FC2ブログ

ティウロン村の笑顔を守りたいブログ

一本の糸


この頃ティウロンのツアーに興味を持ち、参加したいと言って下さる親子が何組とみえてワクワクが止まらない。

マレーシアと日本の架け橋なんて立派なものにはなれないけど、一本の細い糸ぐらいでいい。

マレーシアと日本を繋ぐきっかけのツアーになったら、幸せだなぁ。

旅日記より↓

足る経験よりも足りない経験から学ぶことは多い。今の日本では、足らない経験をさせる方がずっと難しい。

子ども達にいい経験がさせられると、ここに来ているけれど、子ども達は幸せの本質を知っている。

見直すのは大人達。

冷たい雨水の風呂だって日本より楽しいと言えるいぶき。

子ども達がワガママなんでなく、大人達が与え過ぎていないだろうか。

物を与えることが愛情と勘違いしていないだろうか。

純粋な心で世界を見られるいぶきや一歌が羨ましく思う時がある。

子ども達には、どっちが上とかどっちが優れているとかないんだよね。

その真っ直ぐな目で、私も世界を見てみたかったと思う時がある。

大人が抱える偏見を、少しずつ削ることの方が大切なんだと感じた旅。

韓国、マレーシアと旅をして出逢った人はみんな優しかったから、私は少しだけ偏見を削ることが出来たと思う。

物を大切にしなさいと、物がたくさんある環境でどう教えたらいいだろう。

「人に優しくしなさい」と、言葉だけで何を学びとれるだろう。


優しい人に出会えて、初めてその優しさを知る。

学ぶことが出来るのは経験と心しかない。
 
情報だらけの世の中で、自分が知っていることなんて本当は僅かなんだと思う。

頭でっかちに知っているつもりになっているだけで、本質は子ども達の方が知っている。

子育てでは、大人が育てられ、海外支援では、先進国が支援されている。

上も下もない。

何かうまく言えないけど、この感覚は足りる環境ではわからなかった。

お金を出してまでボランティア?

よく言われたけれど、私は生き金をつかっている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiulon.blog44.fc2.com/tb.php/968-8bfb201f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)