FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

1歳半検診



作詞作曲がブーム?のいぶき。

「道に丸いものが落ちてた。みんながカタツムリって言うから、ドキドキワクワクした~♪」って歌(笑)

「生まれる時ドキドキワクワクした。お父さんとお母さんに会えるからドキドキワクワクした。」とも言ってました。

最近色々なことを言うので、大切に残しておかなくちゃ。


一歌は「ぷーでた」と言いながら、おむつを持ってきます。

部屋中のぬいぐるみにも、「ぷーでたね」と配ってくれています。

ねえねが大好きな一歌の口癖は、「ねえねと一緒」

寝言でも言うほどです(笑)。


そんな一歌は昨日1歳半の検診がありました。

いぶきの時は「発達障害の疑いがあるかも」ということを言われました。

私にべったりの人見知りの一歌。

検診どころではありません。

何を聞
かれても無言。診察中は全て大号泣。

先生には、すごいな、と言われるぐらいの発狂ぶり。

私が少し離れた所に立ち、そこまでしっかり歩けるかをチェックするにも、興奮し過ぎて思いっきり転び、スライディングでやってきました(笑)

いぶきは、確か私をスルーして行ったけど。。

何もわからない状況の検診。でもずっと私のそばにいた一歌には異常は無いようです。

冒険心いっぱいで、ずっと私から離れて走り回っていたいぶきは、落ち着きなく心配がある子どもだったのでしょう。

一歌は箸も使えます。靴下もはけるし、二語文も話すようになってきました。

動きの成長は一歌の方が早いと思いますが、いぶきは、この時既に、誰に、何人に、どこに預けても泣かず、楽しんでいました。

落ち着きがなく、お母
さんは大変ですね!と言われたいぶきは、どこにでも預けられて、とても楽でした。

自立という面では、いぶきの方が早かったように思います。

出来ること、出来ないことで判断するのではなく、個々の成長を楽しみながら、それぞれの良さを見ていてあげたいな。

お母さんにべったりの一歌も、落ち着きなかったいぶきも、どちらに優越なんてなく、どちらも素晴らしい私の子ども達。


iPhoneから送信
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/747-39507ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)