FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

「出来る」を伸ばせる親になろう



一歌が産まれてから、少しだけさみしがり屋になったいぶき。

今までは託児などの友達がたくさんいる場所が大好きで、私の存在すら思い出すのかな?というぐらい、一人で平気だったのですが、最近はお母さんと一緒がいいいぶき。

幼稚園まで後少し。

野菜嫌いも、トイレに行けないのも、何でも「まぁいっか」が多すぎた私のせいなのか。

産後のいぶきに抱っこは腰にひびくと言いつつ、トイレといぶきが言えば授乳中の一歌を放り投げトイレまでいぶきを抱いてダッシュ。

空振り(オシッコが出ない)することもたくさん。

一番そばにいる旦那に「あさひは育児をよくやってるよ」と言ってもらえました。

我が家には我が家の、いぶきにはいぶきのペースがあるよね。

幼稚園入園前に、気がつけば、人と比べて、いぶきの苦手ばかりを見てしまいました。

いぶきだけ出来なければかわいそうだと思いつつ、育児の出来てない自分を気にしていたのか。。

そばにいる旦那が理解してくれて、認めてくれてるなら充分じゃない。


いぶきには出来ないことも苦手もあるけど、みんな同じ。

いぶきの笑顔が一番輝いてみえた、元気に動き回れる幼稚園を選んだのに、私がのびのび育てられないなら意味ないや。

いぶきはどこの国に連れて行っても、仲良く現地の子供達と遊んでいました。


最高の長所じゃない。

苦手や短所を見つめる育児はやめよう。

いぶきの「出来る」を伸ばせる親になろう。



幼稚園は四月から。今通っている英会話のプリスクールを土曜日に変更する予定でいます。

土日は旦那が講演で留守も多いので、平日に休みをとります。家族でたくさん旅もしよう。

周りの育児とは違うけれど、家族の時間を私達は一番に優先しながら、「平均的な育児」を見つめるんじゃなくて、目の前のいぶきと一歌を見落とさないようにゆっくりゆっくり育てていこう。

いつか苦手を克服するころ、人には「当たり前」と言われてもいいから、たくさん一緒に喜ぼう。

その頃にはもっと「出来る」がいっぱいになっているよね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/658-ed8528a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)