FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

親子ボルネオ日記

一歌が帰ってからたくましくなったと言うより、野生化して困っています(笑)

発狂しまくり(^-^;)

いぶきは、前回食事をほとんど食べられなかったこともあり、日本からいぶきの食べ物を持っていきました。

ティウロンに着くなり、いぶきは、友達にどんどんあげるので、正直 「唯一、いぶきの食べられるものなんだけど、、」とストップさせたい自分がいました。

でも、惜しみなく人にあげられる気持ちを大切に出来ることの方が大切。

いぶきの食事をこれからどうしようかって思いつつガマン。

最初はいらないと言ったミーゴレン(マレーシアの焼きそば)も、友達と一緒に食べると美味しいと言って食べていました。

マレーシアの友達や出逢った人はみんな、私達を本当の家族のように接して、常にfor you の気
持ちでいっぱいでした。

日本には、素晴らしい接客マナーや、おもてなしがあるけど、立て前だけでなく、本当の家族と思って接したら、もっともっと深い関係を築けるんじゃないかな。

惜しみなく与えるいぶきを見て、子どもはみんな最初から持ってるんだなと、大事なことを一つ一つゆっくり取り戻すような旅でした。

風呂場には虫も飛んでいて、何度か体にアブ?も止まりましたが、やっぱりこういう旅だからこそ味わえることがある。

それは高級ホテルでは味わえない、深いところを癒やしてくれる。
ーーー

明日から幼稚園。私は気持ちがまだ旅の最中ですが、明日から普通の日常が待っています。

マレーシアも、学校は冬休みだった為、今回はいぶきを預ける場所はなく、ガッツリ一緒に過ごしましたが、そ
れも楽しかったです。

町には、学校に行けずダンボールの箱を机に勉強してる子ども達がいました。

スーパーの汚いトイレの前に座って。

いぶきは、ダンボールは嫌だと言ってたけど、お金が無くて学校に行けない子どももいるんだよと話しました。

まだまだ難しい話。どうしたらいいのかね~と話した日の夜。

いぶきは、お金があるから分けてあげようと思い出したように言いました。

そうだよね。お金がある人が分けてあげたらいいんだよね。

お金に価値があるんじゃない。
たくさん持っていることに価値や意味があるんじゃなくて、使い方に価値が生まれるんだよね。

いぶきの持ってる百円だって、途上国では苗木が買えて、たくさんの実をつけたら、生活だって支えてくれる。

イメージしよう。ジョンレノ
ンも言ってたじゃない。

見えない未来をイメージして、価値あるお金をつかえたらいいね。

わずか4歳の子どもにだって分けることが出来るなら、私達大人が出来ることはもっとたくさんあるんじゃないかな。

平和ボケしていた私には、色々感じることが多かったです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/727-6d99eeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)