FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

親子ボルネオ日記

ティウロンの活動を始めてからよく言われた言葉。

「まずは日本でしょ。」

私は足元が見えていない人間なのかもしれません。

でも、私は、たった百人で暮らす小さな村に出来ることをする。

それが私の役割に感じました。小さな村で、小さなこと。

人には役割があって、小さな子どもの面倒を見るのが得意な人がいたり、老人の介護が得意な人がいたり、お互いがお互いに得意な分野で支え合えたらいいんじゃないかな。

それは家族であっても、社会であっても。

男だから、女だからも関係なく、日本人だろうが、なに人だろうが、地球人として地球規模で色々考えたら、大したことなんて、そんなにないよね。なんて、屁理屈でしょうか。

いぶきに「お母さんは、まぁ、いっかばっかりだよね」と言われる程、
私はいい加減な母親なんですが、ティウロンから帰ってきたら、益々ゆるゆるな人間になってしまいました~(笑)

日本の常識も、日本の社会ではきっと大切。

でも、日本の常識が世界では非常識だったりするし。

常識人間に育ってくれるより、世界共通の笑顔や、愛嬌、優しさに思いやり。

それを持ってる人になってくれたら、いろんなことにまぁいっか~って。

「ティウロンにはトイレットペーパー無かったね~」と、トイレの後は雨水バシャバシャかけられたいぶきは、トイレットペーパーがあるかないか関係なく、用をたしました。

家のトイレに入って、紙があるね~と言ってたいぶきが、何か大きく見えてしまいました(笑)

いろんなこと、有るのが当たり前になると、無いときにクレームものだけど、無いこと
を学んだら、感謝が生まれる。

無いことに文句言って暮らすより、有ることに感謝して生きていけたらいいよね。

こんないい加減なお母さんでも、まぁいいよって言ってくれないかな(笑)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/729-6d6ae1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)