FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

天使



いぶきは一歌をあやしながら、いつも「産まれてくれてありがとう」と言います。

一歌が産まれたことで、突然おねえちゃんになり、今まで一番だったことが、後回しになり、我慢することが増えたのに、いぶきは優しいです。

夜はお母さんに甘えられる唯一の時間。

一歌が泣いていても、私はいぶきを優先で抱き締めます。

いぶきがさみしかった時には、ごめんねと謝り、いぶきの話すことをただ聞いて、復唱するように「○○の時、○○でさみしかったんだね」と聞くだけで、壊れたように泣きました。

溜めていたものを吐き出すように泣いていました。

私自身、育児や家事に疲れた時、ただただ旦那に聞いて欲しい。

それに対して、仕事の忙しさを説明されるとカチンとしてしまいます。

競いたいわけでなく、ただ聞いて欲しい。

だから、いぶきには自分がしてもらいたいように、自分自身を慰めるように聞いていました。

泣くだけ泣いた後、いぶきが私に言いました。

「産まれてくれてありがとう」

「いっちゃん(一歌)も言ってるよ」だって。


この子達の育児に疲れたなんて言ったら罰が当たりますね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/645-f2aa4275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)