FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

自分に優しく



今日はいぶきがプリスクールで、仕事の打合せが午後からだった為、いぶきを送った後の午前はのんびり過ごしました。

いぶきを送り出すまでに、弁当作りや掃除、洗濯にバタバタと一汗かき、いつもはその後に運動を始めます。

子育てをしていると、空いてる時間が貴重に思えて、予定をたくさん押し込んで、常に動いていました。

頭は動きたがっていたけれど、身体は休みたがっていたのかもしれません。

ふっと、力を抜いて心安らぐ時間が、なかったように思います。

昨日はテレビで、一人目が2、3歳のときに離婚率が最も高く、産後崩れた女性のホルモンバランスに原因があるんだと言ってました。

イライラしやすく、そしてボーッと過ごすことが許せず、その期間に資格を取りたくなるのもホルモンバランスからだとか。

私も資格を取ろうとしていたのは、ホルモンバランスから?

そういえば、妊娠してからお産して、ずっと頑張ってきてたよね。

体調が万全ではない中、それでも子育てに家事を自分なりにやってきたよね。

臨月の妊婦さんが、ストイックに運動を頑張っていて、臨月に入り体調が壊れて、助産婦さんに相談したとき、助産婦さんに言われたそうです。

「最近泣いたことはある?弱音をはいたことはある?ここまでたくさん運動をして、頑張ってきた自分を認めたあげた?こんなに頑張った自分を、もう認めてあげたらいいんじゃないかな」

と、言われた瞬間、彼女は涙が止まらなかったと言ってました。

悲しいわけではないけど、涙が溢れて仕方なかったって。


頑張ってる自分が自信になることもたくさんあるし、頑張ってることで安心出来ることもたくさんあるけど、ずっとずっと頑張り続ける必要もないし、もう少し自分に優しくなれたらいいですね。

私もいつも動いて安心するタイプですが、今回のお産に必要なテーマは「力を抜くこと」

息を抜くことが、陣痛中に痛みを逃すことに繋がってそうです。

母になるんだから強くならなくちゃ、頑張らなくちゃって母は頑張っています。

「母は強い」って言うけど、 子を守るために強く頑張っているだけで、弱い自分をさらけ出せる場所が、お母さん達にもっとあればいいなぁと感じます。

当たり前なんて思わずに、お母さんの仕事を頑張ってるよねって、自分をいたわる時間も作ってあげなくちゃ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/580-4ee4e2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)