FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

母子で講演会 2018/3/9


今でこそネットも繋がり、世界は身近になったけれど、私がティウロン村に一人旅する時は村のお父さんに手紙を書いて街まで迎えに来てもらいました。

車もなかったから、バスの乗り換えに6時間待って、小さなボロボロのミニバスで移動。

村までもバスはなかったから、バイクやタクシーを乗り継ぎ村に行きました。

村には電気も水道もなかったけれど、退屈を感じることはなかったです。

外で、子ども達は走り回り、中高生ぐらいの子ども達はギターをひき歌っていました。

今は、空港から3時間~4時間ほどで行けるようになりましたが、当時は村人も車はありませんでした。

帰る時はお父さんが街まで一緒にきてくれて、バスに乗る直前に温かいハグをしてくれて、バスに乗ってからもずっとずっと涙が止まりませんでした。

シャイなお父さんが、思わず抱きしめずにはいられなかった別れ。

あの時のことを思い出すと、今も涙が出てきます。

もう会うことはないかもしれないと、その時はお互いに思っていたから。


人生の中で、思い出すだけで涙が出てしまうハグを、どれだけもらえるだろうか。

言葉なんてなくても、心はしっかり届きました。

そんな経験をたくさん重ねてこられたことが、幸せな人生だなと思います。


明日はオイスカ中部センターで講演会。

子どもも前に出てティウロンの話をしたいと言っています。

これまでの経験と、村人達の深い愛情を
届けられるように、母子で頑張ります(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1164-325e3a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad