ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

子どもの可能性


子どもに必要だと親が思い込み無理やり教えることは、子どもにとってプレッシャーにしかならない気がして、

大人も見ていてイライラするし、本人がやりたくなるまでほったらかしにしてきました。

周りは逆上がりも自転車乗りも出来てあたり前。

本人が乗りたがらないなら乗りたくなるまで待てばいいやと、年中時に買った自転車は乗らないままに錆びだらけになりました?

先日、突然自転車を乗りたくなったいぶきは何も教えなくてもすごい集中力で簡単に乗れました。

プールも泳ぎたいと思った時にひたすら一人で泳ぎ続けて泳いでいるし、

やりたいって想いに勝るものはないな。

勉強もしたくなればすればいい。


自分でやりたいと思って、集中して出来たことはやらされて出来ることより『自信』が違うと思います。

子ども達の『出来る』ことじゃなく、『自信』や『集中力』を積み重ねていきたい。

今は編み物に夢中になっています。

何だっていい。

今は夢中になる練習。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1008-31b765aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad