FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

一枚の絵となって

今日は私の母校、安城学園高等学校に、「五体不満足」の著者・乙武さんの講演会を聴きに行きました。

乙武さんは現在、小学校の教員をされています。
小学校での教育のお話や、乙武さん自身のお話を聞かせてもらいました。
勇気をもらえる講演会でした。


最後に質問タイムがありました。

乙武さんに、『大切にしている言葉はありますか』との質問。

乙武さんは『ユニーク』とこたえられました。

ユニークは、日本語に訳すと『唯一』という意味だそうです。

誰も代わりはいない、ただ一つの存在。


『パズルのピースのように、凹凸があっていい。
完璧な人間なんていない。
それを互いが支えあい、補い合えば美しい一枚の絵になる』と言われました。

互いに支え合う社会が当たり前になれば、完璧を目指して苦しくならないで、みんな楽になるのかな。


弱い部分を人に見せることは、カッコいいことじゃないかもしれないけれど、 私は弱い自分のお陰で、手を差し出してくれる仲間に出会えた。

こんなに素晴らしい仲間に出会えたのなら、凹んだ部分の自分も、全て含めて大好きになれる。

講演会後、生徒会の学生達に会いました。

ティウロンの街頭募金をしてくれたそうです。
外に立って声を出すこはとても勇気のいることですが、何回も安城駅の前で募金活動をしてくれたそうです。

一万円以上の募金を集めてくれました。

ペットボトルのキャップも集めてくれているそうです。

ティウロンの活動に、たくさんのピースが集まって、今美しい絵になっているような、そんな気持ちになれました。

安城学園高等学校の先生方、学生の皆さん、ありがとうございました!!

あさひ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/16-0010b3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)