FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

共同生活



長野の木村家では、毎日美味しい新鮮な野菜をたくさん戴きました。

全部野菜なのに、上手に料理していてたくさんのレシピがあって、どれも本当に美味しかったです。

のんびりと過ごしたり、畑仕事や、子供達を連れて山道を歩いて30分程かけて公園に行ったりしました。

自転車やら三輪車も持って行きましたが、行きは登り坂ばかりで子供達も大変。

いぶきは帰り道に寝てしまうし、山道を抱っこで歩くのはかなりいい運動。それでも、みんなで協力しながら歩いた散歩が妙に気持ち良くて、楽しかったです。

夜は旦那さまのキムさんやお客様とみんなでご飯。

色々な話が聞けて楽しかったです。

そして、木村家の子供達はたくさん「ありがとう」が言えて、きっとお父さんのキムさんとお母さんのりえちゃんがたくさんありがとうって言ってたから。

「上手にありがとうが言えてすごいね!」って私が言うと、五歳のねねちゃんが「ありがとうってことを、お母さんがしてくれるからお母さんがすごいんだよ!」って言ってました。


すごいこと言うなぁ…

私が「ありがとう」と発する言葉に、これだけの想いや尊敬を込められていただろうか…と、小さな子供から感謝の意味を教えられたようでした。

スタイルでも、しつけでもない。

この想いの部分を育める親になりたいなぁと思いました。

五日間という長い時間を家族で受け入れてくれたことに心から感謝しよう。

子育てしながら、こんなに毎日たくさんの人を受け入れる生活、私には出来ない。

子連れの共同生活というものを体験させてもらい、いぶきも私も貴重な夏になりました。ありがとう。

長野からの帰り道は、いぶきも寝てくれてのんびりと帰ることが出来ました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/573-f298f025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)