FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

自分のままで


昨日は家族で、私の母校の安城学園に行ってきました。

学生達は、創造という授業で、グループごとにある人物を調べ?発表するそうです。

色々な質問を受けましたが、一番難しかった質問は「生きるとは何ですか」との質問。

考えていましたが、答えがわかりません。

とっさに、「本能」と言ってしまいましたが、人間はやっぱりみんな生きたくて、生まれたくて生まれてきたと思うから。

理屈なしに、生きることを大切に生きたいです。

旦那は子守りでOFFモードになっていましたが(笑)、質問をされてビックリしながら旦那も応えていました。お互いの意見を聞けたし、私達夫婦にもいい時間でした。

いぶきも一歌もとてもいい子に待っててくれて良かったです。

先生は、自己肯定感が低い子が多いって言っていました。

家でも学校でも「だめだめ、○○しなさい!!」というNOの多い環境では、自分をダメだって思ってしまうから、否定しないようにしてると言われました。

生徒に与えたい想いの強い先生は、素敵でした。

確かに学生達は、「人と比べて自分なんて…」って思うことがあるって言っていました。

私には可能性だらけの原石に見えるのに。

もったいない。

まだまだこれからがスタートの段階で、「私には出来ない」とあきらめてしまったら、本当にもったいないです。

信じる気持ちと、行動次第で必ず人は開花すると思うし、今の自分に出来ないことがたくさんあっても、出来ることだってたくさんあるはず。

いまだにオムツが外れないいぶきも、家の中ではトイレに行けるようになりました。

人と比べれば、みんなオムツの外れてる年齢かもしれませんが、少しずついぶきは成長しています。

それをとことん誉めています。

自分なんて…って思っていた学生達も、こうやって出来ないことを「出来る」ことに変えてきたんだから。

真っ直ぐで純粋な彼女達の良さが、出会ったばかりの私でもわかるんだから、自分の良さをもっともっと知って欲しいです。

そんな気持ちで熱くなってしまいましたが(笑)、彼女達と話せた時間がとても楽しかったです。

主婦の私。母の私。でもこうして、一人の人として私に役割をくれた彼女達のお陰で、私自身が私を肯定出来るきっかけをもらったのかも。

ありがとう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/652-afc71ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)