FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

2018/8/15 お盆は毎年恒例のホームステイ


ホームステイに来ている子はイオンよりもリサイクルショップに行きたいとのことで、近所のBOOK・OFFに。

家では段ボールで家を作ったり、子ども達と一緒におふろに入って水鉄砲で遊んでくれました。

フィリピンで問題になっているストリートチルドレンの話も聞きました。

夏休みはボルネオ島の村人達の家をいくつかホームステイさせてもらい、日本に帰ってからもホームステイの受け入れや、友達が泊まりにくるなどの夏休み。

誰かと共同生活することで、相手のことを理解しようとするし、宗教が違えばその違いを受け入れ、相手が喜ぶことをしたいと思う。

ボルネオ島のオイスカ研修センターに行った時は、80人程の研修生がいて、宗教もそれぞれだったけど、

食事の前には日本の「いただきます」と、イスラム教のお祈り、クリスチャンのお祈りをして食事をしました。

お互いを知り、お互いを受け入れて生活する。

毎年ホームステイの受け入れをして、宗教や国の違いを知り、遊びを通じてみんな一緒に楽しめることを子ども達は学んでいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1214-be62305e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad