FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

命の講演会



カンボジアから帰っても、私は仕事したり、いぶきを英会話託児に預けたり、いぶきは寂しかったかな。

私がアロマのスクールに行く前に、いぶきはぐったり体調を崩しました。

また離れるのを察してでしょうか。

私はスクールを休みました。

いぶきにはたくさんの経験も必要。

でも一番大切な時間は、お母さんがギュッといぶきを抱き締めてあげる時間。

きっといぶきは、カンボジアから心も忙しくて、そんな時間がもっと欲しかったのでしょう。

今日はいぶきとたくさん向き合って、一緒に過ごしました。


抱き締めてあげる時、手放してあげる時、バランスが大切ですね。

ちょっとハードだったかな。ごめんね、いぶき。


10月は旦那も講演会が続いて忙しそうですが、私の活動も応援してくれてる「もあはぴ」のうえちゃんが、大きなイベントを企画してます。

テーマは命。

日時は10月10日、赤ちゃんがお腹にいるトツキトウカからかな~

それぞれの命の話。

聞きに来てくださいね。


いのちの講演会
「生きていく私たちのできること」
~4つの命の物語~


年間3万人以上の自殺者、増え続けるがん患者数、いつどこで起こりうるかわからない天災。

「死」と隣り合わせの生活にもかかわらず、死に対して「負」の側面、悲しみや不安や恐怖から目をそむけがち。

必ず訪れる「死」を見つめることによって、限り有る「生」を充実させること。

改めていのちと向き合うことで、いのちのかけがえなさを認識し、何気なく生きるのではなく、どう生きていくかを考えるキッカケになることを目的としたイベント。



【内容】
4名のゲストによる講演、トークセッション

ゲスト
・澤登和夫(さわとん)・・・自身のうつ経験、うつ専門カウンセラーという視点から見た命のお話

・朝倉三恵・・・小児ガンによって7歳で天国に旅立った息子、将(まさし)くんの精一杯生き抜く命が発した、あったかい言葉の数々を通して命を考える。

・杉浦貴之・・・「早くて半年、2年後生きている可能性は100%ない」という自身の余命宣告からの復活。「命はやわじゃない」というメッセージを歌とトークで伝える。

・吉成洋拍(ハグちゃん)・・・東日本大震災、福島県在住で自らも被災しながら続けたボランティアを通した命のお話



告知ムービー






【日時】
2011年10月10日(月・祝)
開場:12:00
開演:13:00
終了予定:17:00

【場所】 
場所名:じばさん三重 6Fホール

住所:〒510-0075 
三重県四日市市安島1-3-18
059-353-8100


アクセス方法:近鉄四日市駅 徒歩2分

【参加費】
前売:¥2000
当日:¥2500

※中学生以下は無料とさせていただきます。
このイベントでの収益は東日本大震災復興の支援金とさせていただきます。


【申込・お問い合わせ】
山口まで
TEL: 080-3630-0424
MAIL: junko.smap.toto-424@softbank.ne.jp

お申込みフォームはこちら
http://bit.ly/lC0baK


【主催】
もあはぴ~more happy club~


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/371-3e96f30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)