FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

子どもが見せてくれる可能性


今日も幼稚園に一歌と通園。 

朝起きてから「ずっとずっとずっと幼稚園には行かない!」と言ってた一歌を前に、

担任の先生に電話する真似をして、「お母さんが帰ったあと、先生が一歌のお母さんになってください。お願いします。」といいました。

一歌は、安心したのか自分からリュックを背負い水筒を持って、「お母さん、幼稚園に行くよ!」と言いました。

頑張っても頑張っても前に進まない日がずっと続いていても、子どもは突然ジャンプするかのように急成長することがある。

止まっているんじゃなくて、ジャンプする為の準備期間だったのかな。

きっとまた昨日まで出来たことが出来なくなる日があるだろう。

力付くに引っ張っらなくても、子どもはまた前に進む。

ジャンプして、つまづいて。


それでいいよ。

子ども達の小さな歩幅を、大人の歩幅に合わさせるんじゃなく、小さな歩幅に合わせていこう。

じれったいけど、時折見せてくれるそのジャンプに感動をもらっているから。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/924-8592a2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)