FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

インドネシア旅日記 1/4

ジョグジャカルタからジャカルタに移動して、ホテルが古くなりました。
バスタブがあって、お湯が出るだけで充分なのに、一度いいホテルに泊まるとガッカリしてしまう。

ついこの間まで、雨水生活だったのに。

人間は簡単に贅沢になれるんだろう。

ジョグジャカルタからの電車、窓から外を見渡せば線路沿いにスラム街が続いていた。

ボロボロの家が並んでいたけど、そこにはたくさんの子ども達も住んでいる。

自分は何も出来ないんだなと眺めていた。

今日はショッピングモールまで歩いていたらホームレスの親子が道に寝ていた。

いぶきはそのお母さんにお金を渡した。
笑う気力すらなさそうだった。

「お金が集まって、住む家が買えたらいいね」といぶき。

住む家があることに感謝して、たまには周りを見渡して、自分に出来ることを考えたい。

いぶきがお金を渡した後、すれ違ったおじさんがいぶきに優しく微笑んでくれた。

良い、悪い、偽善、自己満、何かすればついてきた言葉。

それでも自分のことを微笑んで見てくれる人は必ずいるよ。

何が出来るかじゃなくて、何かしようと手を差し出せた勇気を大事にして欲しいと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1278-4fbcbe7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)