ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4歳の名言


一歌の描いた、お腹に赤ちゃんがいるお母さんと赤ちゃんの絵。

どうしてお腹の赤ちゃんも泣いているの?

と聞いたら、

「世界のみんな、頑張って生まれて、世界のみんな頑張って生きてきたんだよ」


と言われた。


4歳が語った命の大切さが響いた(笑)
スポンサーサイト

私に出来ること


私には独身の頃からインドに里子がいました。最近高校を卒業し、支援が必要なくなりました。

私は、決してお金持ちで余裕があるわけではなかったです。

自動車を軽自動車にしたら高い税金を払わなくてすむし、その分を里子の支援金にしたいと思って軽自動車にしました。

見栄を捨てたら、どれだけの人の命を救えるんだろう、、と思っていました。

輝く人間になるために必要なのは物でなく、誰かを思いやれる心だと思っています。


他人に、ましてや他国で困っている人に興味のある人は僅かです。

わかっているけど、何が自分に出来るだろう、、そんなことばかり考えています。

世界は一人から変えられる


以前もこちらで紹介させてもらっためちゃめちゃ面白かった本!
『貧困と環境をビジネスで解決した男の物語』


知人が紹介しているFBを見て、すぐに本を買いました。

行動して行動して人生をつかんでいく著者の阪口さんの姿に、人間の可能性をみせられて、ワクワクが止まりませんでした。

100年後の地球、環境のことを考えてつくられた会社。

どんなものだろうと取り扱い店を調べて、私は名古屋の東急ハンズまでこちらの「みんなでみらいを」のクレンジングを買いに行きました。

2300円。化粧品としては決して高くはないけれど、安いクレンジングは他にもあります。

成分は米ぬかと小麦ふすま(小麦ぬか)のみの完全無添加の洗顔クレンジングです。

途上国の支援にも繋がり、環境を破壊しないならと買ってみたら、本当に良かった!

ナチュラルなクレンジングって、クレンジング力がなかったり、高かったり、つっぱったりするけど本当にしっとり仕上がります。

しかも一度のクレンジングでしっかり落とせます。

ダブル洗顔しなくてこれ一本でいいなら、むしろ安い!2~3ヶ月持ちます。

美容の仕事をずっとしてきましたが、商品を取り扱いしたことはありませんでした。

私は商品じゃなく、技術を売るんだ!という変なプライドがありました。

でもこの商品と、この会社の経営理念に感動して、阪口さんに貢献したい!と思い著者の阪口さんに連絡をしました。

私のサロンは自宅でやってる小さなサロンのため、ホームページもありません。

怪しいと相手にされないかもしれない。でもダメもとで、商品を取り扱いたいと連絡しました。

取り扱い店は大手ばかりだったので。。


それなのに、こんな小さなサロンにも商品を置かせて頂けることになりました!

ティウロン村の活動をはじめた時のように、私は微力だけど、無力ではないと想いだけはあるんです!と暑苦しいだろうメッセージを送りました。

読んで頂けたこと、商品を置かせて頂けたことに感謝です。

一度この方の本を読んでみて下さい!近くの取り扱い店で商品を試して下さい。

押し売りでないのでいらない人はスルーしてください。

純粋に、こんな素晴らしい会社が増えたらいいなという思いで、勝手に私が宣伝しています。

興味があれば是非お近くのお取り扱い店で。

たくさんの人がこうした地球に無害な商品を使ってくれたら。子ども達の未来も明るくなります。


我が家のサロンにもありますので、直接連絡下さってもいいです。商品を購入される前に一度試してもらって大丈夫です。我が家で購入頂ける方の特典は、夢にワクワクしている私に会えます!(笑)

プレゼントにもおすすめです!

ワクワクする方へ動いたら、ワクワクすることしかなかった。

地球環境に出来ることが、ティウロン活動以外にも広がった気がして嬉しいです。


『世界は自分一人から変えられる』

by 阪口 竜也さん

準備はいらない


毎日のようにいぶきのお友達が何人も家に来てくれる。

昨日はリビングの蛍光灯が切れた。
真っ暗の中子ども達は懐中電灯をつけて遊んでる。

家によぶときは、前もって教えてと言ってるのに、突然なものだからお菓子もない。

子ども達は、部屋が真っ暗なら真っ暗を楽しむ。

真っ暗に飽きて、公園に駆けて行った。

「隕石を探してくる~!」と言って。

子ども達のスケールはデカイなぁ。

掃除してない!お菓子ない!蛍光灯ない!と思ってた私はまぁ、小さいこと。

子ども達にはどうでも良かったんだろう。


準備が整ってからと思いがちだけど、準備なんていらないなと子ども達を見てて思う。

準備が整ってからだと、一番大切な時間を失うなと。

あんなふうに躊躇することなく、色々なことに駆けていきたい。

娘の才能


いぶきの友達は色々なことが出来る。

側転、ピアノ、ダンス。

習い事をしてるのもあるだろうけど、みんな才能の塊。

いぶきはひがむこともなく、

「◯◯ちゃんってすごいんだよ!」といつも話をしてくれる。


いぶきは幼く、出来ないことも多い。

ただ、本人もやりたいと言わなければ私は出来ても出来なくてもどちらでもいい。


いぶきのすごいところは、人をとことん尊敬できること。

いぶきが人にバカにされず友達が多いのは、みんな素晴らしいって思う心があるからだと思う。

いぶきは本当に素晴らしい友達に恵まれている。

そして、いぶきのお陰で出逢えた友達のママ達もみんな素敵な人ばかり。

自立していく子ども達に、一人で何でも出来る力は必要だろうが、力を貸してくれる誰かがいることの方が私は大切だと思ってる。

甘えるなとは言わない。

甘えられる人達を大切に生きていくんだよと、子ども達には伝えたい。

地球の中心


風の強い今日。

「風さん吹くと木がいっちゃんにバイバイするよ」

「太陽さん、いっちゃんが好きだからいつもついてくるんじゃない?」

地球の中心はいつも自分

見返りを求めない心


次女の一歌は気が強く、負けず嫌い。

いぶきがゲームで当てた景品を奪いとり、自分の物だと暴れる。

いぶきが欲しかった物なのに、一歌が使うと譲らない。

一歌は怒るとしつこいほど、

「いぶきなんて大嫌い!」と叫ぶ。


いぶきは気にしない。

「じゃあさ、二人の物にしよう。今度の金曜日までいっちゃんが使って、その次の金曜日まではいぶきが使うね」と一歌から貸してあげた。

「いぶきにありがとうは?」と一歌に求めた私。

いぶきは、
「ありがとうは別に言わなくていいよ」と言った。

一歌が本当は自分(いぶき)のことを好きだってことも知っているって言った。


雨の中、いぶきは一歌に傘をさしてあげて一歌が濡れないようにあいあい傘で歩いていた。

大嫌いって何度も言われてたのに。


お母さんは求めてばかりだよ。

ありがとうもごめんねも。

そしてお母さんを大好きでいてほしいって。


別に何も言わなくていいよって

いぶきみたいに見返りを求めない人になりたい。

子ども達の宝物


今、いぶきのクラスでは宝物を紹介するという授業をやってるらしい。

いぶきはヨーヨーを持って行った。

「お母さんの宝物はいぶといっちゃん」と言ったら、

「◯◯ちゃんも「宝物は友達」って言ったんだけど、そうするとお母さんやお父さんや妹は?って思っちゃって、選べなくなるから物にしたんだ」

「このヨーヨーはお母さんと二人でリトルマーメイドを観に行った時にもらったから」と。。


物より人を選ぶ方がいい

って思ってた愚かな母さんです。


もちろん「宝物は友達」って友達の前で発表できた子もステキだけどさ、

物の背景にある想い出を大切に出来るってステキじゃないか。

何気ないことも、子ども達には理由があったり、聞かなきゃわからないことがある。


リトルマーメイドを観る前、近くのカフェで食事した時にお子様ランチに付いてきた景品。

なんとかレンジャーのキャラクターのヨーヨーで、二年生の女の子の宝物には幼稚だったのか他の子に笑われたって言ってたけど、、

お母さんとの思い出を大切にしてくれてありがとう。




心のしこり


たまたま昨日目に入ったFBの投稿。
誰かがいいねを押していたからアップされた、外国での派遣の仕事。

気になって見てみると今日名古屋で説明会があるという。

今朝、参加申し込みをし、返事はないけど行くことに。

驚いたのは、会議室に数人しかいないと思ったら50人以上もいて、60代の方がたくさんいたこと。


私はずっと海外での仕事に憧れ、、独身の時にジャ○カの説明会に行った。

過去問題を見て一瞬で諦めた、、。

答えどころか、問題がわからない、、。



他の手段があると、インドネシアに美容学校を建設するという方を紹介してもらい、顔も知らないその人に直接連絡をし、東京まで会いに行った。


「いつでもインドネシアにきてよ」と言ってもらえたが、その後すぐに旦那と出逢い、電撃結婚。その方に連絡をして、私は結婚を選んだ。


それはそれはきっと運命だったと思うけれど、心に残ったしこり。


一度でいい、生の現場で誰かのために働いてみたかった。

もちろん日本にいたって誰かのために働けるけど。


結婚前に始めたティウロンの活動は、旦那の理解もあり、現在も続けられてる。

個人の活動のため、毎年自腹で旅をしてきた。

家族分の旅費を毎年必至で貯めて。



今年は家族を巻き込んでティウロンツアーまでさせてもらえた。本当に感謝すべきこと。


ツアーでは、村人や参加者さんの笑顔が見られて、これで心のしこりが小さくなるかと思いきや、

心の奥の方から、蓋をしたはずの声が聞こえてくる。

『もっとやりたい』


参加した説明会、応募条件に当てはまらないのはわかっていたけど、行って良かった。途上国で働いた経験者の生の声は胸の奥まで届いた。

自分の経験も誰かの胸を熱くするそんな経験がしたい。



興味ある方へ歩いていけば、また情報を持った誰かに出逢える。

種も撒かなきゃ芽は出ない。
小さな種でも種を撒く。

そのアクションが花を咲かす。


私が出来ることは今は小さな種を撒くことかもしれないけど、いつかどこかで蒔いた種に芽が出るかもしれない。

動いていきたい。わずかでも。
















芸術に触れる


昨日は奮発していぶきと劇団四季のリトルマーメイドを観に行きました。

着ぐるみショーを観に行った時に、本当に歌ってるショーが観たいと言われ、、


耳に聴こえる声も、目に映る色も素晴らしかったです。楽しかった~。芸術に触れるのもいいですね。


行動範囲が三河か東南アジアの親子には、都会に行くシャレた服もなかったけれど、滅多にない都会の夜も楽しかったです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。