FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

生きる!!



いぶきがくまのぬいぐるみをギュッと抱き締めて、くまの顔を笑顔で覗きながら背中をポンポンとたたく。

母親からの愛情は、こうやって身体に刻まれ、受けた愛情は与える愛情へと変わっていくんだろう。


今日は家族で名古屋へ向かいました。

旦那の友人のお見舞いに。

何度も抗がん剤治療をし、命と向き合ってきた人が、また病状がひどくなったと聞いて。

病室の扉を開くまでは、どんな顔で何を話せばいいのかと考えてました。

でも、扉を開ければ笑顔で迎えてくれる彼に、もの凄く強くしぶとい生命力を見せてもらいました。

医者にも病状がわからず、酷くなっていく自分自身に「もうだめだ」と感じたとも聞きました。今までたくさん手術をしてきた人が、今回は本当にヤバいと。。

でも、最近また食事が取れるまでに回復し、看護婦さんたちも驚いているそうです。

こんな所でいってたまるか!という彼の「生きたい!」と望む姿に、ただ感動しました。

色々と挑戦していこう!と旦那が話す姿を見て、私は生きることを本当の意味で知らなかったように思いました。

明るく生きるとか、楽しく生きるとか、、どう生きるかと向き合ったことはあるけれど、ただ「生きる」ことに向き合って生きてこれただろうか。

何があっても「生きる」という、決意がかっこよくて、美しくて。

何が在るとか無いとか、そんなことじゃなくて。

生きることに真っ直ぐ、生きたことがあるだろうか。

言葉に出来ないなんとも言えない感覚が、私の魂にまでガツンと届いた感じです。

命をもって、命を教えてくれてます。


生きることを信じるって本当に大切。

彼の強い意思が、細胞を目覚めさせ、また生きるための準備を整えてくれてる感じです。

話せなかった人が、たくさん話せるようになったし、また食べられるようになったなんて、信じるしかないでしょ。

旦那がいつも言ってる「命はやわじゃない」って言葉や「命のしぶとさ」を信じよう!

そう思って病室を出た私の方が元気をもらっていました。

最初は酸素を送らなければ呼吸が出来ない彼を見て、自分が何も出来ないと無力さを感じましたが、生きようと自分自身を震い立たせる彼を目の前に、やっぱり人間の力は無限大だ!とまで思考を変えられました。
大丈夫。

命の主導権は自分にある。
そう信じたい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/328-89956955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)