FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

生きてる奇跡

昨夜、闘病中の仲間が、寝たまま起きないようで、きっと声だけは聞こえてるはずと、祈りをこめて電話越しで旦那と歌いました。

旦那が一生懸命に歌う姿を見て感じました。

多くの人に聞いてもらうために歌を歌うのが役割でなく、「あなた」に届くように歌う。それが役割なのかもって。

人はみんな多くの誰かの為に何かすることを評価するけど、「あなた」の為に生きること、それが一番の役割なんじゃないかって。

大切な人の為に生きてるご主人と、大切な人の為に生きようとしてる彼女から、「命」を感じさせてもらいました。

歌声を聞いた彼女は、息が少し荒くなり、電話越しで聞こえる彼女の呼吸は、「ゼーゼー」と苦しそうでしたが、生きてるって感じた「命」そのものでした。

それから数時間が経ち、亡くなったことを知りました。

旦那と出会ってから、多くの人に出逢い、みんな病を抱えながらも必死に生きている人ばかりでした。

光が照らされ元気になっていく人にスポットはあたりますが、陰では亡くなる人もたくさんいて、その人達は決して命を諦めたりしませんでした。

光も陰も、生も死も受け入れて、「命はやわじゃない」と伝えている旦那が、強いなぁと思います。

私には、命の尊さに感謝しながら必死に生きている人達が、何故亡くなるかわかりません。


彼女の呼吸がこだましています。


私は今、ただただ「命」を生きています。

そこに色をつけることもなく、どうやってとか、どんなふうにとか、、そんなこだわりもなく、生きることに生きていけるのは、必死に生きることを生きてきた人にたくさん出逢えたお陰です。


文句言いながら生きてる人だって、呼吸はしてるんだから。

身体は生きようとしてる。

この命に感謝して、目の前の人を大切に今日も過ごします。

命をありがとう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/376-db6197a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)