FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

舵を握るのは自分自身



昨日から旦那は出張で、また四日間ほどいません。

来月頭までは、出張でのライブがたくさん入っています。

お産前後に産休をとるために、頑張ってくれています。

その間は、私も頑張って育児。

2、3歳の子供と1日遊ぶってかなり体力がいりますね。

1日三時間、3百回のスクワットが吉村医院に通う妊婦さんの課題ですが、いぶきを追いかけてると、なかなかその体力が残っていません。。

出来る限りで、スクワットとウォーキングしていますが、逆子がなおっていなければ、もっと体力をつける必要があります。


知り合いの助産婦さんに、逆子だと話したら、「なかなかこれからの時代に、逆子を自然でお産させてくれる所はないから、レアな経験になっていいかもよ~」と言われて、そんな貴重な体験させてもらえるの!?なんて思ってしまった自分もいたけど、赤ちゃん頭から出てきてね(笑)


いぶきは、英会話の長期休暇を終えて、またプリスクールが始まるのですが、どうやら行きたくない様子。

保育園も、託児所も大好き。

私と離れることが嫌なのではなく、ここにだけは行きたくないのか、必死で逃げ回ります。


こういう時期は、保育園に通ってもあるとは思いますが、一時的なものなのかいぶきを見ながら、ずっと嫌がるようなら、英会話もやめようかな。

旅好きな両親が、外国人に触れて欲しいと与えた環境。

でも、海外だって、長期で行くわけでもないし、必要性が我が家にあるかって考えたら、そこまでないか…と。

英会話が出来るようになったのにもったいないけれど、「もったいない」は親のエゴだし。本人が、やりたくなったら、またやればいいし。まだ行きたいなら行けばいい。


ただ、いぶきなりに何かあっただけかはわからないけれど、少し様子を見てみよう。

様子を見ながら、いぶきの声を聞きながら、環境を選んで行こうと思います。


いぶきの人生は、いぶきだけのものだから、親の私は、手を引くというよりも、手を貸すぐらいでこれからも見守っていたいです。

色々な育児に関する考え方があるだろうから、何が正しいのかわからないけれど、「産まれたい」「生きたい」と宿って生きてる子供たちの主導権を奪わないように、舵は子供が握れるように、私はゆらゆらとそれを楽しめるように揺られていたいです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/597-8ad5be94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)