FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

あれから

子ども達を産むまで、ブライダルと美容学校での仕事をしていました。

いぶきが産まれてからすぐに美容学校の仕事を復帰したけれど、美容学校のある豊橋まで一時間かけて旦那に車で送ってもらい、授乳した後、いぶきは岡崎の実家に戻してもらい、仕事を終えては急いで授乳をしに帰宅しました。

色々な焦りが伝わったのか、小さないぶきは下痢が1ヶ月程続きました。

そこまでして仕事が必要かと悩み、

二人目の妊娠、流産をきっかけに仕事を離れました。

でも、ぽっかり空いた穴。

ずっと続けてきた仕事、経験、技術、全てなくなるような、、今までの自分を失ってしまうよう感覚でした。

父親になっても好きな仕事が出来て、好きな仲間に囲まれてやりたいことが出来る旦那がうらやましかったです。


那が仲間と夢を語る時間も、夢を叶えている時間も小さな子ども達と家に残りながら、私はたった一杯のコーヒーをゆっくり飲むことも出来ず、自分の夢だけが遙か遠くに感じました。

初めていぶきを抱いたとき、直視する目は「母親になれるのか」と聞かれているようで、目をそらしてしまったけれど、今は直視出来るようになりました。

子ども達の成長はあっという間。

自分が積んできた経験は仕事から離れても決して失われないし、むしろ子ども達のおかげで得られた経験は大きかったです。

旦那はパートナーであって、ライバルじゃない。


今日初めて寝返りしたよ!今日初めて歩いたよ!今日初めてトイレに行けたよ。

子ども達の成長の感動を分かち合える夫婦でいたい。


中学の卒業文集に書かれた私の夢、
「子どもをたくさん産んでピクニックに行く」

あの頃の夢には今一番近くにいるんだなと。焦らず、今の夢に近づける日がまた来る。

子ども達の成長と共に自分を取り戻してきたけど、今はやっぱり子ども達中心の生活に身を置きたいと思う。

あの頃も自分で選んできた。

子ども達との時間を優先して選んできたのは自分。

子ども達は今月が誕生日。

また一つ大きくなる。いつまでお母さん大好きって言ってくれるかな。

幸せな時間をもらってる。ありがとう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/952-1387c340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)