FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

戌の日

一昨日は戌の日で、旦那と私の両親みんなでお寺に安産祈願に行きました。
お寺で響く金や、太鼓の音に心癒されました。

つわりがなくなってきて、食事も出来るようになりました。
今度は食べ過ぎないように、注意しなければ…。

つわりのときには、吐気や酸欠などで、赤ちゃんは「ここにいるよ」と主張をし、つわりが終わる頃には胎動が始まって、私のお腹に「ここにいるよ」とノックをする。

そのノックが日に日に強くたくましくなる。

命ってすごいなぁ。小さな命の存在を忘れさせないように出来てるんだから。


最近は旦那のお陰で、いろいろな人に出会わせてもらう。

いろんな障害を持ちながらも皆たくましく、幸せに生活されている。

現代社会では、五体満足でも幸せとは限らず、苦しんでいる人はたくさんいる。

そう思うと、元気に五体満足で生まれてきてねと思うことが自分のエゴなのかわからなくなった。

障害があるから不幸と思うのは偏見で、どんな障害があっても幸せだと言う人とたくさん出会った。
そしてこの自分で良かったという。


母に必要なのは、幸せを感じられる心を養っていくことだろうか。


環境に感謝し、幸せを感じられる人々に出会う度、心の大切さに気付く。
そして教えられる。


幸せは身体が作るんでなくて、心が作る。

もちろん健康であることも有り難いことだけど、ここにいることに感謝出来る人を見ると、ただここに宿ってくれた命に感謝する。

明日は吉村医院で薪割りとスクワット、楽しんで来よう☆
スポンサーサイト



コメント

まさに!!

本当に、その通りなんです。親のエゴというのは、果てしないものですね…。
でももしかしたらこの先、とんでもない障害が自分や身内を襲ってくるかもしれない。そんな時はありのままを受け止めて、できるだけ前向きに楽しもうと思っています。
そう思わせてくれたのは、まさに杉浦貴之さんでした。
感謝感謝です。

  • 2009/07/07(火) 01:44:00 |
  • URL |
  • りえ #-
  • [ 編集 ]

いつもありがとうございます! そんなふうに言ってもらえたら、たかさんも喜びます。こちらこそ感謝です☆

  • 2009/07/11(土) 07:07:38 |
  • URL |
  • あさひ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/80-05f03953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)