FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

伝えたいこと

19年前ティウロンに行った時は、電気もなく、川や池で洗濯をしたり身体を洗った。

村の娯楽は音楽や踊り、おしゃべりだった。

ギターを弾いて年寄りから子ども達が歌い、踊った。

そこには笑顔があった。

その村にハマり、一人で何度も訪ねた。

英語もマレーシア語も全く話せない私は、旅の指差し絵本という、簡単なマレーシア語の本を持って。

それさえあれば何とかなると一人で旅をした。

いつもポケットに入れていたけど、川で洗濯をしている最中にそのマレーシア語の本を川に流してしまった。必至で追いかける私の姿が滑稽だったのか、みんなが笑った。

語学なんて、言葉なんてもういらなかった。

美味しいってママの料理をたくさん食べて、楽しいって笑って、村人と踊って、それだけで私が村を大好きなのは伝わった。

何もないその村に住みたいと思った。

日本にいるときは、何でもある場所に住みたがっていたのに。

不衛生で、不便なティウロン村に住みたかった。

日本に帰った時はホームシックになるほどたった。

人が幸せを感じられるのは、人との関わりの中でしか生まれないんだと知った。

優越感は何も満たしてくれないとわかったから、家も寝られたらいいし、車も動けばいいと思う。

その分、村人達に会いに行って、笑える時間を増やしたかった。

今日いぶきが「すごい人かなんてどうでもいい。面白い人と友達になりたい」と言っていた。

私もそう思う。

すごいねなんて言われる人にならなくていい。

友達になりたい、あなたといると面白い!そう思われる人になって欲しい。

私が一緒にいて面白かったのは、ギター一つで歌い、踊り、笑えるティウロンの人達だった。

何もない中で幸せを知る人々が魅力的でならなかった。

その魅力的な人々を伝えていきたい。
スポンサーサイト



キャップがたくさん


我が家は賃貸アパート。
ベランダは2つ。

洗濯を干すベランダと、キャップを保管するベランダ。

上の人から何を集めているんですかと聞かれ、上から見たらゴミ屋敷に見えるかもしれないなと、、😅

植林活動のためにペットボトルキャップを集めているんですと話したら、一緒に集めてくれるようになりました。

岡崎の㈱大久保東海さんに持っていき換金してもらっています。

リサイクルできる物と出来ないものとを障害者福祉施設の方々が仕分けしてくださり、その施設の方々とティウロンの活動資金に振り分けられます。

集まった資金で、写真の村に貯水タンクとパイプを設置する予定です。

それができたら、多くの村人達が助かると聞いたら、ベランダがキャップだらけになることぐらい、なんてことないか😅

今日旦那にキャップを運んでもらい、スッキリしました😊

毎日を楽しむ

冬休み、書き初めの宿題、大会もあるのに、手本を学校に忘れたいぶき。

今週は学力テスト。復習させて下さいと手紙に書いてあるよと言ったら、教科書を失くしたことに気づく。

いぶきは一年の間にどれだけ教科書を失くすんだろう。

普段学校と家の宿題でしか使わない教科書をどこで失くせるんだ。

教科書を探しておいでと言っても教科書を探すことを毎日忘れて帰ってくる。

失くしたことすら忘れ生活出来るいぶきを見てると、大したことじゃないんだなと思う。

「大丈夫、大丈夫」としか言わない。

ならもう大丈夫なんだろう。

「今日は図工だ~🎶」「今日の給食はデザートがある~🎶」とか、毎日の楽しみを見つけて学校に行くいぶきに、もう充分生きていくたくましさが身に付いていると思っている。

「毎日、楽しいんじゃないよ、楽しむんだよ。」

一年生の時にいぶきが言ってた言葉。
今も今を楽しんでいます。

飛びこもう

AI 時代だからこそ大切にしたい人間力。

調べれば載ってる知識でなく、経験こそが人間力を育ててくれると思っているので、子ども達にはたくさんの経験をして欲しい。

たくさんの感動が心を想像力を育ててくれる。

人の優しさには触れた分だけ人は優しくなれると思っている。

友達のおじいさんにいちかが手紙を書いていた。

「いつもいっちゃんに優しいね。だからいっちゃんも優しくするね」

優しさや、笑顔は伝染する。

今年は子ども達と飛び込んでみたい世界がある。

心配もされそうだけど、

大丈夫。

何かあればまた私達を成長させてくれる経験になるだろうし、たくさんの感動がきっと待っているから。

感動のない人生ほど、つまらないものはない。

さあ、飛び込もう。

1日を大切に生きよう

年末、和歌山まで坂本フジヱさんに会いに行きました。

妊娠中、吉村医院で出逢った坂本フジヱさん。「大丈夫やで」の著者で、日本一最高齢の助産師さん。

吉村医院に通っている頃、会いたいと思っていた坂本さんが目の前に現れて、「会いに行ってもいいですか」と、それから何度か和歌山に会いに行っています。

会いに行けば、自分の本当のおばあさんのように良くしてくれて、温かく心強い言葉をかけてくれました。

今年の10月で助産師を引退されたそうですが、10月まで坂本助産所でお産の仕事をされていたそうです。

95歳の最後のお仕事。73年助産師として勤めてみえたと聞きました。

子ども達に「人のために生きなさい」とかけられる言葉はずっしりと重たかったです。

スッと立ち上がり、お土産にとたくさんのみかんを持ってきてくれました。

重たいみかんを軽々持って歩ける95歳。

坂本さんに出逢って10年が過ぎました。

「まだまだ勉強がしたくてね」、と吉村医院に85歳で研修に来てみえた坂本さん。

大きな私のお腹に手を当てて「この中は宇宙やで、どんなに立派な人でさえこの中には手が届かない」と言われた10年前。

「命ってなんですか」と私が聞くと

「命はわからないものだよ」と何十年と命に向き合われてもわからないものだと教えてくれた坂本さん。

流産して死に直面した私に、命が宿った瞬間から人は必ず死ぬものだということを教えてくれた坂本さん。

今度はいつ会えるかなと想うと切なくなったけど、、
時間は有限であることと、会いたい人には会いにいかなくちゃダメだということを再確認した一日でした。

1日1日を大事に過ごそう。
人のために生きよう。

オイスカクリスマス会

子ども達は、オイスカで英会話のクリスマスパーティー。1日預かってくれます。

フィリピンやフィジーのクリスマスを教えてもらったり、お菓子や料理作りにゲーム。プレゼント交換。

司会進行していたのは、イスラム教の女の子。サンタの帽子をかぶっていました。

宗教関係なく、みんなで楽しめるのがオイスカの良いところ。

子ども達が楽しんでいる間、私は餅つき&竹ポックリのイベントの準備。

竹をずっと削っていました。
クリスマスイブに竹の粉まみれ。
面白かったです。

子ども達の友達も何人か参加してくれて、とっても楽しんでいて嬉しかったです。

オイスカから、また世界を拡げる子どもが増えるだろう。

環境問題に興味を持つ子どももいるかもしれない。

その一つのきっかけになりますように。

餅つきも楽しみます。

クリスマス会

12月23日、
クリスマスシーズンは、毎日がイベントの子ども達。

今日は、子ども達はちばるの料理教室。

やいやい言いたくなる親は立ち入り禁止ということで非常にありがたい。

子ども達は、子ども達の世界をどんどん拡げてくれたらいい。

色々な場所に行って、自分の好きな人や場所を見つけて、自分らしくいられる場所で過ごして欲しい。

親は成長を見ていたいけど、親がいない所で子ども達はスクスク育つ。

どこに行くときも、
「大丈夫!楽しんでおいで」と送り出したい。

私は一人カフェタイムを楽しんでいます。

帰ってからは、子ども達に料理の腕前を披露してもらおう。

前に進む

12月15日は11年目の結婚記念日。
みんな元気なうちにとことん自分の出来ることをしたいと誓った日。

水供給の話を進めている。

マレーシアボルネオ島の人と話をしていて、水供給するには、井戸か、貯水タンクか、山からのパイプかどれがいいかを聞いていたら、井戸は山の木をたくさん伐採したから井戸水が出ないと言っていた。

思うように進まないのが途上国だよと、ずっと海外支援をされてきた方が言った。

うまく進まなくて当たり前。うまくいかなくて当たり前。

価値観や、生活の違う人達と話を進めるって、なかなか難しいけど、だからこそ完成した時の感動がある。

日本の価値観では簡単に感じることが、なかなか進まない。
そもそもキレイな水が出ることの方が奇跡なのかもしれない。

お金をかけて井戸を掘っても水が出ないこともある。
やってみなきゃわからないことも、うまくいかなければ支援金を出してくれた方は怒れるだろう。

怒られながら、笑われながら、、前に進む。

そんな中ボルネオ島の村人からきちんとした計画表が届いた。

当たり前のことが当たり前じゃない人達と手を繋ぐって、スリリングで感動があって面白い。

村人達の笑顔を想像すると、ワクワクして仕方ない。
怒られながら、笑われながら、、

だけど最後は、みんなで笑いたい。

それが自分の生きる意味。

悲しみを乗り越えて

12月、義父が亡くなりました。
無事、葬儀も終わりました。
温かなお言葉をありがとうございました。

お見舞い中、子ども達は
「おじいちゃん頑張ってるね!」
「一生懸命生きているね!」

と言っていました。

最後まで一生懸命に生きる姿を見て、亡くなったこと以上に生きることの意味を教わりました。

 
大切な人といられることが当たり前でないことを知ったから、毎日を大切に過ごしていけると思います。

 
葬儀の帰り道、綺麗な満月を見ながら、「すごく輝いているから、おじいちゃんは月になったのかもしれないね」

と言っていました。
輝いて生きていたおじいちゃん、ありがとう。きっと見守っていてくれると信じて、日々過ごしていこうと思います。

自分に出来ること


先日、地雷処理をされてる高山さんにお会いして心がしびれたのだけれど、自分のぬるさに腹が立った。

微力でも出来ることをしようとやってきたことが、いつしか自分は微力なんだからこの程度でいいと自分を卑下していたんじゃないか。

覚悟が足りない、優しさが足りない、強さが足りない。
そんな自分が悔しくて腹がたったけど、
悔しいってことはそれだけ自分を信じているんだと、

自分に出来ることをもっと積極的にやろうと思いました。

苦手だ、苦手だと言ってきた講演もやって活動資金を集めたいです。
 
旦那が歌ってくれている「生まれる」だけでなく、ティウロン村の歌や、平和を願って書いた歌があります。

ライブでは聴けない歌をコラボして歌ってもらいたいと頼みました。

夫婦で呼んで講演主宰して下さる方がいましたら、よろしくお願い致します。
私一人でも大丈夫です。

活動としては、ボルネオ島からボートに乗ってさらに離れた小さな村に、水供給の支援をしたいと話を進めていますが、東南アジアの人とのやりとりには時差が生じる。

全く進まない、、。

視察しがてら行って話をした方が早い。
いくら機械化が進んでも、人は人と直接会って話を聞かなくちゃいけないんだと、行くことを決めました。

飛行機が安くなる時期を狙って行ってきます。

出来ることして働いて、視察の為の交通資金を頑張って作りたい。

今週は美容の仕事に、フリマ。
私には大切にしたい家族が世界中にいます。

よろしければ応援よろしくお願いします。

気付けば、、

気付けば11月から更新していませんでした、、。
もう2月。
これまでの出来事をまとめてアップします。


12月1日、今日はノーマライゼーションのイベント後、講演に走り、化粧直しも忘れ汗だくのまま講演会。

それもまた自分らしい。

人前は相変わらず苦手で、ドキドキが止まらないんだけど、聞いて下さる1人ひとりの目を見ていると落ち着いてくる。

気付いた時には伝えたい気持ちがいっぱい。

貧しさに苦労する人を伝えたいんじゃない、そこで、出逢った人々の優しさや、人を思いやれる心の豊かさを伝えたい。

講演はお陰さまで無事終わり、そのまま今度は次の予定へ。

私が憧れる会いたかった方に会えるチャンスがあったので、厚かましく子ども達を連れて。

会いたい人には、やっぱり何がなんでも会いにいくべきだとお会いした時に思いました。

私が講演で話したことが恥ずかしくなるぐらい、その方の人生は素晴らしかった。

観光旅行に1000回行くよりも、人生を変えてくれる場所に出逢えたことは幸せなことだと言われてました。

また、素敵な人に出逢い、また行きたい場所が増えてしまった、、。

そして思ってしまった、、
もっとお金があったら、時間があったら、主婦じゃなかったら、、

そんなふうに思った自分が悔しかった。
まだまだやれることがあるのに、やっていないだけじゃないか。

支援したい場所や人、活動が山ほどある。また実際に訪ねてみたい場がいくつもある。

観光旅行はこれから先も出来なくてもいい。

もっともっともっと、人生フルにつかってやりたいことをやりたい。

欲ばかり。

いつかやりたいんだ!なんて言いながら、いつかを見失わないように、強い心が欲しい。