ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

何をしてきたんだろう。


ボルネオ島のティウロン村の笑顔を守りたいと活動してきた中に、植林活動があります。

日本が東南アジアからたくさんの木を伐採していることが、現地の人々の生活を苦しめていると知って。

いいことをしてるんじゃなく、日本の尻拭いをしているような気持ちもありました。拭える程でないこともわかっているけど。

そうしたら、今度は日本オリンピックのスタジアム建設のために、安価なボルネオの木を伐採する可能性があるとの情報を見ました。

先週もボルネオに植林活動を兼ねてツアーしたばかり。

何をしてきたんだろう。ツアーも、この10年も。

10年前に植えた苗木が立派な木になっていて、嬉しかったんだけど。

村人の笑顔が見られて嬉しかったんだけど。

簡単に伐採されていくんだね。

16年通い続けてきたボルネオ島。

築いてきた関係。

ばっさり切られるような感覚。

この16年間。たくさんのはげ山に、たくさん伐採された木を乗せたトラックをずっと見てきました。

植林した後にむなしくもなったけれど、1つの苗木に実る果実が、今後どれだけの人の生活を支えるだろうかと、小さな苗木の可能性を信じていました。

「無力と微力は違う」という言葉が、原動力になっていたけど、

今までが無力だったのかとショックを受けました。

何をしてきたんだろう。。

、、、10年で意味がないなら、もう10年頑張ってみようか。

婆さんになるまで、通い続けるかな。

「ティウロン村の笑顔を守りたい」

その気持ちはやっぱりずっと変わらないから。

http://www.foejapan.org/forest/library/161206.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1065-7c4f613b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad