ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

自分で作る世界

いぶきの誕生日に、ずっと欲しがっていたジュエルペットの携帯(ゲーム)をばあちゃんに買ってもらいましたが、ちっとも遊ばないいぶき。

持ち歩いているけど、電源を入れてめったに遊ばない。

もったいないから遊んだら?と言う私。

SDカードがないとゲームはあまり出来ないらしいので、「SDカードが必要だね」と私が言えば、「それなら作ったから大丈夫だよ」って、紙で何やら作ってました(笑)。

ゲーム依存どころか、すぐに飽きてしまい、毎日一番遊んでいる遊び道具といえば、折り込み広告。

子どもはみんな天才だと思う。想像を形にする。

排除したいものを子ども達の目の前から奪うのでなく、同じように与えたうえで
子どもが選んでくれたらいい。

そんな素晴らしい想像力と、素晴らしい世界を持
っていたら、SDカードはいらないね。いぶきが作ったSDカードの方が面白そうだよ。

これからも、自分で作る世界の方が楽しいと感じていってくれたらいいな。
スポンサーサイト

誕生日

携帯が壊れて、久々の投稿です。

11月、娘二人の誕生日がありました。
珍しくテーマパークで過ごしてみたりしましたが、子ども達はどこでも楽しそう。

お誕生日おめでとうと、ありがとうの言葉をたくさんかけたら、『涙が出ちゃう』と言ったいぶき。

出来のいい子にならなくていいから、いつまでも自分を好きでいてね。

お母さんも出来のいい子にしようとはしないからさ。

お母さんも自分が大好きなんだ。こんな不完全なお母さんを大好きって言ってくれる子ども達がいるからね。

『相手に求めない、期待しない。信頼。愛情。』

子ども達が当たり前に与えてくれる。

なかなか出来ないことなのに、どこの子ども達も親に期待せず、親を大好きだよね。

いつも思うけど、親より子ども達の方がずっと寛大。
五年間、育ててくれてありがとう(笑)そんな気持ちでいっぱいです。

母親のエゴ



仕事もしたいし、自分時間も欲しいという私のエゴで、週に一度五時間預かってくれるプリスクールに一歌を通わせることにしました。

初日の今日は、いぶきも一緒に行ける日を選びましたが、プリスクールの玄関先で大号泣。

この世の終わりかという程泣いてましたが、母も二人目は平気で引き離してしまう。(^-^;)

大丈夫と抱き上げてくれる人が外国人で一歌はもうパニック(笑)。

いぶきも一歳からプリスクールに通いましたが、いぶきは初日から黒人さんの膝の中でニコニコ笑っていました。

姉妹でも全く違う性格。

お姉ちゃんに憧れて、大きなリュックを背負ったまではご機嫌だったけど。


来月は、ティウロン村にホームステイ。

まったく、私のエゴに振り回される家族達。

ごめんなさい。

いぶきが、「
世界には学校に行けない子もいるんだよ。ティウロンで見たんだよ。」と話している姿を見た時は、

多くの感性が育っていることだし、まぁいいかと。

来月は、オイスカの協力のもと、ティウロンから離れた新たな村に、山からパイプを繋ぎ水を出す予定です。

その村に家族で行き、そのお手伝いをしたいと思っています。

山奥での水のない暮らし。電気のない暮らし。

たくさんの生活を見たら、子ども達は何を感じるかな。

これから先も家族を振り回していこうと思います(笑)。

褒め上手


苦しみを一緒に歩んできた~ あなたは人生だから生きられるの~

4歳いぶきの作詞作曲。何があったんだろう(笑)。


いぶきは褒め上手。「わぁ!いっちゃんすごいね~!」と一歌をやたら褒める。

私も褒めて欲しくて(笑)「お母さんのいい所はどこ?」と聞く。

「えっ!?全部だよ!」

さすが褒め上手。お母さんルンルンです。

長生きの秘訣


96歳になる私のおばあちゃん。
旦那と子ども達をやっと会わせられました。

前日に確認の為に電話し、
「明日一時に行くからね~」と言うと、
「ほな、留守してるわな!」と返事。
思わず「何でやねん」と言ってしまう(笑)
車椅子に乗ってるから何も出来ないと言うおばあちゃんに、「顔が見れたらいいよ!」と言うと、
「年寄りの顔見て何がおもろいねん」と言う。

96歳でも元気、元気。


おばあちゃんは、戦前、戦後、たくさんの時代を生きてきました。

戦争中は、赤紙を配る仕事で、それはそれは辛かったと。

あの時代を生きてきたから、多少のことは何ともないと言ってました。

旦那が長生きの秘訣を聞くと、

「大事にしないことやな」と、身体を甘やかせないように生活しているとのこと。

毎日毎日を
今日が最後と思って過ごしているそうです。



途上国に興味があった私に、大人達は「よくそんな所に行くね」

と言う中、おばあちゃんは、

「好きに生きや。あんたの生き方が好きやで」と私に言ってくれたのを思い出しました。

自由に生きられるこの時代。おばあちゃん達が築いてくれたこの時代。

おばあちゃんの話を聞いていたら、おばあちゃんの笑顔も涙も切なかった。ずっしり生きる意味を教えられた1日でした。

FC2Ad