FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

インドネシア旅日記 12/28


夕方からはバイクの荷台に10人で乗って市場へ。

屋台におでんのような食べ物があり、子ども達はもりもり食べていました。

寝るまで遊んでいたいぶきに「何が一番楽しかった?」と聞いたら「全部!」「今日1日がとても早かった!」と返ってきました。

村の子ども達と仲良くなって、明日帰りたくないと言っているいぶきと一歌に、またこの村の子ども達と会えるか聞かれました。

「なかなか会うことは出来ないだろうね、、」と答えると、さみしそうに「こんなに仲良くなったのに」と呟きました。

別れなきゃいけない出逢いに何の意味があるんだろうね、、

村の子ども達も一緒に遊んだことを「本当に楽しかった!」と言っていました。

外国人の珍しい地域に日本人がやってきて、一緒に遊んだ日をこれからもきっと彼らは覚えていてくれるだろう。

日本って言葉を聞くたび、思い出してくれるだろう。

だから、別れはあっても出逢うことは、やっぱりとても意味のあることだと思う。

日本人の娘達にも、インドネシアの彼らにもこの出逢いが大切な想い出になりますように。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1269-fc69e67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)