FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

待っています



たまたま目にした記事に、自然分娩で赤ちゃんを産んで、亡くなった方のことが書いてありました。

赤ちゃんは元気だったそうですが、赤ちゃんに会うことなく、お母さんは亡くなり、残された旦那様が泣き崩れていたこと。命と対面出来ることが、当たり前でないことが書かれていました。

赤ちゃんを抱けなかったお母さんを思うと切なくなりました。


そして、私もいぶきのお産中、母子共に危険だと言われていたこと、脳裏に死がよぎったことを思い出して、怖くなってしまいました。

旦那もまた自然分娩を希望した、私と赤ちゃんの命を心配しています。前回がとても大変だっただけに。

だからこそ、自分に出来ることをしなければと思っていますが。。

そんな今日、まだ生後1ヵ月程の赤ちゃんを抱いて歩いているお母さんを見ました。

また、私もあんな小さなかわいい赤ちゃんを抱かせてもらえるのかって思うと、本当に当たり前ではないんだなぁとしみじみ感じ、涙が出そうになりました。

会いたいなぁ赤ちゃんに。
生きていたいなぁ。


赤ちゃんを抱いてるお母さんを見ながら、共に生きて会いたいと強く思う自分がいました。

この心境を大げさに感じるかもしれないけれど、本当にお産は命がけです。


仮死状態で産まれたいぶきに、流産で亡くした二人目。

そして今回、切迫流産で出血してもしぶとく、生きたいって子宮に貼り付いて、たくましい胎動を感じさせてくれている赤ちゃんも、みんな命がけで産まれようとしてるんだから。

目の前の命に感謝して、信じて、また小さなかわいい赤ちゃんを抱ける日を待ちます。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/588-5f6be01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)