FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

独り言


いぶきが産まれてから、生きることに責任を感じ、死ぬことが怖くなりました。

自分一人の命でないことも、自分の命が如何に大切かもいぶきを通じて感じました。

家族にとって変わりはいません。


どんなに雑な私にも、いぶきは私を必要とし探します。

子どもに「かわいいね~」「大好きだよ」と愛情を伝えると、子どもは自分を必要とされていると知り自信を持って育っていけるそうです。

でも、それ以前に私たちは子どもから教えられています。

親の必要性。

どんな私でも、いぶきに必要。だからこそ、私も旦那も「生きていなくちゃ」とますます強く思うようになりました。


こんなふうに愛情を持って育ててくれた親は、私を自由にしてくれた。それが今の自分に出来るかどうか。

親は子をどれだけ大切でも、所有してはいけない。子どもは所有物ではない。

肉体を過保護に守るのでなく、魂を磨くために子どもの人生を大切にしてあげる…というと宗教みたいかな。

過保護になる親の気持ちが今はよくわかります。

自分が一人で海外に行くのに、心配はなかったけど、いぶきが途上国を一人旅するなんて言ったら…心配かもなぁ。

自分が歩む以上に見守る側は忍耐が必要ですね。痛みも受ける側よりも、見ているほうが辛いだろうから。

旦那の両親が、旦那の余命宣告を受けたとき、どれだけの想いで見守っていたかと思うと…やっぱり私に耐えられるかどうか。

それでも息子の人生を生かし、過保護にするのでなく自由にされたことは、大きな愛だと感じます。

私達夫婦も親にしてもらった分の信頼を、いぶきにしてあげることが今の課題かな。


生きててほしいと願いながら、生きていなくちゃと毎日感じる。

ボソボソと感じた独り言でした。


スポンサーサイト



コメント


私も小学生の頃から、一人旅をたくさんしてきました。

母は、私が行きたいと言えばどこへでも行かせてくれました。

今、私が色んなところに行けたり、動けるのも間違いなく母のおかげだと思っています。


一人で出掛ける私の小さな背中を見送りながら、どれだけの不安が過ぎっただろう…

あさひちゃんみたいに私も、子どもができたらそんな風にできるのかな~なんて思います。

母は偉大。


「木の上に立って見る」と書いて「親」。

手伝いたい気持ちをぐっとこらえて、その子が一人で動けるようにサポートするのが親の役目なのかなぁ、そんな風に思います。

そんな親になりたいなぁ。




昨日、タカさんに会えて嬉しかった~

タカさんが人生初?書き下ろしをしてくれました☆

いぶき姫の写メも見せてもらいました!かわいい~~!!

  • 2010/06/14(月) 00:59:55 |
  • URL |
  • ひとみ #-
  • [ 編集 ]

ひとみちゃん

心のこもったコメントをありがとう!たかさんのライブも、ツイッターも…いろいろと杉浦家を支えてくれてありがとうございます。

ひとみちゃんのツイッターを見ては素敵なお母さんだなぁと感じてました。

私にはまだまだそんな器がないけれど、いつかそんな母親になりたいなぁ。

その愛情に学生の時から気付いているひとみちゃんもすごいね☆

いつもありがとう~


  • 2010/06/14(月) 13:02:33 |
  • URL |
  • あさひ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/192-a2bb4967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)