FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

韓国旅行



両親と姉家族、我が家の三家族で韓国に行ってきました。

父の大好きな韓国なので、親孝行にと思いつつ、旅費を出してもらい、いぶきの面倒をみてもらう旅行は親孝行でも何もなくなってしまいましたが。。

二泊三日のツアーは、時間が短めだけれど、ちょうど良かったかな。

しかし、ショッピングメインの旅行は、幼児連れには厳しかったです。しかも全日雨。

抱っこ!お母さんがいい!と言われて、抱っこして歩くには距離は長いし、妊娠してる私にはお腹も張ってくるし。

歩くのは平気だけど、抱っこは妊婦にはきついですね。

じいちゃん、ばあちゃんに孫を任せて、夕食後に姉とコスメを見に行きました。

安くて質がいいコスメをたくさん買えて、やっと!?満足(笑)。

韓国で有名な「ナンタ」ってショーも見られたし、良かったです。

一番良かったのは、日韓の関係が生で体験出来たこと。

マスコミは、日韓の不仲を強調するような内容ばかりで、韓国の人は日本に対していいイメージはないだろうな…と思っていました。

しかし、観光なりに、地下鉄などに乗るなどしたことで、韓国人の優しさが垣間見られました。

いぶきを抱いてると、さっと席を譲ってくれて、私の親にも、姪っ子にも、みんなが席を優先してくれました。

日本での満員電車の地下鉄で、私は大荷物と寝てるいぶきを抱きながら30分程立ってましたが、誰も席を譲ってはくれませんでした。

足を開いて携帯に夢中で、座っているのは若者だらけでした。

足を閉じてくれたら、いぶきだけでも座れるのにな~と感じたことがあります。

逆に、外国人が日本に来たら、ビックリするんじゃないかな。

マスコミの情報だけで、歴史だけで、その国を批判するのは悲しすぎます。

自分の目と心で見ていかなければ、何も見えない。

現に、韓国の人は○○人だからなんて差別もなく、目の前の人に思いやりを持って接してくれました。


それがわかっただけでもいい機会でした。

カフェに入ったときは、男性店員に愛想を振りまくいぶきは、商品のクッキーをサービスでもらっていました。

誰かが、マスコミの情報だけで外国人を批判していたら、 「でも優しい人がいたよ」って、自分の心で体験したことが言える人になって欲しいです。

私も旅好きでたくさんの国を旅したけれど、どこの国も優しかった。

内戦してる国ですら、人は優しく見えました。

マスコミが言うほど、歴史に書かれてるほど、世界は冷たくないし、世界は優しい。

いぶきにもそれを見せて行きたいなぁ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/575-ebbf6c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)