FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

嬉しいお便り


先日発送したメッセンジャーを読んだ方から、旦那にメールが届きました。



杉浦様

この度は、ご結婚、芽ちゃん御誕生おめでとうございます。

昨日、メッセンジャーVOL30号が届きました。
実は、長引く不景気で、主人と経営している建設業の経営不振、おまけに大学生二人の息子達をかかえ、生きる事に疲れていました。


自らの命を絶ち、わずかばかりの生命保険を従業員の退職金と息子二人の学費の充てようと、命を粗末にする事ばかりを毎日考えていました。


しかし、杉浦さんの奥様の「いのちのいぶき」を読んでいたら、涙が溢れてきました。芽ちゃんの誕生を待ちわび、いとおしみながら迎えられた出産、命賭けで生まれてきた芽ちゃん、それを傍らで見守られる杉浦さんの、姿が目に浮かんできて、私までもが幸せな気持ちになりました。


そして、私の母の顔が浮かび、私の母も亜沙比さんと同じような気持ちで、私を生んでくれたに違いない、母は私を命がけで生んでくれたのに、自ら命を絶とうと考えていたなんて。自分が、恥ずかしくなりました。


メッセンジャーに御登場の皆さんも、大病を抱えながら明るく前向きに、生きていらっしゃいます。皆様にも勇気をもらいました。


不況に負けず、今日から前向きに頑張ってみます。前向きな気持ちで、毎日を過ごすと不景気を乗り越えれそうです。


杉浦さん、ありがとうございます。杉浦さんに、助けられました。

次は、いい報告が出来ればと思っています。



↑嬉しかったです。大切な命が一つ助かったこと。

命が亡くなることで、悲しむ人がどれぐらいいて、残された人は苦しみをどれだけ背負うか…


命が一つ産まれるまでに、どれだけの人がどれだけの愛情で待ちわびてきたか。

そう思うと、誰か一人の命が助かったこと、本当に嬉しく思います。

旦那のような活動でなくても、誰にでも支えられる命があるはずだから、今日も人に、自分に優しく生きよう。



メッセンジャーも5周年を迎え、今回が30号となりました。メッセンジャー30号、今回は、すべての原点、「いのち」。病気を治そうとしている人も、夢に向かっている人も、一度、この原点に立ち返ってほしい。


旦那のメルマガより紹介文↓↓

『登場人物は「いのちのいぶき ~人は皆、産まれたがっている~」の亜紗比。「いのちの輝き ~自宅で夫婦二人だけのお産~」の木村理恵さん。

「命のバトンを繋ぐということ~妻の出産に立ち会って~」の三戸隆正(てんつくマン映画出演)さん。「ありのままの命を見つめて ~二つの命を前に究極の選択~」の村井佳苗さん。「命を
懸けて命を産む ~インタビュー~」の吉村医院・院長吉村正さん。「愛こそすべて ~インタビュー~」の助産師・坂本フジヱさん。

さらちゃんは、渾身の最終回です!』

私も出してもらってます☆読んで下さい~

http://www.taka-messenger.com/?menu=cats
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/150-b9cfe3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)