ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

自分の目を信じる


一人旅をしていた頃に使っていたアイテムが出てきました。

10数年前に聴いていた曲。
その時に見ていた景色が映像になって流れてきます。


10数年前に旅したスリランカ。

なくなったと言われるカースト制度がなくなっていない現実を見ました。

初対面の私を泊めてくれたホームステイ先のお父さんは私に「うちは貧しくて豪華なおもてなしをしてあげられないし、ご馳走も作ってあげられない。でも君を本当の家族として愛することは出来る。日本人もスリランカ人も変わらない同じ人間だ。今日から君は僕の娘だ」と言ってくれました。

お風呂もトイレもない貧しいお宅で毎日川で象や牛と水浴びしました。毎日温かい食事をいただきました。私は今も褪せない幸せな気持ちをもらいました。

人を幸せにするため
に、必要なことはお金ではありませんでした。

街で観るテレビにはスリランカの内戦の様子が映されていましたが、私は目の前のスリランカ人を信じることにしました。


地球の裏の誰かわからない人にどうして興味があるの?ティウロンの活動に意味があるのかと聞かれることがあります。

私はむしろ、こんなに恵まれた日本で暮らしているのに、どうして自分のことしか興味がないのか聞きたい。

10年前に旅して以来会えていない家族が人づてに元気だと聞いて、私はとても嬉しかったし、彼らがずっと私のことを心配していたことを聞いた。


地球のどこかで、お互いの幸せを祈り合える誰かがいること程幸せなことってないと思っています。

生きていくってそういうことじゃないのかなって10数年前に感じた想いを
音楽聴きながら思い出したりして。。


結婚して、主婦になって、母になった10年だけど、そこはずっと変わらないし、これからも変わらない。


出逢ったイスラム教徒の人々はみんな最高に温かかったし、内戦してるスリランカ人が全て争いたいわけではなかったし、日本兵に夫を殺されたフィリピンのおばあちゃんは日本人に優しくしてくれた。

情報に溢れる社会だけど、答えは自分の中にしかないから自分が最終的には見なくちゃいけないと思う。

そして世の中が大切にするものでなく、自分が大切にしたいものを大切にしていこう。

まだ何も準備してないけど、明日からバリ島に行ってきます。
スポンサーサイト

一番大切にしたいこと


一歌が一言。

「いっちゃん、自分が大好きなんだよね~」

自分が大好きなら、他はどうでもいいなと。


ずっと拒否していた幼稚園も、親子通園になってから安心したのか、今は納得して園に行っている様子です。

もしかしたら、前は行きたくない気持ち以上に何か納得出来ない部分があったのかも。

一歌の気持ちを無視して連れて行かれちゃ、暴れもするなと。何より今は、家で荒れなくなりました。

私の園での滞在時間もどんどん短くなり、今は30分無い程になりました。


一歌も無理やり行かせていれば、どこかで諦めて行けていたかもしれません。でも、園に行かせることより大切にしたいことがあったから。

今一歌は私の話をちゃんと聞いてくれるようになりました。。荒れて荒れて何も聞かなかった一歌
が、今は信頼して受け入れてくれるようになりました。

一歌を受け入れたから、私の意見も受け入れてくれるようになったのか、、。

一歌の気持ちを無視し続けていたら、心の片隅に寂しさが残っていたかもしれません。


夜泣きがなくなり、穏やかになった一歌を見てこの選択をして良かったなと。


夏休みでまた園生活がどうなるかはわかりませんが、「自分が大好き」って言っていられるように、そこだけは大切に守ってあげたいです。

唯一無二の育児


いぶきが小学校に入って初の懇談会。

一年生のお母さんは、持ち物の確認やらしてあげるお母さんもたくさんいるようですが、私はしていないためいぶきの忘れ物が多い。

今日は慌てて出て行ったいぶきは、間違えてサンダルを履いて小学校に行きました(笑)

「怒られた?」と聞いたら、「みんながいいなって言ってた~」と優越感すら感じてるいぶきがすごいなと思いました。

一緒じゃなきゃ不安になるのが日本人。

人と比べなきゃいいんだよね。


今週も一歌と通園。私の幼稚園の滞在時間を減らしつつ、園に慣れていく一歌の様子を見守っています。  

精神科医の先生が、母子分離が不安な子は子どもに充分な愛情が注がれていないといったようなことを言われていました。

人間はタイプ別に分類が出来るか
もしれない。

でも唯一無二の子どもに、タイプ別に育児方もないはず。

この子はこの子。

私は私。唯一無二の育児をしていこう。


子どもが見せてくれる可能性


今日も幼稚園に一歌と通園。 

朝起きてから「ずっとずっとずっと幼稚園には行かない!」と言ってた一歌を前に、

担任の先生に電話する真似をして、「お母さんが帰ったあと、先生が一歌のお母さんになってください。お願いします。」といいました。

一歌は、安心したのか自分からリュックを背負い水筒を持って、「お母さん、幼稚園に行くよ!」と言いました。

頑張っても頑張っても前に進まない日がずっと続いていても、子どもは突然ジャンプするかのように急成長することがある。

止まっているんじゃなくて、ジャンプする為の準備期間だったのかな。

きっとまた昨日まで出来たことが出来なくなる日があるだろう。

力付くに引っ張っらなくても、子どもはまた前に進む。

ジャンプして、つまづいて。


それでいいよ。

子ども達の小さな歩幅を、大人の歩幅に合わさせるんじゃなく、小さな歩幅に合わせていこう。

じれったいけど、時折見せてくれるそのジャンプに感動をもらっているから。

親子通園がはじまりました


登園拒否気味だった一歌は、毎日幼稚園に連れて行かれないかそれはそれは不安な様子でした。

日に日に不安は大きくなり、夜泣きをし、家にいる間は私が立ち上がる度に「幼稚園に行くの?」と泣きながら聞いてきます。

「幼稚園に行かないって言って!!」と一日何度も暴れる一歌を、私は連れていけませんでした。

こんなに親に必死に訴えてるのに「行かないよ」と嘘をついて通わせることが、私は慣れさせるというよりも諦めさせることに感じたから。

心配だったのは、園に行けないことより、親を信頼出来なくなること。そして一歌の身体と心。


逃げ場を作れば逃げることしか覚えないと言う人もいますが、逃げ場がない厳しい社会だから日本は自殺者も多いんじゃないかと。

しかも、園や学校に行けない
ことは逃げてることでもなく行くか行かないの選択にも思うし。

これに関しては賛否両論あると思いますが、素直に園に話すと親子通園を提案してくれました。

園にとったら、うちだけ親子通園なんて面倒だろうにありがたい。


今日はお母さんも一緒に行けるんだと一歌に安心させて一緒に幼稚園に行きました。園児からは「どうして一歌ちゃんのお母さんがいるの?」と男の子たちにはもみくちゃにもされながら(笑)

幼稚園で遊んでいるうちに一歌は安心して私から離れていきました。

毎日毎日一歌と通園するということは、自分時間も仕事時間もないということで大変でもあるけど。

子どもたちの今この時間は二度とない。やり直せない時間。


ゆっくりゆっくりでいい、世間一般のモノサシに合わせず、子どもた
ちに合わせて私はこの子たちと育っていこうと思います。

いのちってなに?


3歳の一歌に命ってなに?と聞くと「いのちはわらうこと」とかえってきました。

いぶきに「いのちはわらうことだって。わらうって大事だよね!」と言うと、

「泣くことも、怒ることも大事だよ!走ることもジャンプすることもね」だって。

子どもたちの詩集が本当に出せるんじゃないかと思う親バカです(笑)

さぁ、今日は小学校の廃品回収。
ギックリ腰してから一週間。

腰だけが心配(笑)

願いごと


去年いぶきの短冊には、「やさしくなりたいです」と書いてありました。

今日は何を書くのかなと見ていると「いちかちゃんが幼稚園を大好きになるように」でした(笑)

優しくなれたね。


今日は幼稚園の解放日。いぶきも一緒で嬉しそうでした。

子供は楽しむ天才


学校が大好きないぶき。

いぶきに、「どうしてそんなに学校が楽しいの?」と聞くと、

「楽しめばいいんだよ。」と言われました(笑)

人生も楽しめばいいんだね。

大きなモノサシで見る


土曜日はいぶきの授業参観がありました。

落ち着きなくソワソワしている感じが微笑ましかったです(笑)

授業内容は確か「ぼくのわたしの通学路にあるもの」だったかな。

信号機とか、横断歩道や、お店などをあげる中、いぶきが書いていたものをのぞくと

「太陽」だって。

素晴らしい!!太陽はいつもあるよね。


いぶきの口ぐせで、何かと比較するとき必ず言うことば

「それって世界中よりも大きいの?」

いぶきの『ものさし』は地球規模でとっても大きいと思ってます(笑)


私は褒め続けたいなぁ。少々幼いいぶきですが。


真っすぐなその感性をず~っと大切にして欲しいから。

FC2Ad