したり、一人で二人連れというのは、何かと手間がかかります。

計画通りにいかないのが、育児。

来週は、私一人で二人の子を連れて、大阪まで。

はぁ、大変そう(笑)

でも、そこには大好きな尊敬すべくママ達が集まるので、頑張ります♪


今日、オイスカの研修センターに行ったのは、先月にホームステイに来てくれたマレーシアのアズリナさんに会いに。

センターには、マレーシアのアズリナさん以外にも、パプアニューギニア、インドネシア、カンボジア、フィリピンとたくさんの人種の研修生がいました。

いぶきも一歌もたくさん遊んでもらい、ご機嫌。


国のみんなと遊んで、食事をし、テレビを見ていたら、沖縄慰霊の中継がやっていました。

小さな子どもが平和を願い、誓いのスピーチを読んでいたら、みんなが私に何と言っているか聞きました。

「I hope peace」と私がみんなに言うと、異国のみんなが声を合わせて

「yes!」

と言いました。

人種は違うけど、平和を願ってる人たちが目の前にいて、ここには平和があるなぁと感じると同時に、平和になるって、本当はすごく簡単なことに感じました。


スポンサーサイト

no title



今更ながらスマホに変えました。ブログもメッセンジャーの記事も携帯から投稿していた私には、若干不便です。。

長文が打ちづらい。

育児放棄にならないように、携帯依存にならないようにしたいです。

何時間も過ぎる間に、気付けば、その分子どもは成長してるから。

目の前の子ども達の成長を見落とさないでいたいです。


先日、幼稚園バス停まで歩いていたら、いつも挨拶するおじさんが、いぶきを待っていてくれて、ビワをくれました。

「大きな声で挨拶されると、みんな嬉しいよ!」といぶきに私は言いました。

素直な子どもですから、大きな声で挨拶します。

それが、こんなになってかえってくるんだね。

いぶきが挨拶するまでは知らない誰かだったのに、今では、いぶきを気にかけてくれる誰かに
なった。

子どもはすごい。

やっぱり自分からですね!

世界を平和にする人



日曜日はいぶきの大好きなお友達家族が遊びに来てくれました。 


 


いつ来るの?と繰返し、指折り数えた日曜日(笑) 


 


来月からその一家は世界一周旅行へ。 


 


我が家の夢を、叶えようとしている家族が目の前にいる。 


 


こちらまでワクワクしました(笑)


 


そして私たち夫婦に素敵なプレゼントをいただきました。 


 


旅のバイブル、高橋歩さんの本、しかもサイン入りで!! 


 


すごくいい「気」を感じました。 


 


 


歩さんは、家族でキャンピングカー世界一周の旅をした方。 


 


その本と、これから世界一周を控えた人達を前に、胸が躍らない訳がないですね(笑)。 


 


いぶきは、裸足でどろんこ遊びに水遊びをした昨日。 


 


楽しくて、楽しくて、お友達家族が帰る頃、初めて「さみしい」と泣きました。 


 


さみしくて泣けることが、大きな成長に感じて嬉しかったです。 


 


「ギュッてすればさみしくないよ」と、いぶきにギュッとしてくれて、優しい気持ちに包まれたのは、いぶきだけではありませんでした。 


 


子ども達のピュアな想いに、思いやり。 


 


世界一周から帰ってきた頃、彼女たちはどれぐらい大きくなって帰ってくるんだろうか。


 


大人がいない世界なら、戦争なんて絶対にないだろうな。 


 


子ども達なら簡単に、世界を平和に出来るんだろうなと思ってしまいました。


iPhoneから送信



どちらも大切な自分

結婚前、いつも遊んでいた仲間達と久々の再会。

バーベキューしたり、花火したり、正月は書き初めして、七夕には短冊書いて、小さな日常が楽しくて、私に青春をくれた仲間達。

男も女も、それぞれ家庭を持ち、住む場所や立場が色々と変わり、しばらく疎遠状態だったけど…

今回全員集まることが出来ました。

久々に会うとみんな何も変わりませんでした。

波瀾万丈な人生を過ごしてる友達に穏やかに過ごしてる友達。

でも、その「人」自身は全然変わらなくて、あの頃の自分に戻っていくようでした。

どんな「今」を過ごしていても、そのままを受け入れて、そのままのその「人」を認めてくれる仲間たち。


誰かの妻、嫁、母の顔が多くなっていた最近。

久々に自分を感じる居場所でした。

私がそこにいるようでした。


少しだけ自分を取り戻して、、それでも子供達の前に帰ればそこには自分が築いてきた、今の「自分」がいました。

どちらも大切。

でも、少しだけ「私自身」になれた時間が、荷物を全部おろしたような、ホッと出来るひとときでした。

大好きな先生



いぶきは毎日幼稚園に張り切って行ってます。

休日でも行きたい程、大好きな幼稚園。

家庭訪問があった五月。 いぶきは「いい子ちゃん」だそうで、家でのいぶきとは違って感じました。

家ではお調子者で、自己主張の強いいぶき。

でも、恥ずかしくって、なかなか自分が出せなかったのかな。

「家ではお調子者なんですけどね~」と先生に言うと、先生は「どんないぶきちゃんも受け入れるからね!どんないぶきちゃんでも大丈夫だよ」と声をかけてくれました。

若い先生ですが、安心出来る大きな方だなぁ~という印象でした。

グアム旅行の前に、幼稚園から電話がありました。

先生から、「ここ二日間程、先生がいい!!が続いて、時々顔色が曇ってたので、旅行後に変化があるかもしれません」との連絡でした。

旅行中は何度か幼稚園に行きたいと言ってたいぶきが、先生が言ってたように、旅行後初めて「幼稚園行かない」と言いました。

グズることもなかったし、その日は幼稚園に行かせましたが、帰ってきたら楽しかったようで、次の日からはまた張り切って行ってます。

旅行後の連絡張に、「ワガママばかり言ってませんか。思い通りにいかないことも必要で、その中で「思いやり」を学ぶと思いますので、ワガママばかり言ってたら叱って下さいね」と書きました。

先生からは、「ワガママではありませんよ。多くの子ども達の中でうもれないように、一生懸命自分をアピールしているのかもしれません。私もしっかりといぶきちゃんのこと見ているよ!と伝えていけるよう、関わりを密にしたいと思います。」と返事をもらいました。

いぶきは、最近元気に歌を歌いながら幼稚園に向かいます。

大きな声で友達に挨拶をして、友達におちゃらけ顔も見せています。

安心出来る先生のお陰で、いぶきも幼稚園が大好きなのかもしれません。


無理せずいぶきらしく。

どんないぶきも大好きだよ~。

お母さんもそんな気持ちで、いぶきの成長を見守っています。

運動会



先週は旦那の誕生日にいぶきがケーキのトッピングをしてくれました。

昨日はいぶきの通う英会話の運動会。

旦那は土日、ライブの仕事で、幼稚園や英会話のイベントにほとんど参加出来ません。

かわいそうに…。

一歌を抱いて、こちらも大変だけど、運動会のグッズにテントも持って張り切って行ってきました♪

一歌を抱きながら、いぶきを追いかけてのビデオ撮影。

一番頑張んなきゃいけないのは、親の方ですね(笑)

初めての徒競走に、お玉にボールをのせて走ったり、うさぎの被り物して跳んでいました。


友達と一緒の姿が見れるのは楽しいですね。

幼稚園でも毎日のように着替えして帰ってきたり、全身泥だらけで顔まで泥まみれで帰ってきて、めいいっぱい遊んでるんだなぁと思うと、汚れた服で帰ってきてくれることが嬉しいです。

テントで弁当食べるだけでも子どもには楽しかったみたいだから、母子でも出来るアウトドアをこれからの季節、楽しんで行こうかな♪

FC2Ad