FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

伝えたいこと

19年前ティウロンに行った時は、電気もなく、川や池で洗濯をしたり身体を洗った。

村の娯楽は音楽や踊り、おしゃべりだった。

ギターを弾いて年寄りから子ども達が歌い、踊った。

そこには笑顔があった。

その村にハマり、一人で何度も訪ねた。

英語もマレーシア語も全く話せない私は、旅の指差し絵本という、簡単なマレーシア語の本を持って。

それさえあれば何とかなると一人で旅をした。

いつもポケットに入れていたけど、川で洗濯をしている最中にそのマレーシア語の本を川に流してしまった。必至で追いかける私の姿が滑稽だったのか、みんなが笑った。

語学なんて、言葉なんてもういらなかった。

美味しいってママの料理をたくさん食べて、楽しいって笑って、村人と踊って、それだけで私が村を大好きなのは伝わった。

何もないその村に住みたいと思った。

日本にいるときは、何でもある場所に住みたがっていたのに。

不衛生で、不便なティウロン村に住みたかった。

日本に帰った時はホームシックになるほどたった。

人が幸せを感じられるのは、人との関わりの中でしか生まれないんだと知った。

優越感は何も満たしてくれないとわかったから、家も寝られたらいいし、車も動けばいいと思う。

その分、村人達に会いに行って、笑える時間を増やしたかった。

今日いぶきが「すごい人かなんてどうでもいい。面白い人と友達になりたい」と言っていた。

私もそう思う。

すごいねなんて言われる人にならなくていい。

友達になりたい、あなたといると面白い!そう思われる人になって欲しい。

私が一緒にいて面白かったのは、ギター一つで歌い、踊り、笑えるティウロンの人達だった。

何もない中で幸せを知る人々が魅力的でならなかった。

その魅力的な人々を伝えていきたい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/1384-71ec8553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)