FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

もあはぴのうえちゃん

このティウロンの活動に、ペットボトルのキャップ収集活動を加えてくれたのがうえちゃん。

彼は美容関係の営業マン。忙しい仕事の合間に、こうして私の活動や旦那の活動を手伝ってくれて、今では三重県の四日市でいろんな方をゲストに呼んで講演会を主催しています。

いつも人の陰で、人の手助けをしてくれます。
陰でやるからカッコいい。

こんな言葉を聞いたことがあります。

『優れた脇役は主役を輝かせる』

彼のお陰でたくさんの方が輝いていきます。

楽しみながら、人の手伝いをするうえちゃんだから、光がささないわけがない。

来年あたりは、うえちゃんが表に立って講演会をたくさんしてるんじゃないかなぁ…

そんなうえちゃんのメルマガに、私の活動を紹介してくれたので、そのままパクッて紹介させてもらいます(笑)

↓↓↓



心が明るいから、幸せへの感性も鋭くなる。
しあわせを容易に発見するから、心がまた明るくなる、という循環をくり返すわけである。
幸福な人とはみなそういうものなのであろう。


(by 桜木 健古(著述家))


いつも『もあはぴ通信』ご愛読ありがとうございます。
うえちゃんです。

このメルマガは、『more happy club』開催情報、その他講演会・イベント情報、うえちゃんの感じたことを不定期で配信します。
最後までお付き合いください。

最近このメルマガでもよく告知している「ペットボトルキャップを集めて緑を増やそう」という活動。

僕がその活動を始めるキッカケとなったのが、「ティウロン村の笑顔を守りたい」という活動をたった一人ではじめた亜紗比ちゃん。

今日は、僕が亜紗比ちゃんから聞いて感動したティウロン村へのホームステイでのお話を紹介します。

↓↓
マレーシア・ボルネオ島のサバ州にティウロンという人口100人程の小さな小さな村があります。

でも、その村は水道がなく、雨水だけで生活をしています。いつもは、雨水をタンクに貯めて飲料水、水浴び、洗濯に使っています。なかなか雨が降らない為、 村の人々は川や池で体を洗い洗濯をしています。生活の収入は農業となるのですが、雨が降らない為、収入が安定せずお父さんは愛する家族と離れ出稼ぎに行っています。

そんな村に、2001年8月に私はホームステイに行きました。村の人々はとても歓迎してくれ、私に大切な宝物をプレゼントしてくれる女の子もいました。

お礼がしたいと思い、私の持ち物で何か欲しい物はないか尋ねたところ…

『何もいらない。あなたに出会えたことが、何よりものプレゼントだ』と言ってくれました。

帰り際、ホームステイ先のお父さんと握手をすると、その手の中にはお金が含まれていました。日本円にすれば数百円だと思いますが、それほどまでに重みのあるお金を手にしたことはありません。

自分よりもきれいな服を着て、きれいな靴を履いている私に…あなたなら、裕福に暮らしている相手にお金をあげようと思いますか?ボロボロになった子供達の服を一枚買うこともためらい、生活に困っている人が裕福な日本人に、幸せを願ってお金を差出すのです。私は涙があふれて受けとることが出来ませんでした。

↑↑

少しでもその家族と村が住みよい環境になるように植林の為の募金活動を、亜紗比ちゃんは2007年の2月からたった一人で始めました。

そして少しづつ少しづつ賛同者も増え、NGOオイスカに協力してもらえることにもなったんです。

ね!何か協力したくなるでしょ!?

もっとティウロン村を知ってみたい方は、YOUTUBEで見ることができます。
ちょっと感動する作品になってますよ!
http://www.youtube.com/watch?v=Dsk2EzaC7zA
↑パソコンからしか見れないかな!?

さらにティウロン村を知ってみたい方は、オイスカがティウロン村あるのマレーシアボルネオツアーを組んでくれてます。

お申込締切が延長されました!!
再度、亜紗比ちゃんより告知です。

◆◇詳細↓↓◆◇

☆*:・°★:*:・°☆*:・°★:*:・°☆*:・°
ボルネオツアー参加者募集!!

こちらにも私の大切な家族がいます。
私達夫婦は今回参加できませんが、素敵な家族が待っています。

家族の大切さを、心の豊かさを教えてくれたティウロン村の人々、是非繋がって欲しいです☆
人生観変わります!!!

平成21年 2月 8日(月)から 2月16日(火)まで。8泊9日

 主な予定
 1、オイスカ中部日本研修センター 2泊 熱帯農業体験など
 2、ティウロン村でのホームステイ 2泊 植林など
 3、サンビリン村でのホームステイ 2泊 植林、
                     村での共同作業(水パイプの設置など)

  セントレア空港 10:00 発  
  セントレア空港 21:00 着

     参加資格:中学生以上

費用  :155000円(渡航費、滞在費、苗木代などの国際協力費

    定員 :15名

サンビリン村では、水のプロジェクトの起工式を行います。
山からの水をパイプにて家庭に引くものです。(新規ではありませ
んが)
* マレーシア・サバ州においては、山岳地や村などで山からの
水や天水を飲み水とするのは、普通です。

申し込みの締切:平成22年 1月 8日(金)(1月8日以降のお申込みはお問い合わせください)  
平成22年 1月 8日(金)以降は、キャンセル料がかかります。
 
申し込み先  :オイスカ中部日本研修センター            
 担当 森田
〒470-0328 豊田市勘八町勘八27-56
電話 0565(42)1101 FAX 0565(42)1103
 Eメール smorita@oisca.org  


お待ちしています♪
お友達に紹介してください!
メルマガ『もあはぴ通信』発行中!
00547739s@merumo.ne.jp に空メールで購読できます。
登録解除は
00547739u@merumo.ne.jp に空メール。
ではまた次号で。。。more happy!


スポンサーサイト



コメント

うえちゃん!!

うえちゃん、この前初めて講師をやったんだよね~
(*´▽`*)

来年は、確実に前に立つ人になると思います!!

ボトルキャップ、またたくさん集まってるから今度持っていくね~♪♪

私も、いつかティウロンに行きたいです!!

夢がいっぱい膨らむ~
((o(^-^)o))

  • 2009/12/30(水) 19:20:16 |
  • URL |
  • りえ #-
  • [ 編集 ]

照れます

あけましておめでとう!
久々にブログ見たら紹介してくれてたんやね♪
なんだか照れます。

今年も僕は陰で支えます(*^^)v

ありがとう

今年もよろしくお願いします!
私も今年は、うえちゃんの力になれるよう頑張ります☆

  • 2010/01/07(木) 08:24:13 |
  • URL |
  • あさひ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/124-ff425b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)