FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

優しい気持ち



いぶきがおもちゃの犬の人形と向き合って座り続けています。

自分のおもちゃを見せてあげながら話しかけたり、おむつを替えようとしたり、おっぱいをあげたり。

いぶきの小さな身体から溢れる大きな母性に、優しい気持ちをもらいます。

ディズニー映画のトイストーリーの世界が本当にあって、おもちゃ達は子供達の無邪気な愛情に包まれて、幸せなんじゃないかなって思ってみたり。

私が二人目を流産してから約一年。

亡くなった命のお陰で、かけがえのない大切な時間を、充分に味わうことが出来ました。

特にこの一年は、命が当たり前でないんだってことを噛み締めながら大切に過ごせました。

いぶきを預けて、自分のことも精一杯にさせてもらいました。

命の尊さを知ったから、子供も自分もそれぞれの人生を大切に出来ました。

子供は親の所有物じゃない。

でも、親も子供の所有物じゃない。

実際、自分の親に全てを捧げられても、嬉しくないもの。

親には親の人生を楽しんで欲しい。

もちろん小さないぶきにとっては、この家庭が一番最初の社会。

この社会も大切に、個々も大切にしたいです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/466-3e30661f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)