FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

今更ですが…ティウロ ンツアー旅日記最終日



いぶきは最終日に熱を出したけど、1日ホテルで休んだら、熱も下がり走り回れるほどに元気に。

子供の体力はすごい!メンバーの同じ歳の子と一緒におちゃらけていました。

あれだけ走れたらもう大丈夫!!ひと安心(笑)


午前中にコタキナバルの空港へ向かい、日本へ帰国。

…のはずが、飛行機のトラブルで飛行機が遅れて、乗り継ぎに間に合わず、何故か一泊香港で宿泊になりました(笑)。

みんな1日余分に休みをもらっていたようで、急遽1日延びた香港での旅も、メンバーはラッキー♪って感じで受け入れていました。

ハプニングを楽しむ精神が旅には一番大切(笑)。それを持っていたメンバーに感謝です。

大きなホテルでの宿泊と食事がついていて、本当にラッキー♪

この旅で一番VIPなホテルと食事でした(笑)

子連れメンバーはホテルで休み、ホテル内のスパを受けたりしながらのんびり過ごし、他のメンバーは香港の街に繰り出し、飲茶やショッピングを楽しんでいたようです。

思わぬ香港入国にいぶきのパスポートにはまた入国の印鑑?が増えました。

まさか行きも帰りもトラブルがあるとは思っていなかったけど、日常のトラブルより楽しめるから不思議。

毎日が旅なら、トラブルも楽しめるかな(笑)

毎日を旅してる気持ちで過ごしてみようか。


翌日の朝、飛行機は香港を出て、無事に日本へ着きました。

一般的には一週間の旅行は長いだろうけど、生活に触れようと思うと全く短い。

個性的なメンバーのお陰で、本当に色んな色がバランスよく調和していたように思います。

こうしたツアーでは、旅先の人だけでなく、日本人参加者同士も仲良くなれるのが楽しいですね。

九年前に1ヵ月ミャンマーで植林した日本人の仲間達とは、今でも繋がっていますから。

このツアーが、人と繋がるきっかけ、国を知るきっかけ、マレーシアを好きになるきっかけ、、、それがもし否定的な感情だとしても、何かのきっかけとなれば幸いです。

私は、しばらくはお産と子育てに集中して、次のツアーはまたいつになるかは未定です。

それでも、私に「与える喜び」を教えてくれたマレーシアの人々に、これからも恩返しを続けて行きたいと思います。

ティウロンは、皆さんの支援のお陰で安全な水を確保出来るようになっていたけれど、まだまだ不衛生な環境で暮らしている人はたくさんいます。

不便な生活は命に影響はありませんが、不衛生な環境での生活は身体に影響します。

命に繋がる大切な水を、安全な水を飲めるように、活動を続けて行きたいと思います。

今回もワガママな私の思い付きツアーを陰ながら支えてくれたオイスカの森田さん。

現地のオイスカスタッフのマリトスさんと何度も連絡を取っては、マリトスさんは何度も村を訪ねてくれました。

現地の植林地や幼稚園、ホームステイ先のアポとりなどが、なかなか難しい環境の中で進めてくれたことに感謝です。

ツアーの手配をしてくださったオイスカの皆さん、ツアーに参加してくださった皆さん、そしてご支援下さる皆さん、この場を借りて感謝いたします。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/568-fa3ef3af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)