ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

肯定感を育ててくれる先生の存在


今日はいぶきの懇談会。毎日先生に怒られると聞いていたので、母も叱られる覚悟で学校に行きました。

でも先生はちゃんといぶきの良い所も見てくれていました。

「今日は配るプリントがいっぱいで、もたついていたら、いぶきちゃんが手伝いましょうかと声をかけてくれました。困っている友達がいれば声をかけて、助けようとします。」と先生が話してくれました。

先日の一歌の鼻ビーズ事故。いぶきの行動を話したら

「泣けちゃう!」と言って涙を浮かべてました。。

成績や授業中の態度だけでなく、ちゃんと人間性を見てくれているんだと感謝しました。

いつも怒られると言ってたいぶきに、
「先生はちゃんといぶのいい所も見てくれてるよ」と伝えました。

私も小学生の頃、勉強は出来ませんでしたが、
担任の先生が私をみんなの前に立たせて

「クラスで一番ありがとうが言える子です。みんなで拍手しましょう」と言って、拍手をもらいました。

劣等生でも、自分の存在価値を認められたような嬉しい気持ちは忘れません。

そこをほめてくれたお蔭で、感謝する気持ちを大切に出来るようになりました。

いぶきの優しさをほめてくれた先生。

優しさを大切に育ってくれたらいいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1046-892ae0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad